メタルの宮殿
★アーティスト名、アルバム名を検索する時はA、B、Cで検索してください。例えばBURZUMの場合はBURZUMなら引っかかりますが、バーズムと検索しても引っかかりません。
ホーム マイアカウント お問い合わせ

会員専用ページ
ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
カートの中

» カートの中身を見る

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
商品カテゴリー
店長ブログ

店主:梶原 雄一


こんにちは!

メタル大好きな梶原と申します。

元々レコード屋でアルバイト勤務をしていましたが、その経験を活かして個人でメタルの輸入新品CD専門の通販サイトを運営しております。たまに他のアルバイトとかを兼務しつつも(笑)おかげさまで6周年となりました!

海外からの輸入品は中古品ではなく一応新品ですが、海外からケース無しで届いたり、開封状態で届いたりすることがほとんどなので結構傷みのあるものも多いです。それでもみんなが聴いたことが無いような地道に活動しているマイナーなバンドや個人メタラーの作品を聴いてみたい!という方にとっては面白いショップなのではないかなと思いますので、メジャーなメタルに飽きた方、最初からマイナー嗜好な方に特にチェックしてみていただきたいと思います(^ω^)

それでは、よろしくお願いいたします。

RSS ATOM
こちらは「テクニカル/プログレッシヴ・メタル」のCDです。いわゆるプログレッシヴ・メタルや、テクニカルな演奏をするメタル、ギタリスト、キーボーディストものなどがございます。プログレッシヴ・ロックも少量ございます。

商品には盤質と状態が記載されています。

盤質は下記の5通りです。

・S→シールド品 ※輸入品はシールド品であってもキズがあるものがよくあります。
・A→キズが無いか、あっても小さい or 少ない or 薄い。
・B→キズあり。軽めの擦り傷や、薄い円周キズがある場合も。
・C→キズがかなり多めにあり。もしくは円周キズなど危険なキズあり。
・D→キズだらけ。※レンタル品によくあるようなあの感じです。

商品個別のページには盤質の他に、ケースすれ、帯付きなどの詳細なコンディションも記載されています。

オススメ:テクニカル/プログレッシヴ、ギタリスト系
テクニカル/プログレッシヴ:1000円以下
▼、テクニカル/プログレッシヴ
◆、テクニカル/プログレッシヴ
◎、テクニカル/プログレッシヴ
サブカテゴリー

テクニカル/プログレッシヴ

並び順を変更»新着順 ■入荷が古い順 ■価格順
次のページへ >


★DEVIATE DAMAEN / Propedeutika Ad Contritionem (Vestram!)

1,300円

・盤質:A 詳細不明 個性派エクスペリメンタル・ミュージック 輸入盤【Tr.1冒頭のガラスが割れまくるようなSEからして相当不気味ですが、そのTr.1は讃美歌的なものに会話やノイズを絡ませた妖しくも神秘的な30分の大作。さらに暗黒かつポップな曲にノイズを塗して不気味に仕上げた10分のTr.2、単調なリズムとどんよりしたドローン音主体の10分のTr.3、テクノ的な4つ打ちリズムに妖しい男性ヴォーカルを重ねたTr.6等奇妙な曲が並んだエクスペリメンタル・ミュージック。】


★VON HERTZEN BROTHERS / Nine Lives

1,300円

・盤質:A フィンランド プログレッシヴ・ハード・ロック’13年作 輸入盤【リズム面はそれほどテクニカルなことはしませんし、速弾きソロなどもありませんが、アトモスフェリックな静のパートが大体の曲にあるのが印象的で、動のパートとの対比で聴かせるサウンド。雰囲気的にはBrave以降のMARILLIONや、WOLVERINEなどの、叙情的でメランコリックかつアトモスフェリックな曲を得意とするバンドに近い印象があります。】


★DIMENSION X / Implications of a Genetic Defense

1,600円

・盤質:B US テクニカル・メタル’07年 2nd 輸入盤【艶やかな声質で中音域メインでエモーショナルに歌うヴォーカルがかなり印象的。変拍子満載のテクニカルなリズム、速弾きソロ満載と、ある種分かりやすいテクニカルさを持った、王道テクニカル・メタル作品が好きな方に非常にオススメ。】


★FEN / Trails Out Of Gloom

1,900円

・盤質:B 詳細不明 プログレッシヴ・ハード・ロック 輸入盤【ポスト・ブラックのFENとは全くの別バンド。ダークな雰囲気のプログレッシヴ・メタルで、エモーショナルで艶のあるヴォーカルがどことなくLEPROUSのヴォーカルを思わせるのがポイント。ヘヴィなリフの使用もあるものの、実際はクリーン・トーンのアルペジオなどで聴かせる静のパートの方が多めの美しさ溢れる作品。変拍子の使用はまず無く、曲の長さも平均で4分半くらいと聴きやすいのもポイント。】


★NICODEMUS / Vanity Is a Virtue

1,300円

・盤質:A US テクニカル・メタル’05年 3rd 輸入盤【アンニュイな歌唱が基本ながら要所でグロウルも飛び出すヴォーカル、ゴシカルさと叙情性を醸し出すキーボード/ピアノ、7〜9分と若干長尺な中で緩急ついた展開で聴かせるテクニカル・メタル。曲によってゴシック度の方が高めのものもありますが、下地はテクニカル・メタル・サウンドなのでプログレ・ゴシックというよりはゴシック要素のあるテクニカル・メタルといった感じの1枚。】


★ALEX EHRSAM / P.U.L.S.E.

1,300円

・盤質:B 詳細不明 ギタリスト’10年作 輸入盤【そこそこハードなリフとリズムにフュージョン、ファンク系の流麗な速弾きフレーズが乗っかっていくギター・インスト。クラシカル系ではなくGreg Howeなどのフュージョン、ファンク系が好きな方にオススメ。スリリングな速弾きを軸に所々歌心のあるフレーズが出てくるタイプのインストです。】


★ADRIAN ENGLISH / A.D.D.

