メタルの宮殿
★アーティスト名、アルバム名を検索する時はA、B、Cで検索してください。例えばBURZUMの場合はBURZUMなら引っかかりますが、バーズムと検索しても引っかかりません。
ホーム マイアカウント お問い合わせ

会員専用ページ
ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
カートの中

» カートの中身を見る

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
商品カテゴリー
おすすめ商品
店長ブログ

店主:梶原 雄一


こんにちは!

メタル大好きな梶原と申します。

元々レコード屋でアルバイト勤務をしていましたが、その経験を活かして個人でメタル専門の通販サイトを運営しております。たまに他のアルバイトとかを兼務しつつも(笑)おかげさまで5周年となりました!

開店当初は中古品を主に取り扱っておりましたが、2018年9月17日より海外から仕入れた輸入品のみとなりました。

海外からの輸入品は中古品ではございませんが、海外からケース無しで届いたり、開封状態で届いたりすることがほとんどなので結構傷みのあるものも多いです。それでもみんなが聴いたことが無いような地道に活動しているマイナーなバンドや個人メタラーの作品を聴いてみたい!という方にとっては面白いショップなのではないかなと思いますので、メジャーなメタルに飽きた方、最初からマイナー嗜好な方に特にチェックしてみていただきたいと思います(^ω^)

それでは、よろしくお願いいたします。

RSS ATOM
★2018年9月16日 新入荷商品【ブラック・メタル中心に30点ほど】
並び順を変更»新着順 ■入荷が古い順 ■価格順


★LEICHENZUG/PAGAN FLAME / The Flaming Return of Hyperborean Wrath

2,000円

・盤質:A ドイツ の独りブラックと、カナダのペイガン・ブラックによる’13年 Split盤(2バンドで56分弱) 輸入盤  【Tr.1〜5まではカナダのペイガン・ブラック、PAGAN FLAME。メロブラを基本に曲によっては朗唱も聴かせてドラマティックに聴かせるスタイル。Tr.6以降はドイツのLEICHENZUG。こちらもメロブラが基本になっており、PAGAN FLAMEよりも叙情性は強め。Tr.9のようにメロデス的なノリの曲もあり。メロブラ好きに聴いてみてほしいSplit盤。】


★LEGIO INFERI / Tragedias do Infinito Nascer

2,000円

SOLD OUT

・盤質:A ブラジル ディプレッシヴ・ブラック’14年 1st 輸入盤  【悲痛な絶叫を上げるヴォーカル、疾走パートとギターのアルペジオやコード以外響かない空しく悲しいパートを切り替える展開、悲しみ溢れるメロディのトレモロ・リフ等、まさに死にたさやこの世への恨みに溢れたサウンドのディプレッシヴ・ブラック。曲の構成もしっかりしているので雰囲気だけではなく演奏面もしっかりしたディプレッシヴ・ブラックが好きな方にオススメ。】


★LEBENSGEFAHR / Tunes from the Edge

2,000円

SOLD OUT

・盤質:A スウェーデン アトモスフェリック・ディプレッシヴ・ブラック’17年 編集盤 輸入盤  【儚げなギターの単音フレーズや、軽めのコードによるバッキングによる透明感と浮遊感のあるポスト・ブラック的なアトモスフェリックなサウンドが軸ながら、ヴォーカルは悲しみに溢れた絶叫を繰り返すディプレッシヴ・ブラック。優しいサウンドがかえって孤独感や絶望感を助長するGreatなディプレッシヴ・ブラックです。各アルバムやDemo音源等から抜粋されたベスト・アルバム的な編集盤。】


★LATRODECTUS / Darkened Abyss

1,500円

・盤質:A フランス シンフォニック・ブラック’01年 EP(4曲入/20分ほど) 輸入盤  【キラキラしたピアノの音やフワ〜っとしたキーボード・オーケストレーション、テンポの切り替えやビートの切り替えでドラマティックさを呼ぶ展開、甲高くか細いながらも切れ味のある掠れデス声を聴かせるヴォーカルによるクウォリティの高いシンフォニック・ブラック。疾走感こそほどほどですが、アグレッシヴかつドラマティックなTr.1から聴いて損無しの佳曲。クサすぎないシンフォ・ブラックが好きな方はぜひ。】


★LATRODECTUS / Altered Flesh

2,300円

・盤質:B フランス シンフォニック・ブラック’03年 1st(唯一のスタジオ・フル) 輸入盤  【前作EPはキーボード・オーケストレーションが曲をガンガン引っ張っていくシンフォニック・ブラック・サウンドでしたが、今作はギターやドラムの方が目立つようになり骨太なシンフォニック・ブラックに進化したという印象。とはいえ、相変わらずキーボードが目立つ場面は多いですし、EP時代よりも輪郭がクッキリしているので総合的な質は向上。緩急ついた展開もより磨きがかかっていてGood!】


