METAL ERINGIの宮殿
★アーティスト名、アルバム名を検索する時はA、B、Cで検索してください。例えばBURZUMの場合はBURZUMなら引っかかりますが、バーズムと検索しても引っかかりません。
ホーム マイアカウント お問い合わせ

会員専用ページ
ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

メタルエリンギ

こんにちは!HEAVY METAL大好きなメタルエリンギと申します。

近くにメタル専門のCD屋が無い!CD屋があってもメタルが無い!一応近くに無いこともないけど、忙しくて営業時間内に行けない!なんていう悩めるメタラーの皆さんに、メタルのCDを手にしていただきたく、このショップを運営しております。

中古、新品両方の取り扱いがございますが、新品は輸入盤がメインで国内盤はほぼありません。マイナーな輸入盤が多めになっております。

下記のリンクは当店の入荷情報やセール情報、その他聴いたCDのコメントや日記みたいなものなどを掲載している私のブログへのリンクとなります。

では、よろしくお願いいたします。

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
RSS ATOM
【2016年8月24日〜Willowtip テクニカル・デス/ブルータル・デス特集開催!!】

------------------------------------
テクニカル・デス・メタルを得意とするレーベル、Willowtip Recordsより、テクニカル・デス系、ブルータル・デス系を選んで入荷いたしました!

どいつもこいつも超人だらけでテンション上がります!!

とんでもなく複雑なリズムなうえ、聴き手を置いてけぼりにしてスピーディにさっさと展開していってしまう作品がほとんど(笑)!

ブルータル・デスが下地の汚く死臭が漂うブルータルなものもあれば、不協和音リフをはじめとする不穏なリフと変拍子だらけで不気味な音で攻めるバンド、メロディアスかつテクニカルなギターが大暴れするバンド、はたまたトリプル・ギターのインスト・バンドなんかもいたりして非常に面白いです。

ブルデス嗜好の方も楽しめるでしょうし、テクニカルなギターが大好き!という方にも注目していただきたいですし、変拍子命の方は見逃せない特集です!

デス系を敬遠されている方も、テクニカル系が好きならばこの際一発いかがでしょう!?
★2016/8/24 【Willowtipレーベル:テクニカル・デス、ブルータル・デス特集!!】
並び順を変更» ■価格順新着順

▲VALE OF PNATH / II

2,000円

盤質:S US テクニカル・デス’16年 2nd 輸入盤【今作もまたスピーディな2ビートやブラスト・ビート、高速2バス連打を軸に、変拍子や、ビートを頻繁に切り替えたりする起伏のあるリズムと、動きが多い刻みリフと速弾きフレーズを駆使したテクニカルなリフを絡めたスリリングなテクニカル・デス!前作より少しメロディアスになった印象。前作と併せて今作も必聴!】


▲GLORIA MORTI / Kuebiko

2,000円

・盤質:S フィンランド ブルータル・ブラック’16年 5th 輸入盤  【今作はブラック・メタル色が強め。シンフォニック要素は無いものの、EMPEROR、KEEP OF KALESSINなどのブルータルでありつつ比較的ドラマティックなブラック・メタルが好きな方に試しに聴いてみてほしい作品。ブルータリティが重視されつつ要所でほんのり叙情的なリフが聴けるサウンドは実にかっこいいです。】


▲DESECRAVITY / Implicit Obedience

2,000円

・盤質:S 日本 テクニカル・ブルデス’12年 1st 輸入盤  【ガテラル・ヴォーカルをしながら邪悪なトレモロ&テクニカルなフレーズ連発のギター・リフに、スウィープ連発も余裕のギター・ソロ、高速ギターと絡み合い時に壮絶なソロも決めるベース、日本でも最強クラスのスピードとテクニックを誇る超高速ブラスト・ドラムと、そのどれもが圧倒的にブルータルでテクニカル!ブルデス・ファンはスルー厳禁の至高の逸品!】


