メタルの小屋
ホーム マイアカウント お問い合わせ

会員専用ページ
ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
カートの中

» カートの中身を見る

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
商品カテゴリー
おすすめ商品
店長ブログ

店主からの一言


ご訪問誠にありがとうございます。

当店では海外から輸入した新品CDを取り扱っております。その性質上、日本のバンドの作品がほとんどなかったり、アンダーグラウンドな作品がメインなことから有名なバンドの作品はほとんどありません。地道に活動しているマイナーなバンドの作品を多めに取り揃えておりますので、そういったアーティストに興味のある方にはお楽しみいただけるのではと思います。作品の特徴で商品を探せるページもございますので、ぜひご覧くださいませ。

RSS ATOM

■ENDIMION / Cancion desde la voz primera

1,500円

型番 EW-009
販売価格

1,500円

購入数


・盤質:A、その他状態: チリ メランコリック・デス・ドゥーム’11年 1st 輸入盤 


チリのメランコリック・デス・ドゥーム・バンドの’11年1st。


Tr.1や2を聴いた感じだと、「ん?ギターが随分と哀愁漂っているな。リフがちょっぴり勇壮な感じだな」と、ちょっと悲しい遅いメロデス程度にしか思いませんが、Tr.3辺りから悲しみやへヴィさが強まってきて後半にはもはやフューネラル・ドゥームと言ってもいいくらいの壮絶な悲しみを発散するサウンドになるのが特徴のメランコリック・デス・ドゥーム。スローなパートを主体に時折ブラスト・ビートを決めてきたりもしますが、それよりもスローなパートの中でもさらに遅い激遅パートへ切り替わる展開が印象的な作品。


ヴォーカルもグロウルを軸に、よりスローなパートでは沈み込むようなガテラル・ヴォイスで絶望感を強烈に煽ってきます。ひたすらにギターが超悲しいラストTr.8では泣きそうな声での低音朗唱も披露。MY DYING BRIDEのヴォーカルを思わせるほどの悲壮感漂う朗唱に圧倒されます。悲しみが特に強いTr.4、6、7辺りが大きな聴きどころで、曲の長さこそ5分程度が基本とこのテのジャンルにしては短めですが、メランコリックなドゥーム・メタルや初期のデス・メタル色のあるゴシック・メタル、そしてフューネラル・ドゥーム好きにも是非とも聴いてみてほしい超悲しいスロー・サウンド。


へヴィすぎず、長すぎずでこのテのジャンルにしては聴きやすさがあるので、悲しくて遅いのが好きな方にとてもオススメの名盤。難点を強いていうなら、スローなパートが主体のため速いリズムに慣れていないのか、疾走パートでドラムが不安定ですw【■、オススメ:ゴシック/ドゥーム・チリ・メランコリック・デス・ドゥーム・スロー・とても悲しい・フューネラル・・絶望的】