METAL ERINGIの宮殿
★アーティスト名、アルバム名を検索する時はA、B、Cで検索してください。例えばBURZUMの場合はBURZUMなら引っかかりますが、バーズムと検索しても引っかかりません。
ホーム マイアカウント お問い合わせ

会員専用ページ
ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

メタルエリンギ

こんにちは!HEAVY METAL大好きなメタルエリンギと申します。

近くにメタル専門のCD屋が無い!CD屋があってもメタルが無い!一応近くに無いこともないけど、忙しくて営業時間内に行けない!なんていう悩めるメタラーの皆さんに、メタルのCDを手にしていただきたく、このショップを運営しております。

中古、新品両方の取り扱いがございますが、新品は輸入盤がメインで国内盤はほぼありません。マイナーな輸入盤が多めになっております。

下記のリンクは当店の入荷情報やセール情報、その他聴いたCDのコメントや日記みたいなものなどを掲載している私のブログへのリンクとなります。

では、よろしくお願いいたします。

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
RSS ATOM
こちらは「デス・メタル/メタルコア」のCDです。デス・メタル、メロデス、ブルデス等のデス・メタルに、メタルコア等がございます。

商品には盤質と状態が記載されています。

盤質は下記の5通りです。

・S→シールド品 ※輸入品はシールド品であってもキズがあるものがよくあります。
・A→キズが無いか、あっても小さい or 少ない or 薄い。
・B→キズあり。軽めの擦り傷や、薄い円周キズがある場合も。
・C→キズがかなり多めにあり。もしくは円周キズなど危険なキズあり。
・D→キズだらけ。※レンタル品によくあるようなあの感じです。

商品個別のページには盤質の他に、ケースすれ、帯付きなどの詳細なコンディションも記載されています。
サブカテゴリー


デス・メタル/メタルコア
並び順を変更» ■価格順新着順

▲VALE OF PNATH / II

2,000円

盤質:S US テクニカル・デス’16年 2nd 輸入盤【今作もまたスピーディな2ビートやブラスト・ビート、高速2バス連打を軸に、変拍子や、ビートを頻繁に切り替えたりする起伏のあるリズムと、動きが多い刻みリフと速弾きフレーズを駆使したテクニカルなリフを絡めたスリリングなテクニカル・デス!前作より少しメロディアスになった印象。前作と併せて今作も必聴!】


▲GLORIA MORTI / Kuebiko

2,000円

・盤質:S フィンランド ブルータル・ブラック’16年 5th 輸入盤  【今作はブラック・メタル色が強め。シンフォニック要素は無いものの、EMPEROR、KEEP OF KALESSINなどのブルータルでありつつ比較的ドラマティックなブラック・メタルが好きな方に試しに聴いてみてほしい作品。ブルータリティが重視されつつ要所でほんのり叙情的なリフが聴けるサウンドは実にかっこいいです。】


▲DESECRAVITY / Implicit Obedience

2,000円

・盤質:S 日本 テクニカル・ブルデス’12年 1st 輸入盤  【ガテラル・ヴォーカルをしながら邪悪なトレモロ&テクニカルなフレーズ連発のギター・リフに、スウィープ連発も余裕のギター・ソロ、高速ギターと絡み合い時に壮絶なソロも決めるベース、日本でも最強クラスのスピードとテクニックを誇る超高速ブラスト・ドラムと、そのどれもが圧倒的にブルータルでテクニカル!ブルデス・ファンはスルー厳禁の至高の逸品!】


▲DESECRAVITY / Orphic Signs

2,000円

・盤質:S 日本 テクニカル・ブルデス’14年 2nd 輸入盤  【ドラム以外のメンバーが入れ替わり、さらに4人編成から3人編成に変わってリリース。圧倒的に高速で爆走しまくりつつ、変化に富んだテクニカルなリズムとトリッキーなソロ・フレーズで押しまくる怒涛のテクニカル・ブルデスが聴きたい方は前作同様必聴。今作もまた日本臭ゼロの世界レベルのテクニカル・ブルデスに仕上がっています。】


▲GOROD / Leading Vision

2,000円

・盤質:S フランス テクニカル・デス’06年 2nd 輸入盤  【ブラストと2ビートの疾走パートをメインに変拍子も交えて展開するテクニカルなリズムと、攻撃的な刻みリフにフックある速弾きフレーズを織り交ぜたギター・リフを駆使するGOROD節はこの2ndでもバッチリ楽しめます。強いて言うなら3rd、4thの方がブルータリティが強い印象ですが、ギター大活躍のテクデスが好きな方は必聴です。】


▲CENTURY / Black Ocean

1,200円

・盤質:S US メタルコア’08年作 輸入盤  【非常にズッシリとしていてかつ硬質なリフとリズム、ハードコア的なスクリームを基本にしつつ、変拍子等のテクニカルなリズムを絡めて突き進むメタルコア・サウンド。Tr.2のように部分的にエモいフレーズを入れてくる辺りが個性的です。へヴィなリフと凝ったリズムのサウンドが好きな方にオススメ。曲は3〜4分程度で聴きやすいです。】


▲CENTURY / Red Giant

1,200円

・盤質:S US メタルコア’11年作 輸入盤  【よりハードコア寄りになった地声成分多めのスクリーム主体のヴォーカル、疾走パートとビートダウン・パート切り替えるメタルコア・サウンド。THE MARS VOLTAみたいな歌メロを要所で入れてくるところも相変わらず。テクニカルなリズムを要所で駆使したサウンドでもありますが、前作よりはストレートな印象です。】


▲DISMEMBER / Like an Everflowing Stream

2,000円

・盤質:S スウェーデン デス・メタル’91年 1st 輸入盤  【スラッシュ・メタル色もほぼ無い純デス・メタルなサウンドであり、2ビート中心で粗暴に突っ走るドラムとボリボリした低音刻みリフは邪悪でありながら、まだ'91年というメロデスが一般的で無かった時期にもかかわらず、かなりメロディックなリフやソロを聴かせる衝撃的な1枚。後追いで聴いても非常に興味深い1枚です。】


▲INGURGITATING OBLIVION / Continuum of Absence

2,000円

・盤質:S ドイツ テクニカル・デス/ブラック’14年 2nd 輸入盤  【ジャケから漂っているように暗黒感の強いサウンドで、複雑な構成とリズムでさらに暗黒なカオス感を助長してくる、ブラック・メタル色のあるテクニカル・デス。曲の尺も7〜8分程度と長め。非常に複雑な構成とリズムの曲を難なくこなすタイトな演奏と、暗黒感溢れるサウンドのテクニカル・デスが聴いてみたい方にオススメ。】


▲BARING TEETH / Atrophy

2,000円

・盤質:S US テクニカル・デス’11年 1st 輸入盤  【不協和音だらけの不穏なリフに、急激にテンポが切り替わったりブラスト・ビートでかっとばす展開、変拍子を交えたリズム、唸るようなガテラル・ヴォーカルが不気味な空気を発散しまくる非常に緊張感の高いテクニカル・デス。とにかく終始不穏で不気味。そしてリズム面と展開の面で非常にテクニカルな1枚。不穏で気持ち悪いテクニカル・サウンドをお求めの方は必聴の名盤。】