1,300円

・盤質:A US ギタリスト’09年 1st 輸入盤【インダストリアル・ノイズや不穏なフレーズをノイジーでドロドロしたリフに絡めたデス・メタル下地の曲もあれば、Tr.5のようにネオクラシカル色が強いものもありのインスト作品。割とJeff Loomisのソロ辺りに雰囲気が近めのエクストリーム・メタル要素濃い目のインスト作品ですが、こちらは音作りがノイジーで邪悪さが強めです。ともあれテクニカル・ギター好きにオススメ。】


★NOVA ART / Follow Yourself

1,300円

・盤質:A ロシア テクニカル・メタル’09年 2nd 輸入盤【野太い声質のヴォーカル、叙情的な歌メロ、メロディアスなソロ、変拍子をはじめとするトリッキーなリズムで聴かせるテクニカル・メタル。エレクトロ風味のキーボードでフューチャリスティックな雰囲気を醸し出すのも特徴的です。5分程度の程よい尺もポイント。】


★ENS COGITANS / Deigital Conflict

1,300円

・盤質:A ロシア テクニカル・メタル’06年 4th 輸入盤【がっしりしたリフとタイトでありつつトリッキーなリズムの上を陰のあるフレーズが舞い、パワフルで芯のあるハイトーンをメインにグロウルも使い分けるヴォーカルが印象的なダークなテクニカル・メタル。曲によっては流麗な速弾きソロも聴かせてくれます。全体的にNEVERMORE辺りを思わせる、ダークでヘヴィかつ叙情的でもあるサウンドです。】


★AZTEC JADE / Paradise Lost

1,300円

・盤質:C US テクニカル・メタル’00年 編集盤(2nd+1st) 輸入盤【ちょっぴりアクセントにひねりのあるリズムやあまりキャッチーではない歌メロ、5分程度のコンパクトな尺の中で割とストレートに聴かせるテクニカル・メタル。'90年代のSANVOISEN辺りのようなメロディック・メタルをほんのりひねくれさせたようなテクニカル/プログレッシヴ・メタルが好きな方にオススメ。歌心がありつつアーミング等のトリッキーなプレイも聴かせるソロが聴きどころ。】


★NAHUI / A Blue Fire

1,300円

・盤質:A 詳細不明 プログレッシヴ・ロック’09年作 輸入盤【ハード・ロック寄りな割とハードなリフとメロディアスなソロ、時折浮遊感を感じさせるフレーズで表情を付けるギター、爽やかさが強めでメロハーっぽくもありつつキャッチーすぎない歌メロとトリッキーなリズムが印象的なプログレッシヴ・ロック。It Bites辺りのようにいくらかハードさがありメロディも聴きやすい'80年代中盤〜'90年代的なプログレッシヴ・ロックが好きな方にオススメ。】


★MIKE G. / The Black Gibson Soundtrack

1,300円

・盤質:A ギリシャ ギタリスト’04年 1st(インスト) 輸入盤


★NHORIZON / Skydancers

1,300円

・盤質:B イタリア テクニカル・メタル’09年 1st 輸入盤【イェンス・ヨハンソンやミッコ・ハルキン辺りを思わせるような派手な速弾きソロを聴かせるキーボードと、それに対して泣き重視のメロディアスなソロを聴かせるギターを軸にしたテクニカル・メタル。キャッチーさは低いものの叙情的なメロディとトリッキーなリズムを駆使して聴かせるコンパクトなテクニカル・メタルです。】


★MORGUE SON / Vecernice 〜 Proplouvas

1,500円

・盤質:B チェコ メランコリック・プログレッシヴ・メタル’14年 3rd 輸入盤


★METAPHYSICS / Beyond the Nightfall

1,500円

・盤質:A イタリア プログレッシヴ・メタル’12年 1st 輸入盤


★LAST WARNING / Throughout Time

1,500円

・盤質:B イタリア テクニカル・メタル’09年 3rd 輸入盤


★LAG I RUN / Sunlight Scars

1,500円

・盤質:C フランス テクニカル・メタル'09年 1st 輸入盤【'00年代以降のメロディアス・ハードのような明るく爽やかで、ちょっとモダンな雰囲気のある歌メロを持ったテクニカル・メタル。ハスキーな中音域のヴォーカルの歌うキャッチーな歌メロと、動きの非常に多いテクニカルなギターとベースのリフが印象的。ソロでもインパクトある流麗でメロディアスな速弾きを聴かせてくれます。リズム面は変拍子を多用しているわけではないながら、要所で聴かせるテクニカルなリズムに、手数の多いドラムは実に聴き応え十分。】


■JOHN B. / Row

1,600円

・盤質:B ギリシャ マルチ・プレイヤーのテクニカル・インスト’08年 1st 輸入盤


■IVAN MIHALJEVIC & SIDE EFFECTS / Destination Unknown

1,600円

・盤質:A 詳細不明 テクニカル・メロハー(半分インスト)’10年作 輸入盤


■INTO THE LIGHT / Into The Light

1,600円

・盤質:B US Tim Donahueらのテクニカル・メタル’00年 1st 輸入盤


▼INEDIA / Aritmia // Wasteland

900円

・盤質:A イタリア プログレッシヴ・メタル’16年作 輸入盤


▼INEDIA / Human Meridians And Cohabitant Cores

900円

・盤質:B イタリア プログレッシヴ・メタル’14年作 輸入盤


▼IN MEMORY / Glyptic

900円

・盤質:B イタリア 女性ヴォーカル・テクニカル・メタル’07年 2nd 輸入盤


■IN MEMORY / Intoxicating Mind

1,600円

・盤質:A イタリア 女性ヴォーカル・テクニカル・メタル’03年 1st 輸入盤【女性ヴォーカル、テクニカルなソロを聴かせるギター、叙情的なバッキングに高速ソロも聴かせるキーボード、変拍子を要所で駆使したテクニカルなリズムによるテクニカル・メタル。歌メロとギター・リフのインパクトが少々弱いですが、ソロはカッコいいし安定感はあるので女性ヴォーカル・テクニカル・メタル好きにはオススメ。】