★LAST TYRANT / The End of the Holy Legacy

2,000円

・盤質:B コロンビア シンフォニック・ブラック’09年 1st 輸入盤  【少々朧気な音像の中をミドル/スロー・パートを軸に疾走パートを絡めた展開で突き進み、フワ〜っとしたキーボード・オーケストレーションが周りを包み込むようにして広がっていくシンフォニック・ブラック・メタル。ギターはキャッチーさのあるトレモロ・リフを駆使しつつも叙情性は控えめで、オーケストレーションも荘厳な雰囲気なものがメインのため、プリブラ下地のクサくないシンフォニック・ブラックが聴きたい方にオススメ。】


★LALSSU / The Death of a Star

2,000円

・盤質:B ブラジル 独りブラック’16年 1st 輸入盤  【アンビエントを駆使したアトモスフェリックさがあったり、悲しいトレモロ・リフを駆使したりするメロディックでメランコリックなブラック・メタル。疾走パートもあって結構凝った作りであるところが魅力。】


★LACRIMAE / White Pest

2,000円

・盤質:C メキシコ メロディック・ブラック’09年 3rd 輸入盤  【キーボードがかなり目立つメロディック・ブラックで、ドラマティックでありつつも、若干モヤモヤしてノイジーさもあるサウンド・プロダクションにより、どことなくノスタルジックさも感じさせるのがポイント。疾走感が低い方ではありますが、キラキラ & 壮大なキーボード・オーケストレーションが大々的にフィーチュアされたメロディック/シンフォニック・ブラック系が好きな方にオススメ。】


★LABYRINTH SPELL / Mountains Enthroned

2,000円

・盤質:A ブラジル 薄メロ・プリブラ/ペイガン・ブラック’13年 1st 輸入盤  【寒々しく薄らメロディックかつシンプルなフレーズのトレモロ・リフ、バタバタと単調に疾走するドラム、恨みが篭っていそうな掠れデス声によるDARKTHRONEを思わせるプリブラを軸にしつつキーボードが入った展開も見せるTr.1のような曲もあれば、儚げなトレモロ・リフが郷愁を感じさせるペイガン・ブラック寄りなTr.2のような叙情的な曲も収録した内容。薄メロ・プリブラが好きな方にオススメ。Tr.2は名曲!】


★KVALVAAG / Noema

2,000円

・盤質:A ノルウェー ブラック・メタル’14年 1st 輸入盤  【ノイジーで邪悪なリフ、薄らとかぶさってくる不穏で冷たい質感のキーボード、軽やかに疾走するパートを軸にしたドラム、掠れデス声により1stの頃のEMPERORをどことなく思わせるブラック・メタル。疾走パートとスロー・パートを切り替える起伏のある展開がよく練られている点も初期EMPERORを思わせるところです。2nd以降よりも1stの頃のシンフォニックさはまだ控えめだったEMPERORが好きな方にオススメ。】


★KURHAN / Glod

2,000円

・盤質:B ポーランド ファスト・デス/ブラック’15年 1st 輸入盤  【地声成分多めのスラッシュ・メタル寄りなイカついシャウトを聴かせるヴォーカル、邪悪でドロドロした低音リフと薄ら悲しくメロディックなトレモロ・リフを使い分けるギターとベース、ブラック・メタル的なブラスト主体のブルータルなドラムによる、デス・メタル要素もありのデス/ブラック・メタルといった感じの内容。とにかく爆走パートが多いのでファスト・ブラック等が好きな方にオススメ。】


★KUOLEMAN NYPLAAJAT / Seksikas Kuoleman Leiri

1,500円

・盤質:B 多国籍 デス/ブラック’15年 demo 輸入盤  【ガテラル・ヴォーカルと低音のリフ主体に突き進むデス・メタルのあるブラック・メタル。不気味なメロディのギター・ソロも印象的。demo扱いですが音質面も演奏面もとてもしっかりしているので普通にEPとして聴ける内容です。】


★KRIEG FILOSOPHY / Krieg Filosophy

2,000円

・盤質:A ブラジル ディプレッシヴ・ブラック’15年 1st 輸入盤  【メタル色のほぼ無い陰鬱なサウンドをバックに絶叫するTr.2のようなディプレッシヴ・ナンバーもあれば、Tr.3のように疾走パートを軸にしつつ陰鬱なスロー・パートを挟むナンバーもありの内容。Rawな音質でかつ生気が薄めのヴォーカル、陰鬱なフレーズ主体のサウンドにより総合的にはディプレッシヴ・ブラック色の強い1枚。】


★KRATHERION / Mantra Lucifer Flagelantes

2,000円

・盤質:B チリ ブラック・メタル’13年 2nd 輸入盤  【音圧のあるサウンド・プロダクションに、太目のイカつい高音絶叫シャウトとグロウル寄りなデス声を聴かせるハイテンションなヴォーカルが印象的。ブラスト爆走時の高速っぷりもかなりのもので、ラストのTr.9には圧倒されます。全体的にはスピーディなパートが中心ながら、Tr.1からかなり計算されてしっかりと作られた曲を聴かせてくれます。ブラック・メタルの中でも音圧がきちんとあるものが好きな方にオススメ。】


★KRADA / I Am Fire(Аз есьм огонь!)