◆DAMOKIS / Grinding Mother Whore

1,100円

・盤質:A マレーシア デス/グラインド’12年 1st 輸入盤  【破壊的な高速ブラスト・ビートで終始爆走する作品ではないですが、R&R的なノリの良いアップ・テンポなパートに、上記ハードコア的な明快な疾走、グルーヴィなミドル・パートを軸に、要所でデス・メタル的なブラスト・ビートを加えたような、非常にダーティな音ながらも爽快なノリのあるサウンドがポイント。ギターとベースがノイジーでとにかくグチャグチャしています。】


◆CYSTIC DYSENTERY / Homicidal Suicide

1,300円

・盤質:A US ブルータル・デス’16年 2nd 輸入盤  【オールド・スクール・デス・メタルを下地に、テンポやビート、リズムを切り替えまくる緩急のついた展開と、不規則な小節数での性急な展開を持ったかなりテクニカルなブルータル・デス・メタル。ギター・ソロにはMORBID ANGELのトレイを思わせるような妖気の漂うメロディアスさと流麗さがあるところもポイント。ラストまで勢いの衰えない名盤です。】


◆CURETAJE / Tractor Craneal

1,100円

・盤質:B 詳細不明 グラインドコア 輸入盤  【甲高い声でギャーギャー喚くヴォーカルと、ガテラル・ヴォーカルの2本立てに、20秒〜3分程度の短い尺で2ビートとブラスト主体に突っ走るグラインドコア。2〜3分の曲は緩急の付いた展開がありますが、30秒程度の曲はブラストであっという間に突き抜けます。ドロドロしたリフを駆使したデス・メタル色が強めの曲もあれば、切れ味鋭い刻みリフや荒々しいコードで突っ走るハードコア/スラッシュ色が強めの曲もあり。】


◆CROPMENT / Dead Soil

1,100円

・盤質:B スイス ブルータル・デス’09年 2nd 輸入盤  【何を言っているかわからない系の重低音のディープなガテラル・ヴォーカルに、カンカンに乾いたスネア・ドラムによるタイトなブラスト・ビート、ドロドロの低音ギター・リフ主体のギターによるオールド・スクール・デス・メタル下地のブルータル・デス。ブラスト・パートが中心でありつつテンポ・チェンジや変拍子の使用も多く、ブルデスらしくリズム面はかなりテクニカル。】


◆CORPSE GARDEN / Entheogen

1,300円

・盤質:B コスタリカ デス・メタル’15年 2nd 輸入盤  【王道デス・メタルが基本。しかし、スラッシーな疾走パートがあったり、邪悪なオーケストレーションが一瞬入ったり、叙情的なパートがあったりといった展開が特徴的。流麗なソロをはじめ多彩なソロや、効果音的なバッキングまで幅広いテクニックを持ったギタリストのセンスが光ります。こだわりの感じられる邪悪かつドラマティックな曲の構成にしても、優れた演奏面にしても実に聴きどころの多い名盤!】


◆CORPORATE DEATH / Angels & Worms

1,300円

・盤質:B ブラジル デス・メタル’13年 2nd 輸入盤  【ゴボゴボしたガテラル・ヴォーカルに、2ビートとブラスト・ビートの疾走パートを中心に、一瞬だけテンポを切り替えたり、リズムを切り替えたりといったテクニカルなギミックも駆使したデス・メタル。全体的にはCANNIBAL CORPSEやSUFFOCATIONのようなテクニカルな王道デス・メタルが基本で、曲によっては速弾き系リフやユニゾンで現代テクニカル・デス的な要素を見せつける作品。】


◆CORAM LETHE / ...a Splendid Chaos

1,300円

・盤質:A イタリア テクニカル・デス’09年 3rd 輸入盤  【リスナーがついていけないほどの過剰なテクニカルさではなく、程よい疾走感と程よい複雑さで聴かせるテクニカル・デスが好きな方にオススメ。量自体はそれほど多く無いものの、変拍子の使いどころが非常にウマいテクニカル・デスです。程よくメロディックさのある'90年代メロデス的なリフもGood。最後まで路線にブレが無いのもポイント。派手さこそないですけど名盤ですぞ。】


◆AUDIORREA/MIXOMATOSIS / Tu sangre, nuestro bien comun

800円

・盤質:B スペイン デス/グラインド・バンドの’05年スプリット 輸入盤  【それぞれEPやデモ、ライヴ音源を収録しているため、スプリット盤であり編集盤でもあるような内容。3分程度の曲が並び、2バンドで70分程度と大ボリューム。どちらもブラスト疾走パート、ミドル・パート、スラム・パートを切り替えながら突き進むオールド・スクール・デス・メタル色の強いサウンド。疾走感はそれほど強くないですが、どちらも死臭の漂うサウンドです。】


◆ANIMA DAMNATA / Agonizing Journey Through(以下略)

900円

・盤質:B ポーランド ブルータル・デス’03年 1st 輸入盤  【ドロドログチャグチャした汚い質感の高速低音ギター・リフ、カンカンと乾いた音でブラスト爆走するドラム、何を言っているかわからないゲロゲロなガテラル・ヴォーカルで、コレがまたブルデス以外の何物でも無くて驚きます。速弾きソロを時折聴かせるベースに、爆走しつつも変拍子も多めのリズムでかなりテクニカル。1st、2ndの頃のCRYPTOPSY辺りが好きな方に聴いてみてほしい作品。】


◆ALIENATION MENTAL / Psychopathicolorspectrum

800円

・盤質:B チェコ ちょいテク・デス・メタル’05年 2nd 輸入盤  【超人的な演奏を連発しテクニカル・ブルデスと言い切ってよかった前作と比較すると、今作はミドル/スロー・パートが多く、さらにTr.4のようにグルーヴィな場面があったりと、前作ほどハイテンションではなくテクニカルさやブルータリティも抑えてあるのが特徴。前作同様1st、2ndの頃のCRYPTOPSYを思わせるサウンドでありつつ、より王道のオールド・スクールなデス・メタル寄りになった印象の1枚。】


◆CINIS / Subterranean Antiquity

1,100円

・盤質:B ポーランド ブルータル・デス’14年 2nd 輸入盤  【演奏的にもヴォーカル的にも音質的にもMORBID ANGELを思わせるようなサウンドですが、あちらよりもリズムや構成がストレートで、ブラスト・パート中心に駆け抜けるのがメインのブルータル・デス。4分前後のちょうどいい長さの曲ばかりが並び、ブルータルでありつつもストレートで聴きやすい1枚。王道でありつつ威厳も感じさせるような安定感と疾走感抜群のブルータル・デス。】


◆CARNAGIA / Display of Hate (Ancestral)

1,100円

・盤質:A コロンビア ブルータル・デス’15年 2nd 輸入盤  【1分40秒〜2分程度と短い尺でブラスト・ビート中心に突っ走るブルータル・デス。特徴的なのがグラヴィティ・ブラストを使う頻度が多いところ。通常のブラスト、グラヴィティ・ブラスト、そこにスラム/スロー・パートも挿んでいくサウンド。短く比較的ストレートな展開でありつつ、グラヴィティ・ブラストがよく出てくるブルータル・デスが聴きたい方にオススメ。】