▼HEAVENS FIRE / The Outside

900円

・盤質:A カナダ テクニカル・メタル'98年 1st 輸入盤


▼GUIDO CAMPIGLIO / Saturn

900円

・盤質:A イタリア ギタリスト’10年 EP(インスト) 輸入盤


▼GUIDO CAMPIGLIO / Rumble in the Jungle

900円

・盤質:A イタリア ギタリスト’11年 1st(インスト) 輸入盤


▼EGOIST / Ultra-Selfish Revolution

900円

・盤質:A ポーランド 独りアヴァン・テクニカル・メタル’09年 2nd 輸入盤


▼DYNAMIC LIGHTS / Shape

900円

・盤質:A イタリア プログレッシヴ・メタル’05年 3rd 輸入盤


■VITALIJ KUPRIJ / Glacial Inferno & Revenge

1,800円

・盤質:S ウクライナ 超絶キーボーディスト’05年プロジェクト作&’07年6thソロの2枚組 輸入盤【どちらの作品も(G)Michael Harris、(B)Randy Coven、(Ds)John Macalusoが参加。REVENGEは歌入りで各曲に異なったヴォーカリストを起用。Glacial〜インスト作品でピアノのフィーチュア度が高め。どちらもVitalijの超絶キーボードをはじめ各メンバーの超絶技巧が大炸裂しています。クラシカル & テクニカルなものが好きな方に非常にオススメ。】


▼TORBEN ENEVOLDSEN / Flying Solo

900円

・盤質:S デンマーク テクニカル・ギタリスト’05年 3rd 輸入盤【全てのパートを本人がこなしています。中心となるのはやはりギター・プレイで、フル・ピッキング中心のテクニカルなソロが満載されています。速弾きを決める場面が中心で、そこに伸びやかなフレーズを織り交ぜたスタイル。ギター・インストの中でもガチガチに構築されたものではなく、アドリブ色が強いものや、フル・ピッキング速弾き大好きな方にオススメ。】


▼TONY HERNANDO / Actual Events

900円

・盤質:S スペイン テクニカル・ギタリスト’09年 4th 輸入盤【前作はギターが伸びやかに歌うのをメインに、ソロでテクニカルなプレイを聴かせる哀愁のミドル・ナンバーがメインの内容でした。また、クラシカルなフレーズを駆使しつつも曲自体はそこまでクラシカルさは無く、普通に哀愁のメタルといった感じが特徴でした。今作はそういった路線の曲が相変わらず多めでありつつも、もっとクラシカルさと速弾きを押し出したインギーみたいな曲が増えているのが特徴。】


▼TONY HERNANDO / III

900円

・盤質:S スペイン テクニカル・ギタリスト’04年 3rd 輸入盤【ギターが伸びやかに歌う哀愁のミドル・ナンバーが中心となっており、歌うようなメロディアスなパートとソロ・パートがハッキリと分かれていてとても分かりやすい作風。なかなかクサみのあるメロディもGoodで、そういったところからもTony MacAlpineのソロを思わせるような質感が強いです。哀愁の分かりやすいメロディをギターが歌うのをメインに、メロディアスな速弾きソロも聴かせるタイプのインストが好きな方にオススメ。】


▼TOMMY ERMOLLI / Step Ahead

900円

・盤質:A イタリア  ギタリスト’09年 1st 輸入盤【インスト作品】


▼THORBJORN ENGLUND / Influences

900円

・盤質:S スウェーデン マルチ・プレイヤー’06年 1st 輸入盤【WINTERLONGでも聴かせてくれたようなクラシカルで流麗なギターが入った哀愁のメタル・ナンバーを主体に、ドラムレスのロック色の無い静かで厳かな雰囲気の曲も収録。ギターもキーボードも非常に流麗でメロディアス。しかし、1〜2分の曲がメインとなっていて、メロディやギター・プレイがよくてもいかんせん曲がアッサリと終わってしまうのが難点。その短さが逆に合う人もいるかも…?】


■STRINGS 24 / Strings 24

1,600円

・盤質:S イタリア ギタリスト3人による8弦ギター・プロジェクト’09年 1st 輸入盤【ARACHNESのFranco Caruso、TIME MACHINE、のGianluca Ferro、Stefano Xottaの3人が8弦ギターを使ったプロジェクト。8弦らしいへヴィなリフを駆使しつつ、歌心溢れる構築感あるフレーズが軸になった非常にメロディアスなギター・インスト。ソロもテクニカルなだけでなく歌心のあるフレージングが素晴らしいですし、ギターが複数いることによるハモりも楽しめる名盤。】


▼STEEN GRONTVED / Night Vision Goggles

900円

・盤質:S デンマーク ギタリスト’07年作 輸入盤【フュージョン系のギター・インスト。】


▼SIMONE FIORLETTA / When Reality Is Nothing

900円

・盤質:S イタリア テクニカル・ギタリスト’09年 4th 輸入盤【爽やかで明るい曲を下地にSimoneのギターが存分に暴れまわるインスト。歌うようなフレーズも出てくるものの、基本的にはアドリブと高速のソロで形成されている作品で、メロディアスで爽やかな泣きのフレーズと、スウィープやタッピング、フル・ピッキングでド派手に弾きまくるソロが堪能できます。ソロでの弾きまくり具合は好みが分かれると思いますが、とにかく爽やかさに特化したインストです。】