2,000円

・盤質:B ロシア ペイガン・ブラック’09年 2nd 輸入盤  【メロパワ/正統派メタル的なメロディックでクサいリフを軸にしたTr.1のような曲もあれば、バタバタしたブラスト・ビートと薄ら悲しいトレモロ・リフによるメロディック・ブラック的なTr.2のような曲も収録した作品。ともあれ、デス声が大丈夫であればクサメタル好きにオススメしたい作品。Tr.3のように笛が入る曲もありでフォーク・メタル的な側面もバッチリ。】


★KORIUM / Strazcovia hradu

2,000円

SOLD OUT

・盤質:A スロヴァキア 独りディプレッシヴ・ブラック’15年 3rd 輸入盤  【非常にモヤモヤした空間の中で長い尺で陰鬱さをひたすらに発散するタイプのディプレッシヴ・ブラック。スローなリズムと効果音的に薄らと響き渡る絶望感たっぷりの絶叫、シンプルかつ陰鬱なフレーズをひたすら反復するギターといった王道サウンド。要所に出てくる焦燥感を煽る疾走パートも効果的。】


★KOLP / The Valley of Plague

1,500円

SOLD OUT

・盤質:A ハンガリー ディプレッシヴ・ブラック’13年 EP 輸入盤  【泣きそうでありつつドスの効いたデス声で叫ぶヴォーカル、ノイズ成分が強烈でありつつ絶望感全開のフレーズを紡ぎ出し、分厚い動のリフと単音でよりストレートに悲しみを募らせる静のリフを聴かせるギター、スローなリズム主体に疾走も織り交ぜたドラムと演奏面の聴きどころも十分なディプレッシヴ・ブラック。4曲入りEPですが、非常にノイジーでありつつ悲しみ全開のTr.1からディプレッシヴ・ブラック好きなら聴いて損無しです。】


★KOLP / Cured but Not Healed

2,000円

SOLD OUT

・盤質:A ハンガリー ディプレッシヴ・ブラック’17年 3rd 輸入盤  【嘆くような悲しみを強く感じさせる叫びを聴かせるヴォーカル、焦燥感を煽るようなバタバタしたブラスト疾走と、不安感を強烈に煽るようなアルペジオ主体のスロー・パートを切り替える展開で聴かせるディプレッシヴ・ブラック。疾走感もあるプリブラ下地のディプレッシヴ・ブラックが好きな方にオススメ。】


★KOHORT / Christian Masquerade

2,000円

・盤質:A ポーランド ブラック・メタル’95年 1st(唯一のスタジオ・フル) 輸入盤  【ペラペラな音質、ノイジーかつシンプルで不穏なリフ、汚い掠れデス声によるプリミティヴ・ブラック。薄ら悲しみや絶望感を感じさせるトレモロ・リフを纏ってミドル・パートとバタバタしたブラスト疾走パートを切り替えて突き進むスタイル。まさにプリブラといった感じのものが好きな方にオススメ。】


★LAMMASHTA / The Pandemonium Begins Here

2,000円

・盤質:B ブラジル ブラック/デス’14年 2nd 輸入盤  【ザラついた不穏なアルペジオはブラック・メタル的ですが、低音のドロドロしたリフ主体のギターに、ガテラル・ヴォイス主体のヴォーカルでどちらかというとデス・メタルが軸になっているブラック/デス・サウンド。ブラストとスロー・パートを切り替える展開で突き進む曲をメインに、流麗なギター・ソロを聴かせる曲もあり。分厚い低音リフの壁がなかなかに強烈な1枚。】


★LACERATED AND CARBONIZED / Narcohell

2,000円

・盤質:A ブラジル ブルータル・デス’16年 3rd 輸入盤  【ブラスト・ビート主体に爆走するドラムと、低音の刻みリフが主体のデス・メタル。以前の作品よりも音質がクリアになり、ドラムもブラスト・ビートの速度が上昇し総合的にブルデスと言っていい内容に進化しています。アルバム後半こそ以前のようなスラッシュ・メタル色やギターにもメロディックなフレーズが出てきたり、速度を落とした展開や曲も出てきますが、高速ブラスト満載で勢いに溢れた名盤です!】