◆CARIGNAN / Masturbatorium

1,100円

・盤質:A オーストリア デス/グラインド’09年 1st(唯一の作品) 輸入盤  【ゲロゲロのガテラル・ヴォイスと、ヴィーヴィーいう豚声による何を言っているかさっぱり分からない系のヴォーカルがまず特徴的。それに反して演奏の方は意外とタイトでクリア。動きの激しいドロドロしたギター・リフに、手数足数多くも非常にタイトなドラムと演奏面の安定感は素晴らしく、アルバム全体的にもファストな曲で固められており、統一感にも優れた名作。コレ1枚での解散が惜しまれます。】


◆CARCAVA / Desenterrando a los muertos

1,100円

・盤質:B ペルー デス・メタル’12年 1st 輸入盤  【篭ってモコモコした音質の中をドロドロした低音リフに、うねるような高速リフを混ぜるギター、ボカボカした音でタイトさには欠けるものの手数多く炸裂するドラムによるオールド・スクール・スタイルの汚いデス・メタル。部分的にバンド全体のリズムが?み合っていなかったりしてB級臭はかなり強いですが、カッチリしたものよりも荒々しく汚いデス・メタルが好きな方にはむしろオススメ。】


◆CADAVERIC CREMATORIUM / One of Them

1,300円

・盤質:A イタリア テクニカル・ブルデス’12年 4th 輸入盤  【ブラスト・ビートと高速2バス連打の疾走パートを軸にリズムやビートを目まぐるしく切り替えながら突き進むテクニカル・ブルデス。今作はグラインド色は薄く、素直にテクニカル・ブルデスと言っていいサウンド。やはり前作同様CRYPTOPSY、ORIGINなどのテクニカル・ブルデスが好きな方に聴いてみてほしい作品。メロディアスさの無いブルータルでテクニカルなデス・メタルが好きな方はぜひ。】


◆CADAVERIC CREMATORIUM / Grindpeace

1,100円

・盤質:A イタリア テクニカル・デス/グラインドコア’08年 3rd 輸入盤  【カンカンに乾いたスネアで高速爆走ブラストと2ビート主体に変幻自在にビートを切り替えるドラム、目まぐるしい速弾きフレーズを多用するテクニカルなギター・リフ、テンポやリズムが頻繁に切り替わる曲展開とかなりテクニカルなデス/グラインドコア。スピーディかつ複雑でテクニカルなデス/グラインドコアが好きな方にオススメ。】


◆CADALSO / Holocausto

1,100円

・盤質:A スペイン デス・メタル’14年 1st 輸入盤  【ゴボッとしたガテラル・ヴォーカルに、低音に時折高音を混ぜた不穏でグチャグチャ感のあるギター・リフ、乾いた音のドラムによるオールド・スクール・スタイルのデス・メタル。音質がちょっと篭り気味でノイズ混じりで軽いですが、デス・メタルらしい汚さが感じられてGood。軽めの音である反面各楽器の音の分離はよく、演奏自体はクリアに聴こえてきます。】


◆BURDEN RAGE / The Spiral Black Hole

1,300円

・盤質:A アルゼンチン デス・メタル’12年 1st 輸入盤  【サウンドそのものは王道のデス・メタルが下地になっておりながら、変拍子を多用したテクニカルなリズムと動きの多いスリリングなリフがカッコいい作品。また、曲によってはスラッシーな疾走パートや刻みリフを駆使する場面も。展開の方もかなり起伏が激しくなっており、聴きごたえは抜群。ジャケからはモダンなデスコアっぽそうな雰囲気が出ていますが、そういった要素も一切無いのがポイント。】


◆BRAQUEMAARD / Pendu, traine par une claie jusqu'a(略)

1,100円

・盤質:A フランス デス・メタル’15年 1st 輸入盤  【初期のCARCASSみたいなまるでデモのようなガチャガチャしたRawな録音状態で、ドカドカと暴れるドラムに、ノイズ混じりでグチャグチャした音で高速でうねるリフを決めるギターによる、かなりカオティックな空気が強いデス・メタル。演奏的にはグラインドというよりデス・メタルですが、2分弱という曲の短さと音の汚さ的にはゴアグラ好きにしかオススメできないようなコアな危険物です。】


◆BOTTLEKOPF / Absolutely Nothing

1,100円

・盤質:B ポーランド 個性派デス・メタル’14年 1st 輸入盤  【グロウルというよりは邪悪で野太いダミ声といった感じのヴォーカルが軽くメロディを歌うようにシャウトするTr.1、非常にへヴィでドロドロしているのにブルージーなリフとリズムのキャッチーさのある、デス・ブルースとでも言いたくなるTr.3、ドゥーミーな暗黒スロー・ナンバーTr.6などちょっと変わったデス・メタル・ナンバーが収録されています。スラッジ方面好きな方の方がしっくりきそう。】


◆BOKRUG / El matamuertos

1,100円

・盤質:B アルゼンチン 独りグラインドコア’10年 2nd 輸入盤  【ノイズ混じりの刺々しい音でドロドロした重低音リフと怒涛の高速ブラスト、ガテラル・ヴォーカルによるオールド・スクール・デス下地のグラインドコア。グラインドコアらしく1分弱〜1分半程度の非常にコンパクトな曲が並んでいますので、短く汚く爆走するものが好きな方にオススメ。爆走ナンバーが主体ですが、数曲遅い曲やアンビエントなども収録し、密室的な息苦しさを感じさせる仕上がりとなっています。】


◆BOKRAG / Mental Sickness

1,100円

・盤質:A アルメニア デス・メタル’11年 1st 輸入盤  【リフのメロディアスさはほぼ無く、スロー・パートが主体でほとんど疾走しないデス・メタル。しかし、ロングトーンもウマく絡めたで妖しげなメロディの速弾きソロを聴かせるギターに、かなりの速さの2バス連打を決めてくるドラム等演奏面の聴きどころは多く、ガテラル・ヴォーカルもカッコいいです。ただ、ギターやドラムの音が引っ込んで迫力不足なミックスなところが勿体ないです。】


◆BLOODY TERROR / Shadow of Death

1,100円

・盤質:A 多国籍 メロデス/メロブラ’12年 1st 輸入盤  【パワー・メタリックなスネア裏打ちの疾走パートと、クラシカルなフレーズを軸にしたメロディアスで流麗な速弾きをバッキングでもソロでもガンガン決めるギターとキーボードによるクサ・メロディック・デス・メタル。クサメタラーにオススメしたいほどクサみ溢れる音ですが、ヴォーカルが汚い掠れデス声で音質やキーボードからブラック・メタル的邪悪さもにじみ出ているのが注意点。】