▼SIMONE FIORLETTA / Parallel Worlds

900円

・盤質:S イタリア テクニカル・ギタリスト’05年 2nd 輸入盤【インスト作品】


▼SIMONE FIORLETTA / My Secret Diary

900円

・盤質:S イタリア テクニカル・ギタリスト’07年 3rd 輸入盤【インスト作品】


▼RUSTY COOLEY / Rusty Cooley

900円

・盤質:A US テクニカル・ギタリスト'03年 1st 輸入盤【よくあるネオクラシカル・メタル・ギター・インストです。超高速でのスウィープ連発、タッピングに、フル・ピッキングもかなりの速さ。よくフランチェスコ・ファレリと比較されているみたいですが、フランチェスコ・ファレリよりはさすがに遅いものの、フレージングや曲作りのウマさなどは圧倒的にこちらが上です。速いの命の方は是非。】


■ZELLO / First Chapter, Second Verse

1,600円

・盤質:A スウェーデン テクニカル・メタル/メロハー’04年作 輸入盤【要所で変拍子や奇数小節展開でテクニカルに聴かせたり、静と動の対比を活かした展開があったりしつつ、基本的には分かりやすい哀愁のメロディで聴かせる非常にメロディアスな哀愁のテクニカル・メタル/ハード・ロック。手数がかなり多いドラムに非常にメロディアスなソロを聴かせるギターとキーボード、さらに温もりのある声質でしっかりと芯の太いヴォーカルと高品質な1枚。】


▼WATERCLIME / Imaginative

900円

・盤質:A スウェーデン ヴィンターソーグによるプログレッシヴ・ロック’07年 2nd 輸入盤


▼WATERCLIME / The Astral Factor

900円

・盤質:A スウェーデン ヴィンターソーグによるプログレッシヴ・ロック’06年 1st 輸入盤


▼VENTURIA / The New Kingdom

900円

・盤質:S フランス 男女ヴォーカル・テクニカル・メタル'06年 1st 輸入盤【テクニカル・マルチ・プレイヤー、チャーリー・サホナが参加。男女ツイン・ヴォーカルで、男性ヴォーカルは実力派マーク・フェレイラ。5分程度の比較的コンパクトな尺でありつつも、捻りのあるリズムと構成でテクニカルに聴かせるタイプ。後の作品ほどでは無いにしても歌メロはキャッチーさがあり聴きやすいです。後の作品と違って抑制の効いたチャーリーのソロが聴きどころ。】


▼VENTURIA / Dawn of a New Era

900円

・盤質:S フランス 男女ヴォーカル・テクニカル・メタル'12年 3rd 輸入盤【女性ヴォーカル・メインの作風へとシフトしています。女性ヴォーカルの方は作品ごとに力量を増しており、今作でも力強い歌唱を聴かせてくれます。リズムや曲構成はさらにストレートになり、テクニカル・メタル的要素はほとんど感じられなくなりました。EVANESCENCEみたいなサウンドにテクニカルなプレイをまぶした女性ヴォーカル・メロディック・メタルというかそんな感じです。】


▼VENTURIA / Hybrid

900円

・盤質:S フランス 男女ヴォーカル・テクニカル・メタル'08年 2nd 輸入盤【構成は前作よりも分かりやすいし、変拍子など凝ったリズムの使用は前作よりも控えめながら、細かい刻みやバス・ドラムの複雑な連打を聴かせるドラムは十分にテクニカル。その上で歌メロのキャッチーさが大幅に増しているのも特徴。テクニカルさをキープしつつ、ヴォーカル面でのアレンジが格段に洗練されてバランスの良くなった作品。】


▼TWINSPIRITS / The Music That Will Heal The World

900円

・盤質:A イタリア テクニカル・メタル’07年 1st 輸入盤【EMPTY TREMORの近年の作品に参加の(Ds)ダリオ・チッチョーニなどが参加しています。変拍子入りの曲が多くを占める一方で、テクニカルなだけでなくテクニカル・パート少な目のメロディアスで聴きやすい曲もあるのがポイント。歌メロの分かりやすさとテクニカルさのバランスがいい作品が好きな方にオススメ。緊張感があまり高くないので、テクニカル系にしては聴きやすいタイトルです。】


▼TWINSPIRITS / Legacy

900円

・盤質:S イタリア テクニカル・メタル’11年 3rd 輸入盤【技巧派メンバーが集まったバンドで、(Key)にはEMPTY TREMORの名手ダニエレ・リヴェラーニが、同じくEMPTY TREMORの近年の作品に参加の(Ds)ダリオ・チッチョーニが参加。今作はとにかく曲がシンプルになったなぁという印象。変拍子を使ったスリリングなテクニカル・パートが大幅に減退し、歌重視のメロディアスな内容となっております。】


■THE SEAN BAKER ORCHESTRA / Baker's Dozen

1,600円

・盤質:S US テクニカル・メタル’09年 2nd 輸入盤【主役はギタリストのSean Bakerですが、ギタリストをもう一人加えたツイン・ギター編成が特徴。ツイン・リードやヘヴィでダークなリフの数々、そして豪快でテクニカルなフル・ピッキングやスウィープなどの速弾きを満載したインスト作品。ちょっぴりダークでヘヴィでありつつ、メロディアスな速弾きを満載してクサメロも聴けるようなギター・インストが好きな方には是非とも聴いてみてほしい作品。】


■SUN CAGED / The Lotus Effect

1,600円

・盤質:S オランダ テクニカル・メタル’11年 3rd 輸入盤【そこそこスピード感のある展開が多く、変拍子、テクニカルなソロも満載されたテクニカル・メタル・サウンドが特徴。ブラスト・ビート、スリリングなギターとキーボードの速弾きソロに、跳ねたリズムへの展開と8分の中で多彩な動きを見せつけるTr.1から早速SUN CAGEDのカッコ良さに取り込まれる方も多いでしょう。変拍子がガンガン入ったメロディアスな叙情派テクニカル・メタルが好きな方にオススメ。】


■SUN CAGED / Artemisia

1,600円

・盤質:S オランダ テクニカル・メタル’07年 2nd 輸入盤【歌メロが入っている時でも容赦なく変拍子が入りつつも、分かりやすい叙情メロディも満載された理想的なメロディックなテクニカル・メタル。各楽器が互いに譲り合いながら主張するところは主張し、時に合わさる様は実に見事で、特に(G)マルセル・コーネンの流麗なテクニカル・ソロはギター好きなら必聴レベルのテクニカルさとセンスを兼ね備えています。】