▲DESECRAVITY / Orphic Signs

2,000円

・盤質:S 日本 テクニカル・ブルデス’14年 2nd 輸入盤  【ドラム以外のメンバーが入れ替わり、さらに4人編成から3人編成に変わってリリース。圧倒的に高速で爆走しまくりつつ、変化に富んだテクニカルなリズムとトリッキーなソロ・フレーズで押しまくる怒涛のテクニカル・ブルデスが聴きたい方は前作同様必聴。今作もまた日本臭ゼロの世界レベルのテクニカル・ブルデスに仕上がっています。】


▲GOROD / Leading Vision

2,000円

・盤質:S フランス テクニカル・デス’06年 2nd 輸入盤  【ブラストと2ビートの疾走パートをメインに変拍子も交えて展開するテクニカルなリズムと、攻撃的な刻みリフにフックある速弾きフレーズを織り交ぜたギター・リフを駆使するGOROD節はこの2ndでもバッチリ楽しめます。強いて言うなら3rd、4thの方がブルータリティが強い印象ですが、ギター大活躍のテクデスが好きな方は必聴です。】


▲INGURGITATING OBLIVION / Continuum of Absence

2,000円

・盤質:S ドイツ テクニカル・デス/ブラック’14年 2nd 輸入盤  【ジャケから漂っているように暗黒感の強いサウンドで、複雑な構成とリズムでさらに暗黒なカオス感を助長してくる、ブラック・メタル色のあるテクニカル・デス。曲の尺も7〜8分程度と長め。非常に複雑な構成とリズムの曲を難なくこなすタイトな演奏と、暗黒感溢れるサウンドのテクニカル・デスが聴いてみたい方にオススメ。】


▲BARING TEETH / Atrophy

2,000円

・盤質:S US テクニカル・デス’11年 1st 輸入盤  【不協和音だらけの不穏なリフに、急激にテンポが切り替わったりブラスト・ビートでかっとばす展開、変拍子を交えたリズム、唸るようなガテラル・ヴォーカルが不気味な空気を発散しまくる非常に緊張感の高いテクニカル・デス。とにかく終始不穏で不気味。そしてリズム面と展開の面で非常にテクニカルな1枚。不穏で気持ち悪いテクニカル・サウンドをお求めの方は必聴の名盤。】


▲WORMED / Planisphaerium

1,700円

・盤質:S スペイン テクニカル・ブルデス’03年 1st 輸入盤  【ノイズ成分強めの汚い重低音轟音ギター・リフに、乾いたスネアの高速ドラム、何を言っているか判別不能な重低音ガテラル・ヴォーカルによるブルータル・デスを基本に、性急なリズムと展開をガンガン決めてくるテクニカル・ブルデス。ドラムのAndy C.は一時期DARK MOORやSARATOGAにもいた人物でそのギャップに驚愕しますw】


▲WORMED / Exodromos

1,700円

・盤質:S スペイン テクニカル・ブルデス’13年 2nd 輸入盤  【初期CRYPTOPSYを思わせる汚いブルータル・デスが下地のテクニカル・ブルデスを披露してくれた前作とは異なり、速弾き系フレーズもリフに混ぜてきたり、クリアな音質になってドラムがよりクッキリ聴こえるなど、3rd、4th辺りのCRYPTOPSYを思わせるサウンドのテクニカル・ブルデスに進化しているのが特徴。】


▲VILE / Metamorphosis

1,700円

・盤質:S US デス・メタル’11年 4th 輸入盤  【ドロドロしていて邪悪でありつつも分かりやすいメロディのリフにメロディアスなソロも決めてくるギター、ほどほどの速度のブラスト・ビート、分かりやすい構成で、激しくも聴きやすいデス・メタル。性急な展開のブルータル・デスが多い同レーベルの中でも、まさに王道ともいえる落ち着いた雰囲気のデス・メタル・サウンド。】


▲SPAWN OF POSSESSION / Noctambulant

2,000円

・盤質:S スウェーデン テクニカル・ブルデス’06年 2nd 輸入盤  【高速ブラスト・ビート主体ながらも随所にテクニカルなリズム展開が待ち受けており、ギターの弾きまくり大活躍ぶりが強烈なバンド。やっぱりGOROD辺りが好きな方にはオススメできるバンドで、ブルータルでありながらもメロディアスなギター・リフ、ソロが満載された作風は激しくも聴きやすいといった特性を備えています。】