★LACERATED AND CARBONIZED / Homicidal Rapture

2,000円

・盤質:B ブラジル デス・メタル’11年 1st 輸入盤  【タイトなブラスト・ビートと高速2バス主体のドラム、低音の邪悪なリフを軸にしつつ時折メロデス的なメロディックさのあるリフやトレモロ・リフに、カッチリとありつつもメロディアスになりすぎないスラッシュ・メタル的なソロを聴かせるギター、迫力のあるガテラル・ヴォーカルが印象的なデス・メタル。幾分スラッシュ・メタル要素のあるデス・メタルが好きな方にオススメ。】


★KRIGERE WOLF / Sacrifice to Valaskjalf

2,000円

・盤質:A イタリア ブラック・メタル’14年 2nd 輸入盤  【邪悪さとほんのり勇壮さを感じさせるメロディのトレモロ・リフとコードが'90年代前半〜中盤くらいのENSLAVED辺りを思わせるブラック・メタル。アグレッシヴな掠れデス声に、手数が非常に多い上にとてもタイトなドラムも聴きどころ。特にドラムは足技も多彩で聴きごたえ抜群です。】


★KRENAK / Decimation

2,000円

・盤質:B ブラジル デス・メタル’12年 1st 輸入盤  【ドロドロしつつ邪悪なメロディも感じさせる低音トレモロ・リフや鋭い高速刻みリフ主体のギター、迫力のグロウル、高速2バス連打を随所で聴かせブラスト主体のアグレッシヴなドラムによるデス・メタル。音質もクリアでしっかりと音圧もあり、総合的にMORBID ANGELを思わせるようなサウンド。】


★KRATORNAS / Devoured by Damnation

1,800円

・盤質:B フィリピン ブラッケンド・グラインド’16年 3rd 輸入盤  【ブラック・メタルが基本ながら、グラインドコアばりの超速爆走ブラストがさく裂するのが特徴的。ブラスト・ビートの尋常じゃない速さでとてもブルータルです。】


★KRAANIUM / Chronicles of Perversion

2,000円

・盤質:A ノルウェー デス・メタル’15年 4th 輸入盤  【重低音のスロー・パートと怒涛の高速ブラスト & 2ビートのパートを切り替えながら進むデス・メタル。何を言っているのかさっぱりなゲロッゲロなガテラル・ヴォーカルも印象的。ドロドロした低音リフ主体のデス・メタルが好きな方にオススメ。】


★KONKHRA / Sexual Affective Disorder

2,000円

SOLD OUT

・盤質:B デンマーク デス・メタル’93年 1st 輸入盤  【'90年代らしいノイズの入り混じった鋭角的な刻みギター・リフと、高音絶叫系とグロウルが切り替わるヴォーカル、高速2ビート主体に複雑すぎない程度にひねりの効いた起伏のあるリズムと展開が印象的な王道デス・メタル。】


★KILLCHAIN / Where Is Your Saviour

2,000円

・盤質:A スロヴァキア ブルータル・デス’13年 3rd 輸入盤  【怒涛の高速リフと高速ブラスト主体に突っ走るブルータル・デス。ブルデスの中でもそこまで展開が目まぐるしく無く、比較的ストレートにブルータリティを発散するものが好きな方にオススメ。】


★KHROPHUS / Eyes of Madness

2,000円

・盤質:A ブラジル テクニカル・デス’13年 3rd 輸入盤  【ミドル、シャッフル、3連ブラスト、ブラストと多彩に目まぐるしく切り替わるドラム、不規則な小節数で先の読めない展開、激しく高速で動き回るギターとベースのリフ、重低音ガテラル・ヴォーカルによるテクニカル・ブルデス。】


★KONGH / Sole Creation

2,000円

・盤質:A スウェーデン アトモスフェリック・スラッジ/ドゥーム’13年 3rd 輸入盤  【非常にスローなリズム主体でありつつ要所でテクニカルなフレーズを聴かせるドラム、非常にヘヴィなリフとエフェクティヴな音響でアトモスフェリックかつサイケデリックなフレーズを使い分けるギター、低〜高音域までカバーしつつ要所でグロウルも聴かせるヴォーカルによるアトモスフェリック・スラッジ・ドゥーム。曲が非常に良く練られており、'00年前後のENSLAVED等を思わせるような場面もある名盤。】


★KING OF THE NORTH / Sound The Underground

2,000円

・盤質:A 詳細不明 ハード・ロック’14年作 輸入盤  【LED ZEPPELINなどを思わせるようなブルージーなリフ、パワフルなドラムと、これまた非常にパワフルなハスキー・ヴォイスのヴォーカルによるハイトーン歌唱がとてもカッコいいハード・ロック。'70年代ハード・ロックからの影響を感じさせるリフを聴かせつつ、現代的なヘヴィさも感じさせるものが好きな方にとてもオススメ。】