▼STATUS MINOR / Ouroboros

900円

・盤質:A フィンランド テクニカル・メタル’12年 2nd 輸入盤【前作から正統進化したような印象で、クラシカルさを幾分感じさせつつ親しみやすい歌メロを持ち、聴き応えのある変拍子を盛り込んだテクニカル・メタル路線をキープ。しかしながら、過剰にテクニカルになりすぎていないところがこのバンドのいいバランス感覚。今回はコンセプト・アルバムではあるものの、各々が4分前後の完成された曲となっており、今回もコンパクトなSYMPHONY Xとでも言いたくなるようなサウンドが満載。】


▼STATUS MINOR / Dialog

900円

・盤質:S フィンランド テクニカル・メタル’09年 1st 輸入盤【艶やかな音色でテクニカルかつメロディアスなソロを聴かせるギター、それと張り合う速弾きキーボードが主導していくテクニカルなソロ・パートが聴き所。あまり複雑になりすぎず、歌メロもしっかりしているのがGood。SEVENTH WONDERなどを思わせる部分もありますが、メロディが基本的に暗めでシリアスさを感じさせるため、SYMPNONY X辺りが近め。】


▼STAR QUEEN / Your True Self

900円

・盤質:A ブルガリア プログレッシヴ・メタル’04年 2nd 輸入盤【渋くてゴツくて、オペラチックなソプラノ歌唱を聴かせたり、メロディを半分無視して語るように歌うところがある、女性版KING DIAMONDといった感じのクセが強い個性派のヴォーカルが特徴的なバンド。曲は前作以上にKING DIAMOND的な起伏のある展開の楽曲が増え、リズム面にも前作よりもクセがある印象です。主張の強いベースが聴きどころ。】


▼SPHERE OF SOULS / From The Ashes…

900円

・盤質:A オランダ テクニカル・メタル’06年 1st 輸入盤【SUN CAGEDの1stで歌っていたアンドレ・ヴールブームがヴォーカルで、CIRCUS MAXIMUSのマイケル・エリクセンを思わせるようなクリアかつ力強さもある歌唱が魅力的です。ソロがほとんどの曲で無いというのが好みを分けるところですが、全体的に変拍子満載のサウンドで、分かりやすい歌メロももっており、間奏ではよりテクニカルさを増すコレぞテクニカル・メタル!なサウンド。】


■SPEAKING TO STONES / Speaking To Stones

1,600円

・盤質:S US テクニカル・メタル’06年 1st 輸入盤【恐らく中心人物と思われるトニー・ヴィンチ氏が(G、Key、B、その他プログラミング)と多彩に活躍。印象的なのはそのトニー氏によるテクニカルかつメロディアスなギター・ソロに、優しい音色のベース。時に艶やかに泣きのトーンを奏で、時にフラッシーに速弾きを聴かせるプレイは実に聴き応え十分。演奏はテクニカルでありつつも、メロハーが好きな方にもオススメしたいくらいメロディも良い作品。】


▼SECTION A / Parallel Lives

900円

・盤質:A デンマーク テクニカル・メタル’06年 2nd 輸入盤【トーヴェンのスリリングなギター・ソロが大きな聴きどころですが、テクニカル・メタルの中では歌重視の作風と言え、特別複雑なリズムを連発したり、構成がやたら複雑だったり突飛な展開があったりということは無く聴きやすい作品。リズム面や構成はほどほどにテクニカルで、ギター・プレイが中心のテクニカル・メタルが好きな方にオススメ。】


▼SECTION A / The Seventh Sign

900円

・盤質:A デンマーク テクニカル・メタル’03年 1st 輸入盤【トーヴェン・エネヴォルセンの押し引きを心得た素晴らしいギター・プレイが楽しめます。曲の方は幾分ダークでシリアスな雰囲気のものが多く、そこに分かりやすい叙情メロディーを加えたものが中心。メロディーには複雑さは無く聴きやすいですが、リズム面では変拍子も結構出てくるので聴き応えは十分。ギター以外はあまり目立ちませんが、テクニカルなギターがメインの作品が好きな方にオススメ。】


■DIVINA ENEMA / To Wight Shall Never Shine

1,600円

・盤質:B ベラルーシ アヴァンギャルド・メタル’99年 demo 輸入盤


▼DEPRESSION / Legions of the Sick

900円

・盤質:B ギリシャ ちょいプログレッシヴ・メタル’04年 2nd 輸入盤【前作では気になったペラッペラの音質が大きく改善!さらに哀愁全開ながらも親しみやすくはなかった歌メロも随分と分かりやすくなりました。ただ曲が短くなって曲構成もシンプルになった結果テクニカル・メタル度は減退。テクニカルさはギター・ソロに現れるくらいです。叙情メロディック・メタルといった趣の作品。】


■NO GRAVITY / Worlds In Collision

1,600円

・盤質:S イタリア テクニカル・メタル’11年 1st 輸入盤【メロディックな歌メロと、DREAM THEATERばりの激烈テクニックが満載されたコレぞテクニカル・メタル!な作品。変拍子多めのテクニカルなリズムに、ギターとキーボードの高速ユニゾン・プレイ、ハモりなどでスリリングに聴かせてくれます。演奏、歌唱共にイタリア屈指の実力派メンバーらによる、メロディックなテクニカル・メタル…。コレは名作です!】


▼PATRIK CARLSSON / Melodic Travel

900円

・盤質:S スウェーデン テクニカル・ギタリスト 輸入盤【速弾きメインの曲、都会的雰囲気の曲、ファンキーな曲、フラメンコ調の哀愁の曲、クラシカルな曲等々非常にカラフルにバラエティに富んだインストを収録。ソロはテクニカルですがメタル的な重さは一切なく、フュージョン・ギター・インスト的な内容。また、ギター・プレイそのものはメロディアスでありながらも決して構築されたキャッチーさは無く、あくまでインプロ主体なところも特徴。】