▲SOPHICIDE / Perdition of the Sublime

1,700円

・盤質:S ドイツ テクニカル・デス’12年 1st 輸入盤  【2ビートとブラスト・ビート主体のアグレッシヴなリズムの上を、邪悪なメロディの高速低音リフに、メロデス的な叙情フレーズも多用するリフ、さらにメロディアスかつテクニカルなソロも決めるギターが自在に舞うメロディック・デスラッシュといった感じの作品。爆走+テクニカル・ギターといったものが聴きたい方にとてもオススメ。】


▲RUNE / The End of Nothing

1,700円

・盤質:S US テクニカル・デス’03年 1st(唯一のスタジオ・フル) 輸入盤  【ドゥーミーなパートからブルデスあるいはブラック・メタル的な爆走ブラスト・パートに展開したりと、1曲の中で多彩な表情を見せつける曲の数々が聴きどころとなっている作品。変拍子の連発とかよりも、良く練られたカッチリした構成と、緩急ついた場面変化に富んだ展開で聴かせるテクニカル・デスが好きな方にオススメ。】


▲PSYCROPTIC / Symbols of Failure

1,700円

・盤質:S オーストラリア テクニカル・デス’06年 3rd 輸入盤  【ミドル・パートから、グラヴィティ・ブラストも駆使する高速パートを切り替える緩急鋭い展開に、忙しなく動き回るギター・リフが印象的なテクニカル・デス。変拍子は少な目なものの、1曲の中で多く切り替わるビートやテンポなどその展開は十分にテクニカルで、リズム面も聴きごたえがあります。】


▲MEPHISTOPHELES / Sounds of the End

1,700円

・盤質:S オーストラリア テクニカル・デス’13年 2nd 輸入盤  【ギターが前面に出て曲を引っ張っていくテクニカル・デス。しかし、速弾き系リフを多用するGOROD等とは違い、速弾き系にプラスしてちょっと変なメロディのバッキングや、少し明るいフレーズを駆使してみたり、刻みリフと不協和音リフを絡めてくるスタイルが個性的。構成やリズムも複雑ながらよく曲がまとまっている完成度の高い1枚。】


▲MEPHISTOPHELES / In Reverence of Forever

1,700円

・盤質:S オーストラリア テクニカル・デス’16年 EP 輸入盤  【ギターが曲を引っ張っていくスタイルは変わらず、今作もまた速弾き系フレーズに、不協和音リフ等を織り交ぜたプレイが印象的。曲の構成やリズムはより複雑にめまぐるしさを増している印象ですが、フレーズがハッキリとしているため、複雑さの割には聴きづらい印象をあまり与えないところがポイント。】


▲MACABRE / Grim Scary Tales

1,700円

・盤質:S US プログレッシヴ(というより変な)・デス’11年 5th 輸入盤  【プログレッシヴ・フォーク・パンク・デス・メタルといった感じ。デス・メタルが下地となっているサウンドですが、パンク調に展開したり、フォーキッシュなメロディが入ったり、デス声無しで普通に朗唱する曲があったりと非常にクセの強い作品です。掴みどころのない変なデス・メタルが聴きたい方にオススメ。】


▲KALIBAS / Product of Hard Living

1,700円

・盤質:S US ブルータル・デス’02年 1st 輸入盤  【2分半程度の短い曲が主体ながら、少ない小節数でガンガン展開していくスピード感がウリのブルータル・デス。高速のブラスト・ビートを交えながら頻繁に切り替わるビートもあって、リズム面は非常に複雑。高速かつ複雑でコンパクトなブルータル・デスが好きな方にオススメ。】


