メタルの宮殿
★アーティスト名、アルバム名を検索する時はA、B、Cで検索してください。例えばBURZUMの場合はBURZUMなら引っかかりますが、バーズムと検索しても引っかかりません。
ホーム マイアカウント お問い合わせ

会員専用ページ
ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
カートの中

» カートの中身を見る

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
商品カテゴリー
おすすめ商品
店長ブログ

店主:梶原 雄一


こんにちは!

メタル大好きな梶原と申します。上の画像は私の目ですw

元々レコード屋でアルバイト勤務をしていましたが、その経験を活かして個人でメタル専門の通販サイトを運営しております。たまに他のアルバイトとかを兼務しつつも(笑)おかげさまで5周年となりました!

開店当初は中古品を主に取り扱っておりましたが、現在では海外からの輸入品をメインにする方向にシフトしてきております。といいますのも、私自身が聴いたことのないマイナーな輸入盤というものを取り扱っていきたいと思っているからです。やはり海外のマイナーなレーベルやショップにはそういったタイトルがゴロゴロと転がっておりますので、それらを中心に紹介できればなと思っております。

これら海外からの輸入品を昨年2017年までは【新品】と表記しておりましたが、どうにも日本国内の本当に綺麗な新品とはコンディションの差が激しいので、【新品】表記をやめて【輸入品】とすることにいたしました。中古品ではございませんが、海外からケース無しで届いたり、開封状態で届いたりすることがほとんどなので結構傷みのあるものも多いです。それでもみんなが聴いたことが無いような地道に活動しているマイナーなバンドや個人メタラーの作品を聴いてみたい!という方にとっては面白いショップなのではないかなと思いますので、メジャーなメタルに飽きた方、最初からマイナー嗜好な方に特にチェックしてみていただきたいと思います(^ω^)

それでは、よろしくお願いいたします。

RSS ATOM

【新品/セール対象外】★SHIVER OF FRONTIER / Crystal in my heart

1,851円

型番 BLRC00103
定価 1,851円
販売価格

1,851円

購入数


当店限定特典付き!
:店主梶原が、(G)Akihiro氏にインタビューしたものを手作り小冊子としてお付けいたします。特典がご不要な場合は、その旨ご記載くださいませ。特に記載がない場合は特典をお付けいたしますのでご了承くださいませ。

内容は、EPの内容やバンドの活動内容は他の媒体でも語られることがあると思いますのでそちらはほどほどに、Akihiro氏が好きなメロパワ・バンドや、メロパワ以外のメタル内のジャンルで好きなもの等々を伺ってみました!彼の意外な一面が分かるかも!?

----------------------------------
日本のメロディック・パワー・メタル・バンドの'17年5曲入りEP。

すでに曲のストックがかなりあったということと、1stフルからなるべく間を空けずにリリースしたかったという意向から、EPでのリリースとなった今作。全メンバーが作曲に参加していますが、しっかりとシバフロ・カラーに合った曲を全曲披露してくれています。日本語詞メインの疾走感あるクサ・メロパワという路線は今作ももちろん変わっていません。

(G)Akihiro氏が高校の頃に作曲したものをアレンジしなおしたというTr.1から、疾走感とクサメロに満ち溢れたメロディック・パワー・メタルをガッツリ聴かせてくれます。彼のルーツが感じられる北欧的な若干冷たい質感と、哀愁に溢れたメロディは前作1stフルの延長上にあると言えます。

先行Demoで披露されたTr.2は(G)Hayate氏の曲。よりジャパメタ感のある曲で、GALNERYUSのEverlastingやThe Awakeningを思わせるような哀愁にヒロイックさが漂う熱いアップ・テンポ・ナンバーに仕上がっており、アルバム中でもキャッチーさやクサさはトップ・クラス!Tr.3は(Vo)Minaki氏が作った歌メロを基に(G)Akihiro氏が作曲した二人の共作と言える曲で、非常にキャッチーで哀愁に満ち溢れたサビメロ、緩やかに疾走するリズム、ハード・ロック・テイストのあるソロが印象的な曲です。

Tr.4はHayate氏による悲しさ溢れるバラード。疾走するTr.5の前に見事な配置と言える叙情スロー・バラードです。Tr.5はKouta氏による疾走ナンバー。彼らしい捻りのある展開と、ユニゾンなどのテクニカルなプレイ、クサいんだけれどもやっぱり捻りのあるメロディやコードなど聴きごたえ抜群の1曲です。これもTr.1に通じる冷たい質感がシバフロらしいなと思わせてくれます。

速い曲、遅い曲がバランスよくなるように配分したという(G)Akihiro氏の言葉通り、収録曲のバランスや配置のバランスは完璧。まさにこの並びでしょう!と言いたくなる内容です。前作1stが気に入った方には是非とも聴いてみていただきたい充実のEP。1stフルがまだの方は是非とも両方聴いてみていただきたいです。