◆BLOOD OF LIFE / Reign over Horror

1,100円

・盤質:B 中国 女性ヴォーカル・エクストリーム・メタル’16年 1st 輸入盤  【甲高く喚くグロウル・ヴォーカルと、'90年代を通過したリフの厚みと重さを持つモダンなエクストリーム・メタル。疾走はしないながらも2バス連打を随所で決めるアグレッシヴなドラムに、ひねりのある少しテクニカルなリズムが特徴的。ギター・ソロは基本的には無く、リフで押すサウンド。重厚なリフ重視の女性ヴォーカル・エクストリーム・メタル好き向けの作品。】


◆BLOOD COVEN / Ashes of an Autumn Burning

1,100円

・盤質:B US ゴシック・デス・メタル’98年 1st 輸入盤  【ノイジーでズッシリとした初期デス・メタル的なリフが主体ながら、妖しく時に悲しげなメロディのリード・フレーズや、粘っこいトーンでソロを聴かせるギター、同じく妖しい雰囲気を醸し出すキーボードが初期ゴシック・メタル的な雰囲気も醸し出すのが特徴の、邪悪さと呪術性が絡んだゴシック・デス的なサウンド。最長11分、そして7分の曲がズラリと並ぶなかなかの大作主義な作品で、そこからうかがえる通りの展開の多さが大きな聴きどころ。】


◆BLEEDING GODS / Shepherd of Souls

1,100円

・盤質:A オランダ デス・メタル’15年 1st 輸入盤  【ドロドロ感のあるトレモロ・リフと低音の刻みリフのデス・メタルの王道的なギター、図太い音でタイトなブラスト・ビートを聴かせるドラム、迫力のあるグロウルを聴かせるヴォーカルによるデス・メタル。王道欧州型デス・メタルをアップグレードさせたようなSINISTER辺りのようなデス・メタルを思わせるようなサウンド。特別飛び抜けた特徴は無いながら、安定感ある演奏としっかりした音質の王道デス・メタルが聴きたい方にオススメ。】


◆BLASTCORPS / Glorified

1,300円

・盤質:C オランダ ブルータル・デス’05年 1st 輸入盤  【低音の刻みリフと、低〜中音域のドロドロしたトレモロ・リフ、邪悪でありつつメロディックさもちょっぴりあるリフを駆使するギター、タイトにブラスト & 2ビートで高速爆走するドラム、唸るようなグロウルを聴かせるヴォーカルによる王道の欧州型デス・メタル・サウンド。初期型ヨーロピアン・デス・メタルをよりタイトにブルータルにアップグレードしたようなものが聴いてみたい方にとてもオススメ。ラストまで勢いが衰えない名盤です。】


◆BITTERNESS / The Final Declaration of the End (Swansongs for the Faithful)

1,100円

・盤質:A ドイツ STORMHUNTERのメンバーによるデス/メロデス’12年 5th 輸入盤  【スラッシーな爆走と重量感とドロドロ感のあるリフ、デス声直前のスラッシュ・メタル的シャウトを主体にした結構邪悪でアグレッシヴなデス・メタル。その一方でメロディックな叙情刻みリフと叙情リードも聴かせるTr.4、叙情味溢れるトレモロ・リフがブラストに乗って爆裂するTr.7等メロデス・ナンバーも収録。】


◆BEAUTIFUL CAFILLERY / It's Your Life It's Your Death

1,300円

・盤質:C チェコ テクニカル・デス・メタル’10年 3rd 輸入盤  【雰囲気的にはGIGAN辺りを思わせるところがありますが、あちらと違って曲が3分程度とコンパクトで、展開も少な目でリズムもあちらよりは大分ストレート。しかしながら、ブラスト・パートを主体にしつつ急に切り替わるビートや、要所で出てくる変拍子等ひねりのあるリズムは十分にテクニカルなデス・メタル。コンパクトでありつつスリリングな力作。】


◆BARBARITY / The Wish to Bleed

1,300円

・盤質:B ロシア デス・メタル’03年 1st 輸入盤  【篭って若干RAWな音質に、汚い重低音リフとガテラル・ヴォーカル、ブラスト疾走パートが主体で、その手のフリークであれば出音一発で「コレだ!!」と思うであろうめちゃめちゃオールド・スクールなデス・メタル。ロシアや欧州的なメロディックさや寒々しさ、叙情性や哀愁などは一切無く死臭が充満したUSデス・メタル直系なサウンド。】


◆BARBARIAN PROPHECIES / Condemned Land... The War Begins

1,300円

・盤質:A スペイン デス・メタル’09年 1st 輸入盤  【ドロドロ感のある邪悪な低音刻みリフを軸にメロディックなトレモロ・リフを併用するギター、ブラストと2ビートの疾走パートが主体ながらも捻りを加えてあるちょっとテクニカルなリズム、ガテラルとグロウルが飛び交うヴォーカルにより初期のKATAKLYSMを思わせるカオティックなオールド・スクール・デス・メタル作品。かなりの力作です。】


◆AZRATH-11 / Ov Tentacles and Spirals

1,300円

・盤質:C イタリア ブルータル・デス・メタル’13年 2nd 輸入盤  【鋭い演奏と音圧のあるサウンド・プロダクションでLOST SOUL辺りを思わせるような圧倒的ブルータリティで突進するブルデス。ドラムこそ超速で圧倒的でありながら、変にテクニカルなギミックを多用せず、またソロでもメロディアスになりすぎない破壊力と邪悪さ満点のブルータル・デスが聴きたい方にオススメの名盤!非常にカッコいいです!】


◆ASSESSOR / Stvanice

1,100円

・盤質:B チェコ デス/スラッシュ’12年 2nd 輸入盤  【22年ぶりの2ndフル!'88年という活動開始時期からも伝わるような、ダミ声でシャウトするヴォーカルと、ザクザク感のあるスラッシーなリフとドロドロした低音リフを使い分けるギター、2ビートでの疾走が主体のドラムによる、スラッシュ上がりのデス・メタル、或いはデス・メタル直前のスラッシュといった感じのサウンド。】


◆ARROGANZ / Tod & Teufel

1,100円

・盤質:C ドイツ デス・メタル’14年 3rd 輸入盤  【ミドル・パートで聴ける不穏なコードはブラック・メタル的ながら、グロウルや邪悪な刻みリフでの2ビート高速疾走、グチャグチャ感のあるギター・ソロ、スロー・パートでのへヴィ・リフはデス・メタル的なサウンド。そしてドゥーム・メタルのようなスローなパートも多めなので、デス・ドゥーム色も感じられるのが特徴。デス・メタルにほんのりブラック・メタル色と、幾分かのドゥーム色を加えたようなものが聴きたい方向け。】


◆ANATOMY OF I / Substratum

1,300円

・盤質:B オランダ (B)Steve DiGiorgio参加のテクデス’11年 1st 輸入盤  【(B)Steve DiGiorgio、(Ds)Dirk Verbeurenが参加しているテクデス。(Vo,G)Michael Dorrianなる人物のフックあるリフとメロディアスかつテクニカルなソロがガンガン曲を引っ張るテクデス。動きが激しいギターとユニゾンするベース、テクニカルなギター・ソロの数々、スリリングな展開で実にカッコいい名盤!】