▼PATRIK CARLSSON / Phraseology

900円

・盤質:S スウェーデン テクニカル・ギタリスト 輸入盤【インスト作品】


■OHM: / Ohm:

1,600円

・盤質:A (G)クリス・ポーランドらによる、テクニカル・ハード・フュージョン’03年 1st 輸入盤【変拍子が満載されたテクニカルなリズムと、ミステリアスなフレーズのものがメイン。しかし、各曲に個性があるのが魅力的で、Tr.4、6のように穏やかでストレートかつメロディアスなものや、Tr.5、8、10のように変拍子入りでテクニカルでありつつも穏やかなギターのフレーズと、浮遊感あるベースが優しさ醸し出す曲など多彩な曲が楽しめるインスト作品。】


▼NIELS VEJLYT / Sthenic

900円

・盤質:A デンマーク INFINITY OVERTUREのギタリストによる’11年 2nd 輸入盤【DVDはライヴとか、収録曲の実演とか。】


▼MISTHERIA / Messenger Of The Gods

900円

・盤質:A イタリア キーボーディスト’04年 2nd 輸入盤【ヴォーカル入りのネオクラシカル・メタル・スタイルの作品。ヴォーカルにはIMPELLITTERIなどで知られるロブ・ロックが参加し、(G)にはニール・ザザが参加。歌メロが地味で音質が薄いのが欠点ですが、Tr.1からクラシカルなフレーズとメロディがありつつも、複雑な構成に複雑なキメも用意したテクニカルなメタルを披露してくれます。ミステリアのキーボードも派手な高速ソロでGood。】


▼MISTHERIA / Dragon Fire

900円

・盤質:A イタリア キーボーディスト’10年 4th 輸入盤【以前の作品と比較するとサウンド・プロダクションの厚みが増してしかもクリアになっていて、B級臭が無くなったのがまず大きなポイント。(G)にはエミール・ホット、ロジャー・スタフルバッハ、ニール・ザザ、ジョージ・べラスら、(Vo)にはチッタ・タニ、ランス・キング、マーク・ボールズ、ロブ・ロック、ジョン・ウェストと錚々たるメンツが参加。】


■MILAN POLAK / Dreamscapes

1,600円

・盤質:S オーストリア テクニカル・ギタリスト’05年 1st 輸入盤【王道のメタル調の曲から、ジョー・サトリアーニを思わせるような穏やかでメロディアスな曲、フラメンコ・ナンバー、ブギー・ナンバー、爽やかなメロディをギターが歌う曲など多彩な曲を、表現力豊かなプレイで聴かせるギター・インスト。どの曲でも耳当たりの良いメロディがあるのがまた素晴らしいところ。テクニカル・プレイも安定感抜群の名盤!】


▼MILAN POLAK / Straight

900円

・盤質:S オーストリア テクニカル・ギタリスト’07年作 輸入盤【今作はヴォーカル入りでインスト曲は無し。アメリカン・ハード・ロックのような明快なノリとキャッチーな歌メロが軸になった曲がメイン。明るく穏やかなメロディアス・ハード寄りなミドル/スロー・ナンバーが多めで、ハスキーで安定感抜群のヴォーカルでじっくり聴かせてくれます。アメリカン・ハード・ロック/メロハー的な作品で、ギター・ソロがテクニカルなものが聴きたい方にオススメ。】


▼MILAN POLAK / Murphy's Law

900円

・盤質:S オーストリア テクニカル・ギタリスト’09年作 輸入盤【今作はStaright同様にパワフルなヴォーカル入りでありながら、ダウン・チューニングのへヴィな曲がズラリと並んでいて、よりメタル然とした内容になっているのが特徴。とにかくガッシリズッシリとしたリフのミドル/スロー・ナンバーばかりですが、そのリフのアグレッシヴさが象徴するかのように、ソロも前作よりも派手に弾きまくっているのが特徴です。】


▼MILAN POLAK / Guitar Odyssey

900円

・盤質:S オーストリア テクニカル・ギタリスト’05年作 輸入盤【前作同様多彩な楽曲がポイントのギター・インスト。ただ、歌うようなフレーズとテクニカル・フレーズのバランスが秀逸だった前作と比較すると、今作は弾きまくる場面の方が多くなっている印象。】


▼MIKE TERRANA / Shadows of the Past

900円

・盤質:S US テクニカル・ドラマー’99年 1st 輸入盤


■MICHAEL HARRIS / Ego Decimation Profile

1,600円

・盤質:S US テクニカル・ギタリスト’96年 2nd 輸入盤【Tr.1こそ荘厳なクラシカル・ナンバーですが、トータルでは普通に叙情的なメロディック・メタルが下地になっているインスト。分かりやすいリズムと曲構成、歌心のあるフレーズを軸に、テクニカルなソロや手数多いドラムでスリリングに聴かせる場面もしっかりとある実にバランス感覚に優れたインスト作品。ギターが歌うようなインストが好きな方にも、スリリングな速弾きテクが堪能できるインストが好きな方にもオススメ。】


■MICHAEL HARRIS / Orchestrate

1,600円

・盤質:S US テクニカル・ギタリスト’06年 7th 輸入盤【タイトル通り、オーケストラ・サウンド(キーボードと思われる)を纏ったネオクラシカル・ギター・インスト。クラシカル・フレーズ満載。Tr.1のように厳かな雰囲気の曲もあれば、疾走感のあるクラシカル・メタル・ナンバーもあり、ネオクラシカル系が好きな方に是非ともオススメしたいインスト作品。】