▲INGURGITATING OBLIVION / Continuum of Absence

2,000円

・盤質:S ドイツ テクニカル・デス/ブラック’14年 2nd 輸入盤  【ジャケから漂っているように暗黒感の強いサウンドで、複雑な構成とリズムでさらに暗黒なカオス感を助長してくる、ブラック・メタル色のあるテクニカル・デス。曲の尺も7〜8分程度と長め。非常に複雑な構成とリズムの曲を難なくこなすタイトな演奏と、暗黒感溢れるサウンドのテクニカル・デスが聴いてみたい方にオススメ。】


▲ILLOGICIST / The Unconsciousness of Living

2,000円

・盤質:S イタリア テクニカル・デス’11年 3rd 輸入盤  【前作同様、DEATHからの影響が色濃い'90年代テクニカル・デス・メタル直系サウンドを今回も聴かせてくれます。前作以上にベースが目立つ印象なので、ベースがよく動くテクニカル・デスが好きな方にオススメ。前作が気に入れば今作も文句無しにオススメです。】


▲ILLOGICIST / The Insight Eye

2,000円

・盤質:S イタリア テクニカル・デス’07年 2nd 輸入盤  【THE ARISTOCRATS等で知られる超絶ドラマー、Marco Minnemannがドラム。テクニカル・デスは好きなんだけど、あまりに展開が性急すぎるものやブルータル過ぎるのは好きじゃないという方に非常にオススメな、DEATHなどの'90年代初頭くらいのテクニカル・デス直系のサウンドを再現してくれている作品。とにかくDEATHからの影響が強いバンド。】


▲GOROD / Process of a New Decline

2,000円

・盤質:S フランス テクニカル・デス’09年 3rd 輸入盤  【ブラストと高速2ビート多めで疾走感が高い上に、変拍子もかなり多く、緩急自在な展開とあいまってリズム面は相当に複雑。しかしそれをさらりと聴かせてしまうフックあるリフの数々が凄い!甘すぎないながらもインパクトのあるメロディ、フレーズづくりが巧みで、デス・メタルらしさを失わせずに聴かせるセンスが素晴らしい名盤。】


▲GOROD / Leading Vision

2,000円

・盤質:S フランス テクニカル・デス’06年 2nd 輸入盤  【ブラストと2ビートの疾走パートをメインに変拍子も交えて展開するテクニカルなリズムと、攻撃的な刻みリフにフックある速弾きフレーズを織り交ぜたギター・リフを駆使するGOROD節はこの2ndでもバッチリ楽しめます。強いて言うなら3rd、4thの方がブルータリティが強い印象ですが、ギター大活躍のテクデスが好きな方は必聴です。】


▲GLORIA MORTI / Kuebiko

2,000円

・盤質:S フィンランド ブルータル・ブラック’16年 5th 輸入盤  【今作はブラック・メタル色が強め。シンフォニック要素は無いものの、EMPEROR、KEEP OF KALESSINなどのブルータルでありつつ比較的ドラマティックなブラック・メタルが好きな方に試しに聴いてみてほしい作品。ブルータリティが重視されつつ要所でほんのり叙情的なリフが聴けるサウンドは実にかっこいいです。】


▲GIGAN / Quasi-Hallucinogenic Sonic Landscapes

2,000円

・盤質:S US テクニカル・デス’11年 2nd 輸入盤  【中心人物、Eric Hersemann以外のメンバーが入れ替わっての2nd。超速のグラヴィティ・ブラストを決めてくる新ドラマーは前任者に劣らず驚異的。少し曲が長めになってより練りこまれた複雑な曲が楽しめます。変拍子と不協和音リフを連発しながら、怒涛のブラスト・ビートで駆け抜ける超絶テクニカル・ブルデス。】


▲GIGAN / Multi-Dimensional Fractal-Sorcery and Super Science

2,000円

・盤質:S US テクニカル・デス’13年 3rd 輸入盤  【再び中心人物以外メンバーが入れ替わった3rd。前2作と比較すると、不協和音リフを多用しなくなったという点と、変拍子を使わないパートやスローなパートが増えたことが変化として挙げられます。その分テクニカル・パートがより際立つ内容に。一般的な(というのもあれですが)テクニカル・デス勢に最も近づいた内容になり幅広くオススメできる1枚。】