◆AMONG GODS / Among Gods

1,100円

・盤質:B ノルウェー デス・メタル’12年 1st 輸入盤  【ドロドロした低音リフ主体のギター、野獣のようなグロウル、どっしりしたドラムによるオールド・スクール・スタイルのデス・メタル。リフには邪悪なメロディが宿っている辺り、US産よりも初期スウェディッシュ・デス等に近い音です。スローなパートも多めで、ブラストを使わないデス・メタルが好きな方にオススメ。】


▲BASTARD SAINTS / The Shape of My Will

1,100円

・盤質:S イタリア テクニカル・ブルデス’12年 1st 輸入盤  【高速ブラスト・パート主体にスラミングや休符等を交えたストップ & ゴーなスリリングな展開、ギャーギャー喚くグロウルを主体にゲボゲボなガテラルを併用するヴォーカル、ピッキング・ハーモニクスを随所にぶちこみつつ高速かつ動きの多いギター・リフ、スラッピングを繰り出すベースによるテクニカル・ブルデス。】


▲AVENGER OF BLOOD / On Slaying Grounds

1,100円

・盤質:S US デス/スラッシュ・メタル’16年 3rd 輸入盤  【ジャケットのイメージからするとスラッシュ・メタルですが、ヴォーカルはグロウル、ドロドロした低音のリフ主体にザクザクした刻みを絡めるギターと、全体的にはデス・メタル色の方が強いサウンド。2ビート主体に疾走するメロディックさの無い、スラッシュ・メタルが過激になってデス・メタル化したようなものが好きな方にオススメ。】


▲AIRLINES OF TERROR / Terror from the Air

1,100円

・盤質:B イタリア デス & ロール’15年 2nd 輸入盤  【ex:NOVEMBREのGiuseppe Orlando、Demian Cristianiらからなるバンド。変拍子がメインでありつつブラストもぶち込んでくるTr.1のようなテクニカル・デス系ナンバーもあれば、Tr.2のように軽快な2ビートで爆走するデスラッシュ的ナンバー、デス & ロールなノリのTr.6のような曲も収録された内容。ソロが何気に流麗でメロディアス。】


▲...OF CELESTIAL / Virgin Blood

1,100円

・盤質:C ウクライナ ゴシック・メロデス’11年 2nd 輸入盤  【ギター・ソロや疾走パートの割合が増え、前作よりもキーボードは目だたずメロデス色が強くなった印象です。テンポを急に切り替えたりする展開は相変わらずで、聴きごたえは十分。前作がゴシック色の強いゴシック・メロデスなら、今作はメロデス色が強いゴシック・メロデスといった感じの作風。】


▲...OF CELESTIAL / The Strange Infinity

1,100円

・盤質:B ウクライナ ゴシック・メロデス’09年 1st 輸入盤  【刻みリフ主体にトレモロ・リフも要所で駆使するギター、グロウル主体のヴォーカル、ミドル・パート主体にブラスト・ビートもウマく織り交ぜた起伏のあるプレイで聴かせるドラムによるメロディック・デスを下地に、キーボード・オーケストレーションを大々的にフィーチュアして荘厳で壮大な雰囲気を加えたゴシック・メロデス。】


▲ANORMA / Hellucination

1,300円

・盤質:S インドネシア メロディック・デス’12年 1st 輸入盤  【インドネシア産ながらアジア臭は一切無く、何も予備知識なしで聴けば多くの人がスウェーデン産?と答えるであろう、いわゆるイェテボリ系な'90年代メロデスを継承したサウンド。あ〜、IN FLAMESマジで好きなんだろうなぁっていうのが伝わってきます。個性は無いですが高品質。疾走感を抑えた叙情メロデスが好きな方にオススメ。】


▲ALL I COULD BLEED / Burying the Past

1,100円

・盤質:S ロシア 女性ヴォーカル・メロデス’11年 1st 輸入盤  【アグレッシヴなグロウルを聴かせる女性ヴォーカル、時にキラキラと、時にふわ〜っとした音でバックを彩るキーボードが印象的なメロディック・デス。ただ、起伏のある構成をしていつつもミドル・パートが主体で、ギター・リフも正統派/パワー・メタル寄り。ギターからはロシア産らしいメランコリックさも漂います。】


▲AETERNUS PROPHET / Exclusion of Non-Dominated Material(Виключення以下略)

1,100円

・盤質:S ウクライナ 遅いデス・メタル’16年 2nd 輸入盤  【遅いブラスト・ビート(笑)を一部の曲でちょっぴり繰り出すくらいで頑ななまでに疾走したがらないのが大きな特徴。ミドル・テンポのどっしりしたドラムのリズムとへヴィなリフに合わせてシャウトする様はグルーヴィで、ある意味キャッチーでもあるデス・メタル。ドゥーム/ストーナーともリフの質感が違う、まさにミドル主体のデス・メタル。】


▲URSHURARK / Pandemonium Theory

1,100円

・盤質:B イタリア ゴシック・メロデス’04年 2nd 輸入盤  【'90年代初頭のデス・メタルのようなちょっとモコモコした質感のサウンド・プロダクションで、ギュボギュボと汚く刻まれる低音リフと、それとは裏腹にメロディックなトレモロ・リフやリード・ギター、電子音系で儚さやストリングス系で荘厳さを醸し出すキーボード、ガテラル寄りなグロウルを聴かせるヴォーカルによるゴシック・メロデス。】


▲SHTURM / Karmaruna

1,100円

・盤質:B ロシア クサメロデス/メタルコア’12年 3rd 輸入盤  【ヴォーカルにメタルコア要素も感じられるアグレッシヴでモダンなメロディック・デスに、要所でメロパワ/メロスピ的なリフやクサメロを絡めてくるものが聴いてみたい方にオススメ。デス/ハードコア要素があるものの、総合的には疾走感に溢れる上にメロディックで結構クサいので、疾走クサメロ好きに試しに聴いてみてほしい1枚です。】


▲ENTROSPECT / Inverse Polarity

1,300円

・盤質:A チリ デス・メタル’13年 1st 輸入盤  【カッチリしたデス・メタル・サウンドを軸に、ブラック・メタル色やメロディアスでテクニカルなギター・ソロを加えたようなものが聴いてみたい方にオススメ。ブルデスというほどブルータルではなく、メロデスというほどメロディアス過ぎないというバランス。コレはカッコいいです。保管しづらいケースのみが難点…。】


▲VORUM / Poisoned Void

1,300円

・盤質:S オーランド諸島 デス・メタル’13年 1st 輸入盤  【非常に汚い低音トレモロ・リフや刻みリフを纏って疾走するUS産オールド・スクール・デス・メタルを彷彿とするスタイル。7分間ひたすらオールド・スクール・デス・メタルをかましてくれるラストのTr.8まで充実の内容。暴力的な音と汚さが合わさったタイプのまさに死臭のするデス・メタルが好きな方にオススメ。】


▲USURPRESS / Ordained

1,100円

・盤質:S スウェーデン デス・メタル’14年 2nd 輸入盤  【邪悪なガテラル・ヴォーカル、ドロドロした低音リフ、スラッシュ・メタル譲りの高速2ビート主体のドラムによるオールド・スクール・デス・メタル然としたサウンドを基本に、曲によってはスローでドゥーミーなパートも盛り込んだ起伏のある展開で聴かせる内容。疾走時にブラストを使わない初期デス的サウンドが好きな方はぜひ。】


