メタルの小屋
ホーム マイアカウント お問い合わせ

会員専用ページ
ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
カートの中

» カートの中身を見る

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
商品カテゴリー
おすすめ商品
店長ブログ

店主からの一言


ご訪問誠にありがとうございます。

当店では海外から輸入した新品CDを取り扱っております。その性質上、日本のバンドの作品がほとんどなかったり、アンダーグラウンドな作品がメインなことから有名なバンドの作品はほとんどありません。地道に活動しているマイナーなバンドの作品を多めに取り揃えておりますので、そういったアーティストに興味のある方にはお楽しみいただけるのではと思います。作品の特徴で商品を探せるページもございますので、ぜひご覧くださいませ。

RSS ATOM

★GHOST MACHINERY / Haunting Remains

1,200円

型番 SRP.030
販売価格

1,200円

購入数


・盤質:B、その他状態:ジャケット噛み フィンランド メロディック・パワー・メタル’04年 1st 輸入盤


フィンランドのメロディック・パワー・メタル・バンドによる’04年1st。BURNING POINTの(Vo/G)のPete Ahonenによる別バンド。(Ds)にはこの後2006年からBURINIG POINTに加入するJussi Onteroが参加。なお、Jussiはキーボードも担当。

太目の中音域主体のヴォーカルとメロディアスな歌メロで聴かせるメロパワで、BURNING POINTとの差はそこまで大きくはないです。疾走感は強くはないながらも全13曲のうちTr.2、4、7、10といいところに疾走ナンバーが配置されているのがポイントでダレずに聴けます。スロー・ナンバーも叙情的で、ミドル・ナンバーも哀愁が強くメロディアスに仕上がっているのが魅力的です。

Peteによるアグレッシヴな高速ピッキング主体の速弾きソロも聴きごたえがあり、構築感もほどほどにあって速いだけでなくメロディアスに仕上がっているのがポイント。また、波の大きなビブラートも特徴的で心地よいです。ソロではクラシカル・フレーバーを感じさせる部分もあります。程よく導入されたキーボード・オーケストレーションでドラマティックさも感じさせる内容です。

疾走感よりもメロディアスさを重視する方にオススメのメロパワ。BURINIG POINTが好きな方なら是非聴いてみてほしいです。なお、Tr.12はGary MooreのOut in The Fieldsのカヴァーです。

【★・フィンランド・メロパワ・哀愁・叙情的・0・0】