▲FLESHGOD APOCALYPSE / Mafia

1,500円

・盤質:S イタリア テクニカル・ブルデス’10年 EP 輸入盤  【圧倒的にブルータルな1stと、オーケストラを大々的にフィーチュアしてドラマティックになった2ndとの間にリリースされたEP。音もその中間ですが、クリーン歌唱が加わったのが大きな違い。オーケストラは一部なので依然サウンドはブルータルですが、メロディアスなソロも増えてドラマティックさが増しています。】


▲FLESHGOD APOCALYPSE / Oracles

2,000円

・盤質:S イタリア テクニカル・ブルデス’09年 1st 輸入盤  【超高速のブラストと2バス連打のドラム、邪悪なメロディの高速低音リフ主体のリフ、ガテラル一本のヴォーカルで圧倒的にブルータルな作品。早い展開に変拍子も駆使したリズムなどテクニカルさも十分。2nd以降はオーケストラがガンガン入ったりメロディアスなソロが多かったりでぬるい!という方にもオススメのブルータル・デスの大名盤!】


▲ELECTRO QUARTERSTAFF / Aykroyd

2,000円

・盤質:S カナダ テクニカル・インスト’11年 2nd 輸入盤  【トリプル・ギター編成のエクストリームなメタルが下地のインスト・バンド。ベーシスト不在の前作とは違いベースが加わった今作はより深みの増したサウンドに。幾度も切り替わるビートに、変拍子だらけのリズム、早々と展開していく楽曲ととにかく非常に複雑なインスト。疾走感もあるのが魅力的です。超人的ドラムは一聴の価値あり。】


▲THE DYING LIGHT / The Killing Plan

1,700円

・盤質:S US テクニカル・デス’05年 2nd 輸入盤  【変拍子を交えて疾走したり、クセのあるリズムで疾走したりと、疾走感がありつつもドラムがちょっと変なリズム・パターンを使うところが面白いバンド。Tr.1、4、5のように緩急ついた展開で聴かせるものもあれば、Tr.2、3のように短くて爆走する曲もあり。】


▲DISAVOWED / Stagnated Existence

1,700円

・盤質:S オランダ テクニカル・ブルデス’07年 2nd 輸入盤  【昔ながらのデス・メタルを下地にしつつ、非常に動きの激しい高速リフが変拍子交じりのブラスト・ビートに乗っかる非常にテクニカルな演奏を聴かせてくれるため、総合的にはテクニカル・ブルデスといった感じの作風。DEFEATED SANITYに方向性が近いので、DEFEATED SANITYが好きな方にオススメ。演奏の安定感も素晴らしく、実に優れた1枚です。】


▲DIM MAK / The Emergence of Reptilian Altars

2,000円

・盤質:S US ブルータル・デス’11年 4th 輸入盤  【ORIGINの超人(Ds)ジョン・ロングストレスが参加!テクニカルなリフや変拍子もきちんとありつつ、そこまでORIGINのような性急な展開は無く、程よくテクニカルな展開で比較的ストレートにブルータルさを押し出したタイトル。ドラムの手数足数が超人的でありつつ、ギターも印象に残るメロディアスなフレーズを聴かせてくれるブルデスが聴きたい方にオススメ。】


▲DESECRAVITY / Orphic Signs

2,000円

・盤質:S 日本 テクニカル・ブルデス’14年 2nd 輸入盤  【ドラム以外のメンバーが入れ替わり、さらに4人編成から3人編成に変わってリリース。圧倒的に高速で爆走しまくりつつ、変化に富んだテクニカルなリズムとトリッキーなソロ・フレーズで押しまくる怒涛のテクニカル・ブルデスが聴きたい方は前作同様必聴。今作もまた日本臭ゼロの世界レベルのテクニカル・ブルデスに仕上がっています。】


▲DESECRAVITY / Implicit Obedience

2,000円

・盤質:S 日本 テクニカル・ブルデス’12年 1st 輸入盤  【ガテラル・ヴォーカルをしながら邪悪なトレモロ&テクニカルなフレーズ連発のギター・リフに、スウィープ連発も余裕のギター・ソロ、高速ギターと絡み合い時に壮絶なソロも決めるベース、日本でも最強クラスのスピードとテクニックを誇る超高速ブラスト・ドラムと、そのどれもが圧倒的にブルータルでテクニカル!ブルデス・ファンはスルー厳禁の至高の逸品!】