▲SYNAPSES / Devoutness

1,100円

・盤質:S イタリア テクニカル・ブルデス’15年 2nd 輸入盤  【ゴキバキブリブリした音の重低音ギター & ベースのテクニカルなリフはDjentを思わせる質感ながら、ブルデス的な高速ブラスト・パートとゴボっとしたガテラル・ヴォーカルもあるのが特徴的。Djent的なリズムのややこしさと、ブルデス的なストレートな暴力性が両方味わえるテクニカル・ブルデスが聴きたい方にオススメ。】


▲PRIME EVIL / Blood Curse Resurrection

1,300円

・盤質:S US デス・メタル’15年 1st 輸入盤  【'87年から活動していたバンドが活動停止期間も経て'15年にようやく出した1stフル。さすが'80年代後半から活動していただけあるなぁと思わせる、まさにスラッシュ・メタル上がりにデス・メタルといった感じのサウンドで、30年弱の時を経つつあの時代のサウンドをそのまま現代に持ってきてしまったような名作。】


▲NEVER TO ARISE / Gore Whores on the Killing Floor

1,100円

・盤質:S US ギターがテクいブルデス’12年 2nd 輸入盤  【ギターの動きはテクニカルですが、リズム面は比較的ストレートにブルータルですし、展開も性急ではないので聴きやすいのがポイント。無慈悲なブルータル・デスが基本でありつつ非常に流麗なギター・ソロも聴けるものが聴きたい方にオススメ。】


▲I, MACHINERY / A1

1,100円

・盤質:S ポルトガル djent/テクニカル・デス’12年 EP 輸入盤  【機械的な重低音リフと変拍子、グロウルとガテラルを併用するヴォーカルによるテクニカル・デス。ポリリズムは使っているかどうか自分には分かりませんが、とりあえず硬くてリズムがテクニカルで不穏なサウンドが要所で出てくるので、djentが好きな方にオススメ。】


▲HEADMEAT / Mass Sociogenic Illness

1,300円

・盤質:S ベルギー キーボード入りブルデス’05年 1st 輸入盤  【キーボード入りの6人編成バンド。キーボード入りと言っても、メロデス寄りなサウンドではなく、重低音ガテラル・ヴォーカルとドロドロした低音ギター・リフと高速ビートに邪悪かつ不穏なオーケストラ・サウンドを要所で纏わせたブルータル・デス・メタル・サウンド。煉獄の炎を思わせるような地獄のデス・メタルです。】


▲GRAZED / Neandertal

1,100円

・盤質:S フランス スラッシュ/デス・メタル’12年 3rd 輸入盤  【低音の刻みリフ主体のギター、汚い掠れ低音デス声ヴォーカル、2ビートとブラスト主体のドラムによるスラッシュ/デス・メタル。曲によってはブラスト中心でデス・メタルらしく、曲によっては2ビートでスラッシュ・メタル、ハードコア色が強いといった感じです。】


▲THE GLORIOUS DEATH / The Glorious Death

1,300円

・盤質:S US デス・メタル’13年 1st 輸入盤  【ドロドロした低音リフ主体のギターと少し篭り気味の音質はオールド・スクール・デス・メタルな感じですが、そのギターに邪悪なメロディが漂っているあたりがUS産というよりはむしろスウェーデン産の初期デス・メタルに近い質感であるところが特徴。まさにデス・メタル!な非常にカッコいい作品です。】


▲DYING / Bizarre and Bloody Tales (Director's Cut)

1,300円

・盤質:S チリ デス・メタル’10年 1st 輸入盤  【イモなジャケに反してクリアで厚みのある音質と安定感抜群の演奏が素晴らしいデス・メタル。デス・メタルらしい疾走感あるサウンドと低音のリフを軸にしながら、流麗でメロディアスなギター・ソロやメロディックなリフも程よく交えた内容なので、メロデス好きにもオススメな1枚。程よくメロいデス・メタルが好きな方にオススメ。】


▲BALAM AKAB / Sacrificio

1,100円

・盤質:S メキシコ ブラック/デス’10年 2nd 輸入盤  【ブラスト・ビートと2ビート中心の疾走感あるドラムによるブルータルなサウンドを軸に、掠れデス声とゴツいグロウルを切り替えるヴォーカルと、邪悪な低〜中音域のトレモロ・リフが主体のギターでデスとブラックの中間みたいなサウンドの作品。デス・メタルとブラック・メタルの中間みたいなサウンドが好きな方にオススメ。】


▲UNHOLY / New Life Behind Closed Eyes

1,200円

・盤質:S US メタルコア’09年 2nd 輸入盤  【ザクザクした低音刻みリフ主体にところどころでワウのかかったエフェクティヴなフレーズを飛ばしたり、ソロも聴かせるギター、地声成分の残ったデス声で叫ぶヴォーカル、タイトなドラムによる安定感あるメタルコア。ビートダウンもあまり強烈ではないし、曲の長さも3〜4分と普通で聴きやすい作品です。】


▲TURBID NORTH / Orogeny

1,300円

・盤質:S US テクニカル・デス’11年 2nd 輸入盤  【テクニカルさがありつつも過剰に難解ではないのが特徴で、リスナーがまだついていける程度にテクニカルなデス・メタル。そして特筆すべきは非常に流麗でメロディアスかつテクニカルなギター・ソロの数々。SPAWN OF POSSESSION、GOROD等のようなテクデスから性急さや難解さを和らげたようなものが聴きたい方にオススメ。】


▲THE SOULS UNREST / The Souls Unrest

1,300円

・盤質:S US テクニカル・エクストリーム・メタル’06年 1st 輸入盤  【グロウル・スタイルのヴォーカル、動きが多いへヴィな轟音ギター・リフ、スロー・パートが主体ながらも手数、足数が非常に多いドラム、変拍子を駆使したテクニカルなリズムが印象的なスラッジ辺りが下地に感じられるテクニカル・エクストリーム・メタル。3〜5分と曲は短めですが圧倒的音数で迫ってきます。】


▲SEEDS OF SORROW / Immortal Junkies

1,200円

・盤質:S オーストリア ちょいテク・デス・メタル’03年 3rd 輸入盤  【硬く重いドラムの音にドロドロしたリフ、邪悪なガテラル・ヴォーカルのデス・メタルを下地に、変拍子等を軽く駆使したリズムにメロディアスなギター・ソロが入るサウンド。リズムが凝っている反面ミドル/スロー・パートが主体で、疾走パートは一部に限ります。複雑すぎない程度にリズムがテクニカルなデス・メタルが聴きたい方にオススメ。】


▲THE RED DEATH / Godmakers

1,200円

・盤質:S US メタルコア’08年 2nd 輸入盤  【動きの激しい邪悪かつテクニカルでメロディックな低音刻みリフ主体のギターに、ブラスト・ビート主体のドラムによるデス・メタル/メタルコア。スクリーム・スタイルのヴォーカルこそメタルコアですが、ビートダウンの落としぶりはそんなに強烈ではなく全体的に疾走感強めなので、むしろデス・メタル好きにオススメな内容です。】


