メタルの宮殿
★アーティスト名、アルバム名を検索する時はA、B、Cで検索してください。例えばBURZUMの場合はBURZUMなら引っかかりますが、バーズムと検索しても引っかかりません。
ホーム マイアカウント お問い合わせ

★ECLIPTIC SUNSET / Of Torment and Grief

1,300円

型番 F1006
販売価格

1,300円

購入数


【新品】・盤質:C、その他状態:円周キズあり アルゼンチン 個性派ブラック・メタル’06年 2nd 輸入盤 


アルゼンチンの個性派ブラック・メタル・バンドの’06年2nd。クリーン・ヴォーカル、ヴァイオリン、チェロなどのゲストを加えて制作。


薄っぺらくて篭ってモヤモヤした音質のブラック・メタルが下地になっているサウンドでありつつ、上空をキーボード・オーケストレーションがふわ〜っと舞い、要所でゲストのストリングスのメロディが響き渡るゴシカルでメランコリックなところが特徴的なブラック・メタル。さらに、音質に反して演奏面は充実しており、寒々しいトレモロ・リフとデス・メタリックな低音リフを聴かせるギターに、手数多くブラスト爆走しながら高速2バス連打も決め、多彩な2バス・ワークもカッコいいドラム等聴きごたえは十分。


また、テンポ・チェンジやリズム・チェンジのある展開に、ゴシカルな静とブラストの動を対比させた展開、さらに変拍子の使用と、これまた音質に反して曲の方もかなり凝っているのがポイント。爆走パートよりはスローなパートの方が多めですが、スローなパートでも高速2バス連打を聴かせるドラムがなかなか強烈。それでいて8〜9分の曲はTr.1と3のみで、曲の長さは5分程度と普通であるにも関わらず、展開が多めというのが特徴的です。


5分程度ながら起伏が激しく邪悪さ強めのTr.2や、アンビエンティッシュなキーボードっとストリングスの妖しいメロディがA FOREST OF STARS辺りを思わせるようなTr.6が聴きどころ。さらに、笛等が入ったメディエヴァル・フォーク的ナンバーTr.7や、キーボードによる悲しいインストTr.8のような曲も収録した作品。邪悪なパートとゴシカルでメランコリックで妖しげなパートを切り替えて巧みに聴かせる個性派のブラック・メタルが聴きたい方にオススメ。