▲CROWPATH / One with Filth

1,700円

・盤質:S スウェーデン テクニカル・デス’08年 3rd 輸入盤  【今作も2〜3分程度の短い尺で、急激にテンポを切り替えたり変拍子を連発したりする目まぐるしく展開していくテクニカル・デス・サウンドを披露してくれます。しかし、ヴォーカルがデス・メタル的なグロウルになっていたり、不協和音リフをあまり使わず動きの多い刻みリフがメインになったことで、今までの作品で最もテクニカル・「デス・メタル」らしい内容になっているのがポイント。】


▲CROWPATH / Red on Chrome

1,700円

・盤質:S スウェーデン テクニカル・デス’04年 1st 輸入盤  【ほとんどが2分台と短い尺ながら、その中でめまぐるしく展開していくテクニカルなデス・メタル・サウンド。複雑なリズムに不穏なリフという点で、BARING TEETHに似たところがありますが、あちらよりも曲が短いのが特徴で、こちらの方がハードコア寄り。カオティックコア寄りなサウンドなので、CONVERGE辺りが好きな方にもオススメ。】


▲CROWPATH / Son of Sulphur

1,700円

・盤質:S スウェーデン テクニカル・デス’05年 2nd 輸入盤  【不穏なリフと非常に複雑なリズム、短いスパンでどんどん展開していくカオティックコア寄りなテクニカル・デス・サウンドを1stで披露した彼ら。今作もまた同路線で、Tr.1から非常にハイテンションなテクニカル・サウンドを聴かせてくれます。リフの気持ち悪さは前作以上でかなり衝撃的。曲が短く、その中でスピーディにカオティックに展開していくものが好きな方にオススメ。】


▲CONTRARIAN / Polemic

2,000円

・盤質:S US テクニカル・デス’15年 1st 輸入盤  【DEATH等初期テクニカル・デス直系のサウンドで、コンパクトな尺で多彩に展開し、各楽器のスリリングな演奏を楽しめる実に良質なテクニカル・デス。また、(Ds)がNILE等の超人George Kolliasで、NILE等でのプレイとは一味違ったテクニカルなプレイが聴きどころ。表情豊かなベースや、メロディアスなギター・ソロも聴きどころです。】


▲BEYOND TERROR BEYOND GRACE / Nadir

1,700円

・盤質:S オーストラリア ブラック/ポスト・ブラック’12年 3rd 輸入盤  【Tr.1冒頭から非常に高速かつタイトなドラミングが大炸裂しいきなり衝撃を与えてくれます。並み居る最強ドラマー達と肩を並べられるほどに壮絶なブルータル・ドラムだけでもまずは聴く価値あり。一方、壮絶に暴れまわるドラムに反してギターはシンプルかつ不穏なフレーズや、儚いトレモロ・リフを反復させるスタイルが特徴。】


▲BARING TEETH / Ghost Chorus Among Old Ruins

1,700円

・盤質:S US テクニカル・デス’14年 2nd 輸入盤  【今作もTr.1から不気味さ全開。不協和音だらけのリフに、変拍子連発、手数多く複雑なリズム・パターンを繰り出すドラム、急激に爆走しだす展開で前作と同じような非常にカオティックな空間を作り出しています。緊張感が非常に高い不気味なテクニカル・サウンドを聴きたい方には前作共々今作も非常にオススメ。前作が気に入った方には文句無しにオススメです。】


▲BARING TEETH / Atrophy

2,000円

・盤質:S US テクニカル・デス’11年 1st 輸入盤  【不協和音だらけの不穏なリフに、急激にテンポが切り替わったりブラスト・ビートでかっとばす展開、変拍子を交えたリズム、唸るようなガテラル・ヴォーカルが不気味な空気を発散しまくる非常に緊張感の高いテクニカル・デス。とにかく終始不穏で不気味。そしてリズム面と展開の面で非常にテクニカルな1枚。不穏で気持ち悪いテクニカル・サウンドをお求めの方は必聴の名盤。】