▲PROJECT: FAILING FLESH / The Conjoined

1,200円

・盤質:S US Eric Forest参加のテクニカル・エクストリーム・メタル ’07年 2nd 輸入盤  【E-FORCE、ex:VOIVODのEric Forrest(Vo)が参加。動きの多くテクニカルかつへヴィな刻みギター・リフに、不穏で不気味なキーボードをフィーチュアしたエクストリーム・メタル。変拍子を駆使したリズム面も不気味さを助長してきます。リズム面がテクニカルでダークなエクストリーム・メタルが聴きたい方にオススメ。】


▲KNIGHTS OF THE ABYSS / Juggernaut

1,200円

・盤質:S US デスコア’07年 1st 輸入盤  【ギター・リフはメロデス的ではなく、ドロドロしたデス・メタル的な質感のものがメインで、ブラスト・パートとかなり遅めのビートダウン・パートを切り替える展開が王道的なデスコア。メロディックさ控えめのデス・メタル下地のサウンドでありつつ、ブラストとビートダウンとの極端な落差があるようなデスコアが好きな方にオススメ。】


▲KINETIC / Corrosion

1,300円

・盤質:S ギリシャ メロディック・デス’07年 2nd 輸入盤  【前作より疾走感とクサさが控えめになったものの、女性ヴォーカルやキーボーディストが加わってメロディアスな場面は総合的には増えた印象。ACID DEATHの実力派のリズム隊のプレイはもちろん、硬質な刻みとクサくメロディアスでテクニカルなソロとのメリハリがついたギターも素晴らしいです。個性的でありつつ難解ではないメロデス。】


▲HATEFUL / Epilogue Of Masquerade

1,300円

・盤質:S イタリア テクニカル・デス’13年 2nd 輸入盤  【ほとんどの曲が2分半程度というコンパクトさながらも、目まぐるしく次々に展開していく曲の数々はインパクト大。2ビートとブラストの高速疾走主体に、テンポ・チェンジや変拍子等を絡めた疾走など実にハイテンションでテクニカルです。これくらいの音数の多さであれば実はこのくらいの長さでちょうどいいのかもしれません。名盤!】


▲FULL BLOWN CHAOS / Full Blown Chaos

1,200円

・盤質:S US メタルコア’11年 4th 輸入盤  【メロディックさ控えめのゴリッゴリのへヴィ・リフ主体のギター、グロウル・スタイルのヴォーカル、アップ・テンポ/疾走パートとビートダウン・パートを切り替える展開と、実に分かりやすい王道のメタルコア。メタルコアの中でもクリーン歌唱不使用、ギター・ソロ少な目のリフ重視の硬派なサウンドが好きな方にオススメ。】


▲THE ESOTERIC / With The Sureness Of Sleepwalking

1,200円

・盤質:S US メタルコア’05年 2nd 輸入盤  【ノイジーなへヴィ・リフとスクリーム・スタイルのヴォーカルからハードコア、スラッジコア的な要素を基本に感じさせるサウンド。そしてアクセントをズラしたテクニカルなリズムを多用するところが特徴で、場面によっては叙情性を感じさせるコードやフレーズもウマく導入したサウンド。THE OCEAN辺りが好きな方にオススメ。】


▲ERADICATION / Dreams Of Reality

1,300円

・盤質:S UK メロディック・デス’10年 1st 輸入盤  【甲高いスクリームとグロウルを使い分けるヴォーカル、ザクザクしつつメロディックなリフを刻み込むギターによるメロデス。ギターがバッキングにソロにカッコいいので、ギターが目立つメロデスが好きな方にオススメ。タッピングやスウィープ等を駆使した非常にテクニカルで流麗な速弾きが聴きどころ!トータルでも完成度の高い逸品!】


▲DYSANCHELY / Secrets Of The Sun

1,200円

・盤質:S スロヴァキア メロディック・デス・メタル’03年 3rd 輸入盤  【どことなくパンキッシュさのあるTr.1はそうでもないものの、Tr.2以降は叙情的なリフがガンガン飛び出してくるのが特徴で、特にTr.5の途中のブラスト & トレモロのクサさは強烈。疾走感はほどほどですが、叙情メロデス好きには是非とも聴いてみてほしい作品です。】


▲DARKNESS BEFORE DAWN / King's to You

1,200円

・盤質:S US メロディック・デス’09年 1st 輸入盤  【'90年代的な叙情メロデス・サウンドを継承しつつ、ビートダウン・パートもあってちょっぴりメタルコア色のあるメロデスが好きな方にオススメ。リフはそうでもないものの、ギター・ソロでの泣きの度合いも高めなので、リフはがっしりソロはメロディアスなメロデスが好きな方にもオススメ。】


▲CONVULSE / Evil Prevails

1,200円

・盤質:S フィンランド デス・メタル’13年 3rd 輸入盤  【音質こそ現代的にクリアになっていますが、ドラムのスネアの音の質感やスラッシュ・メタル的なザクザク感を残したギターのリフの音の質感はまさに'80年代末期〜'90年代初頭のあのサウンド。邪悪なリフを纏ったブラストや2ビートによる爆走パートからミドル・パートへの急激な切り替わりも正に初期デス・メタルっぽいです。】


▲CENTURY / Red Giant

1,200円

・盤質:S US メタルコア’11年作 輸入盤  【よりハードコア寄りになった地声成分多めのスクリーム主体のヴォーカル、疾走パートとビートダウン・パート切り替えるメタルコア・サウンド。THE MARS VOLTAみたいな歌メロを要所で入れてくるところも相変わらず。テクニカルなリズムを要所で駆使したサウンドでもありますが、前作よりはストレートな印象です。】


▲CENTURY / Black Ocean

1,200円

・盤質:S US メタルコア’08年作 輸入盤  【非常にズッシリとしていてかつ硬質なリフとリズム、ハードコア的なスクリームを基本にしつつ、変拍子等のテクニカルなリズムを絡めて突き進むメタルコア・サウンド。Tr.2のように部分的にエモいフレーズを入れてくる辺りが個性的です。へヴィなリフと凝ったリズムのサウンドが好きな方にオススメ。曲は3〜4分程度で聴きやすいです。】


▲ARMED FOR APOCALYPSE / Defeat

1,200円

・盤質:S US スラッジ・メタルコア’09年 1st 輸入盤  【ノイズ混じりのズッシリしたへヴィな轟音リフ、高速2ビートによる爆走から非常にスローなドゥーム・メタル的なリズム、そしてビートダウンまで幅広く速度を切り替えたり変拍子も飛び出すリズム面、ガテラルとスクリームを使い分けるヴォーカルによるスラッジ・メタルコア・サウンド。落差の激しいメタルコア・サウンドが好きな方にオススメ。】


