メタルの小屋
ホーム マイアカウント お問い合わせ

会員専用ページ
ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
カートの中

» カートの中身を見る

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
商品カテゴリー
おすすめ商品
店長ブログ

店主からの一言


ご訪問誠にありがとうございます。

当店では海外から輸入した新品CDを取り扱っております。その性質上、日本のバンドの作品がほとんどなかったり、アンダーグラウンドな作品がメインなことから有名なバンドの作品はほとんどありません。地道に活動しているマイナーなバンドの作品を多めに取り揃えておりますので、そういったアーティストに興味のある方にはお楽しみいただけるのではと思います。作品の特徴で商品を探せるページもございますので、ぜひご覧くださいませ。

RSS ATOM

■HEDON CRIES / Affliction's Fiction

1,600円

型番 SR-0056
販売価格

1,600円

購入数


・盤質:B、その他状態:デジパック ギリシャ ゴシック・メタル’07年 2nd 輸入盤 


ギリシャのゴシック・メタル・バンドの’07年2nd。


儚く耽美で悲しいキーボード・オーケストレーション、泣き要素の強いギター、スロー/ミドル・テンポ中心のリズムの上を絶望感の強いガテラル・ヴォーカルが乗っかるゴシック・メタル・サウンド。すでにモダンでメランコリックな歌メロ重視のゴシック・サウンド台頭している時期ですが、このバンドのサウンドは'90年代ゴシック・メタル直系で実に耽美で今作も1stと変わらぬ路線であるばかりかさらに深化しています。


力無くアンニュイな低音クリーン歌唱に、泣きまくりのギターが出だしから炸裂するTr.1からそのインパクトは大。静の前半から慟哭の動の後半の展開も強烈。基本はスローなサウンドですが、Tr.2のように爆走ブラスト・パートを配した展開の曲、Tr.3のように高速スネア裏打ち爆走のメロデス的パートを軸にしたゴシック/メロデス的な曲も静のパートの慟哭ぶりが際立っていて聴きどころ。インスト主体のTr.5も実に耽美。


前作との違いは、疾走もしくはアップ・テンポなパートがかなり増えているということ。ほとんどの曲にスロー・パートと疾走パートの切り替わりがあって、静と動の対比が設けられているのが大きな特徴です。そのため、ゴシック・メタルと言ってよかった前作と比較すると、ゴシック・メロデスといったサウンドにシフトしていると言えます。


ただ、前作から変わらない泣き要素の強いギターに儚げなキーボード・オーケストレーションといった要素は一切変わっていないので、よほどブラスト爆走とかが嫌いでなければ前作が好きな方には是非とも今作も聴いてみてほしいです。慟哭のゴシック・メタル・サウンドに、アグレッシヴな泣きのメロデス要素が加わった今作…やはりその衝撃度は大きいです。【■、オススメ:ゴシック/ドゥーム・ギリシャ・90年代的・アンニュイ・メロデス・メロディック・とても悲しい・泣きギター】