▲ARSIS / United in Regret

1,700円

・盤質:S US テクニカル・メロデス’06年 2nd 輸入盤  【疾走感あるリズムにメロディアスなギターを大フィーチュアした、特にギターがテクニカルなメロデスというスタイルは今回も変わらず。流麗な速弾きソロはもちろんのこと、Tr.1ではスロー・パートで泣きのソロを聴かせるなどその叙情性には益々磨きがかかっています。一方でスラッシュ・メタル的なザクザク感のあるリフも聴かせるなど、メロディアスなだけではないのもポイント。】


▲ARSIS / A Celebration of Guilt

1,700円

・盤質:S US テクニカル・メロデス’04年 1st 輸入盤  【メロディアスな速弾きフレーズをリフに大々的に盛り込んだスタイルが印象的なテクニカル・メロデス。刻みリフもGORODやVALE OF PNATHなどと比較しても叙情的な場面が多いのが特徴。ソロもまた流麗かつメロディアス。リズム面や展開はそこまで複雑ではなく疾走感のあるサウンドがとても魅力的。GORODとかよりもっとギターが直接的にクサいものが聴きたい方にオススメ。】


▲ALARUM / Natural Causes

2,000円

・盤質:S オーストラリア テクニカル・デス’11年 3rd 輸入盤  【ATHEIST、SADIST、CYNICなどからの影響をうかがわせつつ、よりフュージョン色の強いテクニカル・デスを聴かせる彼ら。今作も順当にその路線で進化。前作よりもノーマル歌唱パートが多く疾走感は控えめですが、目まぐるしい展開と変拍子多めのリズム、メロディアスかつ流麗なソロは健在。ベースの出番も増えて聴きどころが増した名盤。】


▲ABYSMAL TORMENT / Cultivate the Apostate

1,700円

・盤質:S マルタ共和国 ブルータル・デス’14年 3rd 輸入盤  【クリアで分厚いサウンド・プロダクション、タイトに刻まれるギターとベースのリフ、同じくタイトに決まる高速ブラスト・ビートとまさにブルータル・デスといった感じの内容。ブラスト・ビートによる高速パートとスピードを落として重低音リフと高速2バスで聴かせるスロー・パートとの対比も強烈。程よい長さに多めの展開でじっくり聴かせてくれる、叙情性皆無のハイ・クウォリティ・ブルデス。】


▲ABHORRENT / Intransigence

2,000円

・盤質:S US テクニカル・デス’15年 1st 輸入盤  【ex:THE FACELESSのLyle Cooper、SPAWN OF POSSESSIONのベーシストErlend Caspersenらによるバンド。非常に短いスパンでめまぐるしくスピーディに展開していく非常に複雑なテクニカル・デス。プログレッシヴさやメロディアスさよりも、とにかくスピーディで複雑なテクニカル・デス・メタルが聴きたい方にオススメ。】


▲VALE OF PNATH / Prodigal Empire

2,000円

盤質:S US テクニカル・デス’11年 1st 輸入盤 【ブラスト・ビート・メインで疾走感とブルータリティも充分ながら、そのリフにはメロディックさも強く渦巻いており、言ってみればあのGORODにも肉薄するテンション高くもメロディックさと疾走感の高さが光る非常に良質テクニカル・デス!時にARCH ENEMYをも思わせる泣きを含んだメロディのギター・ソロもアリ!】


▲VALE OF PNATH / II

2,000円

盤質:S US テクニカル・デス’16年 2nd 輸入盤【今作もまたスピーディな2ビートやブラスト・ビート、高速2バス連打を軸に、変拍子や、ビートを頻繁に切り替えたりする起伏のあるリズムと、動きが多い刻みリフと速弾きフレーズを駆使したテクニカルなリフを絡めたスリリングなテクニカル・デス!前作より少しメロディアスになった印象。前作と併せて今作も必聴!】