▲UNDERDARK / In The Name Of Chaos

1,300円

・盤質:S ポーランド デス・メタル’10年 1st 輸入盤  【低音の刻みリフ、速弾き系のスリリングなリフ、メロディアスなフレーズにトレモロ・リフと多彩なバッキングを聴かせるギターと、ブラスト・メインの突進力のあるドラムによるデス・メタル。メロデスというほど全編が叙情的ではないながらも、王道のデス・メタルよりはメロディックなフレーズが多いといった感じのバランスのデス・メタル。】


▲UNDER EDEN / The Science Of Self-Defeat

1,300円

・盤質:S US メロディック・デス・’11年 2nd 輸入盤  【アグレッシヴな高速刻みリフを主体に叙情リフや邪悪なトレモロ・リフを適度に混ぜ、メロディアスなギター・ソロを決めるギターと、手数足数多く印象に残るリズム・パターンをたくさん聴かせてくれるドラムがカッコいいメロデス。全体的にアグレッシヴで非常にカッコいいメロデスなので、多くのリスナーにオススメの名作。】


▲THROUGH ART / Kamaswami

1,200円

・盤質:S セルビア モダン・メロデス’11年 1st 輸入盤  【チューニングを落とした重心の低いへヴィ・リフに、スウェディッシュ・デス直系なメロディックなフレーズを軽く絡めたリフ、ガテラルと野太いクリーン歌唱半々のヴォーカルによるメロデス。へヴィなリフ主体に、クリーン歌唱もあるようなモダン・メロデスが好きな方にオススメ。】


▲PREJUDICE / Megalomanic Infest

1,300円

・盤質:S ベルギー プログレッシヴ・ブルデス’09年 4th 輸入盤  【2ビート、ブラスト、グラヴィティ・ブラストの超高速ビートを頻繁に切り替え、変拍子を交え、唐突に休符が現れる、ストップ & ゴーしまくりの馬鹿みたいに複雑かつ高速な展開でリスナーそっちのけで突っ走る超絶テクニカル・ブルデス!ORIGIN、BRAIN DRILLなどが好きな方は是非とも聴いてみてください。】


▲LOTHLORIEN / The Primal Event

1,300円

・盤質:S スウェーデン メロディック・デス’98年 1st(唯一のスタジオ・フル) 輸入盤  【バッキングでも泣きのフレーズを連発するギターとそれを助長するキーボード、ミドル主体ながら疾走も交えた緩急ある展開で、叙情メロデス好きには絶対に聴いてみてほしい大名盤!全然メロデス…どころかデス・メタルっぽくもないジャケに反して中身は高品質王道叙情メロデスにキーボードが加わった実にドラマティックな傑作です!】


▲IN GRIEF / Deserted Soul

1,200円

・盤質:S ノルウェー テクニカル・メロデス’09年 1st 輸入盤  【6分半〜8分程度の少し長めの尺で少し凝った構成とテクニカルな速弾きソロ、変拍子等で聴かせるサウンド。ギターもキーボードも流麗な速弾きを聴かせてくれます。メロデスを下地にしつつ、そこに幾分かのテクニカルな要素を加えたようなドラマティックなものが聴きたい方にオススメ。サウンド・プロダクションも良好で完成度は高いです。】


▲HORRICANE / The Lynch Lawyers

1,200円

・盤質:S エストニア エクストリーム・メタル’05年 1st 輸入盤  【どれかといえばデス・メタル…というよりはエクストリーム・メタルといった方がしっくりくる感じのサウンド。スローでへヴィなパートとリフがメインの作風で、そこにキーボードの不穏なフレーズが乗っかり、リズム面がいくらかテクニカルなエクストリーム・メタルが聴きたい方にオススメ。】


▲DEATHFALL / Reborn

1,200円

・盤質:S オランダ スラッシュ/デス・メタル’07年 1st 輸入盤  【ヴォーカルがグロウル直前の地声ダミ声シャウトといった感じでスラッシュ・メタル寄りなところがまず特徴。スラッシュ・メタル的なクランチ―なリフを聴かせてくれますが、重低音ぶりはデス・メタル的な、デス・メタルとスラッシュ・メタルの中間的なサウンド。メロディックさが無くて、リフがザクザクしたデス/スラッシュが好きな方向け。】


▲DEATHCHAIN / Ritual Death Metal

1,300円

・盤質:S フィンランド デス・メタル’13年 6th 輸入盤  【2ビートとブラスト・ビートの高速疾走パートを主体にしたアグレッシヴなデス・メタル・サウンドは今作も変わらず。今作ではブラスト・ビートの割合が増えてスラッシーな感触が減っています。しかしながらブラストでの疾走がメインになったためより禍々しくブルータルに進化したサウンドは実にカッコいいです。】


▲CREMATORIUM / For All Our Sins...

1,200円

・盤質:S US デス・メタル/メタルコア’02年 2nd 輸入盤  【ずっしりした低音リフ主体のギターに、咆哮気味のグロウルを駆使するヴォーカルによるデス・メタル/メタルコア。曲によってはデス・メタル的で、曲によっては軽くビートダウンを駆使したメタルコア的な曲になるといった感じなので、デスコア…というよりはデス・メタル/メタルコアといった方が妥当なサウンド。へヴィで邪悪なリフ重視な方向け。】


▲COLD COLOURS / The Great Depression

1,200円

・盤質:S US メロディック・デス'11年 3rd 輸入盤  【グロウルを中心にパワフルなクリーン歌唱も聴かせるヴォーカル、刻みリフを主体に静のパートで叙情的なクリーン・アルペジオも聴かせるギターによるメロディック・デス・メタル。疾走感やアグレッシヴさよりも、メランコリックさや叙情性で聴かせるメロデスが好きな方にオススメ。クリーン歌唱がかなりいい声なのがポイントです。】


▲CANNAE / Gold Becomes Sacrifice

1,200円

・盤質:S US メロデス/メタルコア’05年 3rd 輸入盤  【リズムのアクセントや小節数にひねりを持たせたり、テンポを切り替えたりとさりげないテクニカルさで聴かせるメロディック・デス/メタルコア。邪悪さのあるメロディのギター・リフのカッコよさはもちろんのこと、手数足数がなかなか多いドラムもGood。ギター・ソロがせっかく流麗でカッコいいのに数曲しかないのが残念。】


▲8 FOOT SATIVA / Breed The Pain

1,200円

・盤質:S ニュージーランド メロディック・デス’04年 3rd 輸入盤  【ガテラル・ヴォーカルとグロウルの二つをメインに、ハードコア系のスクリームも使い分ける表情豊かなヴォーカル、低音刻みリフと叙情的な刻みリフを使い分けるギターによるメロデス。前作と比較するとリフが全体的に魅力的になって随分と成長したな〜と思わせてくれる1枚。幅広くメロデス・リスナーにオススメできるようになった力作!】


▲WOMB OF MAGGOTS / Life Odium

1,200円

・盤質:A ギリシャ グルーヴ/デス・メタル’02年 1st 輸入盤  【スラッシュ/パワー・メタル的な低音のザクザクした刻みリフを軸にしつつ、ヴォーカルはグロウル主体というグルーヴ/デス・メタル・サウンド。しかしそのサウンドはなかなかに多彩で、柔軟にキーボード・サウンドや、テクニカル・プレイなどを取り入れた良質なグルーヴ・メタル作品。】