■MICHAEL HARRIS / Words Collide

1,600円

・盤質:S US テクニカル・ギタリスト’03年 6th 輸入盤【この作品はヴォーカル入りで、ヴォーカル含めドラム以外を本人が担当。自身の声の範囲をきちんと計算して歌メロが組まれている印象で、結構印象に残るのもGood。また作風もネオクラシカル系ではなく、変拍子入りのテクニカル・メタル系。相変わらず粘っこいトーンから繰り出されるギター・ソロの数々も魅力十分。コレは個人的にツボ。】


■MATTSSON / Power Games

1,600円

・盤質:S フィンランド テクニカル・ギタリスト'03年 7th 輸入盤【今作は7分半、8分、17分と長尺な曲も数曲収録されているところからもうかがえる通りのプログレッシヴ・メタルがメインの内容。名ヴォーカルLance Kingが参加!しかし最大の聴きどころは17分のTr.7!なんとまさかの長大なインスト曲で、変拍子や速弾きメインの動、激泣きギターが5分くらいずっと炸裂する静の対比…。17分ほぼギター弾きっぱなしの圧巻のLars劇場はギター好き必聴の超名曲です!】


▼MATTSSON / Another Dimension

900円

・盤質:S フィンランド テクニカル・ギタリスト'00年 6th 輸入盤【Visionを思わせるような哀愁のミドル・ナンバーや、シリアスで重苦しいネオクラシカル・ナンバー、哀愁の疾走ナンバー、テクニカルなインストとバランス良く収録。Tr.2、13、14等一部の曲は歌メロにキャッチーさがあって分かりやすいですが、ほとんどの曲はちょっと歌メロが地味なところが難点。ただ、変拍子を要所で繰り出すリズム面や、非常に流麗なギターとキーボードのソロは聴きごたえ十分。】


▼MATTSSON / Dream Child

900円

・盤質:S フィンランド テクニカル・ギタリスト'08年 10th 輸入盤


■MASSIMO IZZIZZARI / Unstable Balance

1,600円

・盤質:S たぶんイタリア ギタリスト’07年作 輸入盤【ファンクを下地にしたフュージョン・ギター・インストですが、とにかく全編に亘りとんでもなく滑らかな高速レガート・プレイが満載されているのが特徴!この滑らかさはまさにGreg Howeとかその辺と比較しても遜色ないレベル!それでいて歌心溢れるメロディも満載されていて、テクニカルでありつつ聴きやすい名盤!メタルであることにはこだわらない方に是非とも聴いてみてほしいです。】


▼MARTONE / When The Aliens Come

900円

・盤質:A フィンランド テクニカル・ギタリスト’07年作 輸入盤


▼MARCEL COENEN / Colour Journey

900円

・盤質:S オランダ テクニカル・ギタリスト’06年 2nd 輸入盤


▼LARS ERIC MATTSSON / Electric Voodoo

900円

・盤質:S フィンランド テクニカル・ギタリスト’91年 3rd 輸入盤【クラシカルなギターがメインの王道のネオクラシカル・ギター・インストで、曲によってはシタールや民族音楽的なリズムを盛り込んだり、変拍子を使ったりするテクニカルかつメロディアスなギター・インスト。泣きのスロー・ナンバーと、アップ/ミドル・テンポナンバーが半々くらいで収録。後の作品ほどギターの流麗さやフレーズの歌心はありませんが、それでもメロディアスに仕上がっている点はさすが。】


▼LARS ERIC MATTSSON / Aurora Borealis

900円

・盤質:S フィンランド テクニカル・ギタリスト’11年 13th 輸入盤


▼LARS ERIC MATTSSON / Obsession

900円

・盤質:S フィンランド テクニカル・ギタリスト’98年 5th 輸入盤【前作、Visionからは6年ぶりとなる作品で、Visionが哀愁のメロディアス・ハードという作風だったのに対し、こちらは同じような路線でありつつも、Tr.1、2、4のようにネオクラシカル/テクニカル色が強まった曲が収録されているのが特徴。VISIONほどの強烈なメロディアスさというものは無いものの、これもまたメロディ重視のラーズらしさに溢れた作品と言えます。】


▲KELLY SIMONZ'S BLIND FAITH / Sign of the Times

1,500円

・盤質:A 日本 超絶ネオクラシカル・ギタリスト’98年 1st 輸入盤【超絶テクニックを誇る日本人ネオクラシカル・ギタリストによる’98年1st。イングヴェイ・マルムスティーン直系のヴォーカル入りネオクラシカル・メタルを軸に、インスト曲も収録した1枚。壮絶なテクニックが堪能できるインストに、泣きのインストも収録。ネオクラシカル・メタル好き、超絶クラシカル・ギター好き必聴の1枚。ヴォーカルはケリー本人で、声質的にはジョン・ウェストみたいなハスキー系の声でなかなかGood。】


▲KELLY SIMONZ'S BLIND FAITH / Silent Scream

1,500円

・盤質:A 日本 超絶ネオクラシカル・ギタリスト’99年 2nd 輸入盤【超絶テクニックを誇る日本人ネオクラシカル・ギタリストによる’99年2nd。前作同様イングヴェイ・マルムスティーン直系のヴォーカル入りネオクラシカル・メタルを軸に、インスト曲も収録した1枚。今作はヴォーカル入りナンバーがメイン。】


▲KELLY SIMONZ'S BLIND FAITH / The Rule of Right

1,500円

・盤質:A 日本 超絶ネオクラシカル・ギタリスト’02年 3rd 輸入盤【超絶テクニックを誇る日本人ネオクラシカル・ギタリストによる’02年3rd。いつも通りの同様イングヴェイ・マルムスティーン直系のヴォーカル入りネオクラシカル・メタル。純度100%のネオクラシカル・メタルなので、ネオクラシカル・メタル好きにとてもオススメ。】


▼JOSE DEL RIO / Journey into the Fourth Dimension

900円

・盤質:S チリ ネオクラシカル・ギタリスト’06年 1st 輸入盤【変拍子を交えつつ爆走するドラムに合わせたクラシカル超絶速弾きが印象的なネオクラシカル・インスト。Vitalij Kuprijが全面的に参加し、各所で彼の最高クラスとも言える速度で超絶な速弾きを聴かせてくれますが、主役のギタリストの速弾きのセンスがまるで無いのが最大の難点。とにかく超絶に速いですが、Francesco Fareri以上に面白みに欠ける速弾きがなんとも微妙なB級インスト作品。】


▼JOOP WOLTERS / Speed, Traffic and Guitar-Accidents

900円

・盤質:S オランダ テクニカル・ギタリスト’04年 2nd 輸入盤【基本アドリブのテクニカルな速弾きギター・プレイを軸に、変拍子やポリリズム等をテクニカルなリズムを多めに駆使したプログレッシヴ・メタルが下地のインスト作品。前作はフュージョン・ナンバーも多く、メタル系ナンバーよりも多めな内容でしたが、今作は前半にメタル系ナンバーが集中、後半にフュージョン系をメインにメタル系もチラホラといった感じの全17曲。】


▼JOOP WOLTERS / Workshop

900円

・盤質:S オランダ テクニカル・ギタリスト'03年 1st 輸入盤【へヴィなリフと変拍子を駆使したプログレッシヴ・メタル的な曲もあれば、ファンキーなフュージョン、透明感のある爽やかなフュージョン、叙情的な泣きのナンバー、メタルらしい哀愁のナンバーとバラエティに富んだ内容で収録されたインスト。メタルでもフュージョンでも、変拍子多めで基本はアドリブからなるギター・インストが好きな方にオススメ。】


▼JOOP WOLTERS / Out of Order

900円

・盤質:S オランダ テクニカル・ギタリスト’07年 3rd 輸入盤


▼JOHN MACALUSO & UNION RADIO / The Radio Waves Goodbye

900円

・盤質:S US テクニカル・メタル’07年 1st 輸入盤【DREAM THEATER直系のヴォーカル入りのメロディアスなテクニカル・メタル。ジョン自身の手数の多いドラミングも見事ですが、多数のゲストによるスリリングなプレイも聴き応え抜群。Tr.1のヴィタリ・クープリのソロは一発でソレと分かる音とプレイで笑っちゃうくらいですw さすがヴィタリ。】


■JENNIFER BATTEN'S TRIBAL RAGE / Momentum

1,600円

・盤質:S US 女性テクニカル・ギタリスト’97年作 輸入盤【民族音楽的要素を交えたハード・フュージョン・ギター・インスト作品。Jenniferのプレイはテクニカルな速弾きを連発するようなスタイルではなく、アーミングやエフェクター、得意のタッピングを駆使した表情豊かでトリッキーなプレイと泣きのプレイを軸にしたスタイル。表情豊かなギター・プレイで独自のサウンドを披露しているギター・インストが聴きたい方にオススメの名盤。】


▼JENNIFER BATTEN / Whatever

900円

・盤質:A US 女性テクニカル・ギタリスト’08年作 輸入盤【デジタル色や民族色の強いリズムの上を、アーミング等で表情を付けた泣きのギターが歌うように乗っかる、ジェフ・ベック辺りを思わせるようなギター・インスト。ド派手な速弾き等のテクニカル・プレイではなく、フレーズに表情を付けることに長けたプレイが聴きたい方にオススメ。要所で炸裂する速弾きタッピングも聴きどころ。】


▼JAMES BYRD(BYRD名義) / Anthem

900円

・盤質:S US テクニカル・ギタリスト’02年 7th 輸入盤【元々ウリ・ジョン・ロートからの影響を感じさせるプレイが印象的なジェイムズ・バードですが、今作は作風そのものもウリっぽさが全開。Tr.1から壮大なオーケストラを交え、オペラ・チックなヴォーカルでクラシカルさを前面に押し出した荘厳な楽曲を披露してくれます。ワウを効かせた泣き指数の高い伸びやかなギター・ソロも見事なモノ。】


▼JAMES BYRD(BYRD名義) / Flying Beyond The 9

900円

・盤質:A US テクニカル・ギタリスト'01年 6th 輸入盤【クラシカルなメロディーのミドル/スロー・テンポの曲が詰まったネオクラシカル・メタル。JAMES BYRDのギターはYNGWIEを思わせるトーンでの速弾きが主体ですが構築感が強く、フルピッキング、スウィープと多彩な技巧を織り交ぜてきます。また、泣きのギターでのトーンはむしろウリ・ジョン・ロートを思わせるような感じ。優雅でしなやかな印象のアルバムです。】


■JAMES BYRD(ATLANTIS RISING名義) / Crimes of Virtuosity

1,600円

・盤質:S US テクニカル・ギタリスト’98年 通算5th 輸入盤【いつも通り、JamesのUri Jon Roth風のクラシカル速弾き & 泣きギターを大フィーチュアしたメロディック・メタル/ハード・ロック路線。スロー・ナンバーが多いですが、クラシカルで天空を舞うかのような優雅な雰囲気のインストTr.10、叙情的なアコギの静のパートと、激泣きのエレキの動のパートの展開が素晴らしい全泣きギター好き必聴レベルの激泣きインストTr.7と聴きどころは満載。】


▼JAMES BYRD(ATLANTIS RISING名義) / Beyond the Pillars

900円

・盤質:S US テクニカル・ギタリスト’11年 編集盤 輸入盤【90年の1stと曲目が半分程度かぶっていますが、詳細は不明。】


▼PALACE TERRACE / Flying Through Infinity

900円

・盤質:S US テクニカル・メタル’07年 1st 輸入盤【ジョージ・べラスが(G,B,Key)を担当。全体的にはADAGIOの2ndのようなネオクラシカル&プログレッシヴといった感じの作品ですが、ADAGIOの2ndほど重厚さは無く、シリアス過ぎなずダークでもないので、聴きやすい方です。ジョージのギター・ソロも他の作品よりは抑制が効いており、無駄に弾きまくっておらず、あくまで歌メロや楽曲重視なところもポイント。】