METAL ERINGIの宮殿
★アーティスト名、アルバム名を検索する時はA、B、Cで検索してください。例えばBURZUMの場合はBURZUMなら引っかかりますが、バーズムと検索しても引っかかりません。
ホーム マイアカウント お問い合わせ

会員専用ページ
ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

メタルエリンギ

こんにちは!HEAVY METAL大好きなメタルエリンギと申します。

近くにメタル専門のCD屋が無い!CD屋があってもメタルが無い!一応近くに無いこともないけど、忙しくて営業時間内に行けない!なんていう悩めるメタラーの皆さんに、できる限りお手頃な価格でメタルのCDを手にしていただきたく、このショップをはじめました。

中古、新品両方の取り扱いがございますが、新品は輸入盤がメインで国内盤はほぼありません。

下記のリンクは当店の入荷情報やセール情報、その他聴いたCDのコメントや日記みたいなものなどを掲載している私のブログへのリンクとなります。

では、よろしくお願いいたします。

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
RSS ATOM
当店の全商品一覧です。
全商品
並び順を変更» ■価格順新着順

◆ATHLOS / In the Shroud of Legendry(以下略)

1,300円

・盤質:B ギリシャ エピック・フォーク・メタル’09年 1st 輸入盤  【SACRED BLOOD、FOLKEARTH等のマルチ・プレイヤー、Polydeykisを中心としたギリシャのエピック・フォーク・メタル・プロジェクト。ヴォーカルは掠れデス声主体。ジャケのような黄昏た郷愁が滲み出てくるようなスロー・パートや、スロー・ナンバーがメインで、アコースティック・ナンバーも多く収録された内容。】


◆ARCANAR / The Dusty Sovereign(Пыльный владыка)

1,300円

・盤質:B ロシア メランコリック・デス・ドゥーム’06年 1st 輸入盤  【へヴィでありつつ悲しみを孕んだリフと、儚いクリーン・アルペジオを聴かせるギター、慟哭のガテラル・ヴォーカルと、渋くアンニュイな低音クリーン歌唱を使い分けるヴォーカル、そして悲しみをストレートにぶつけてくるキーボードによるメランコリック・デス・ドゥーム。各曲が5分程度と長くもないので、このテのサウンドの中では聴きやすいのも特徴。】


◆AVERSION TO MANKIND / Between Scylla and Charybdis

1,300円

・盤質:A スペイン アトモスフェリック・ディプレッシヴ・ブラック’14年 2nd 国内盤  【モヤモヤした広がりのある音質、ノイズ塗れのギター・リフ、悲しい単音フレーズによるアトモスフェリックかつディプレッシヴなブラック・メタル。3曲入りですがいずれも10分程度の大作で、起伏のある展開で聴かせます。どれかというとアトモスフェリックな空気が強いので、アトモスフェリックかつちょっと陰鬱な作品が好きな方にオススメ。】


◆ATOLL NERAT / Two Pipes to Heaven

1,300円

・盤質:B ロシア シンフォニック・ブラック’06年 2nd 輸入盤  【掠れデス声で喚くヴォーカルに、邪悪なメロディのトレモロ・リフと刻みリフを併用するギター、なかなか派手に目立つオーケストレーションを聴かせるキーボードによるシンフォニック・ブラック。キーボード・オーケストレーションが前面に出て、幾分ゴシカルな雰囲気もあるシンフォニック・ブラックが好きな方にオススメ。】


◆ASTARIUM / Atenvx

1,300円

・盤質:B ロシア 独りシンフォニック・ブラック’13年 4th 輸入盤  【アトモスフェリックかつゴシカルなオーケストレーションをバックにブラスト疾走パートと、アトモスフェリックさ重視のミドル・パートを切り替えるドラマティックな展開を持ったシンフォニック・ブラック。キーボード・オーケストレーションの柔らかな音色でアトモスフェリックさも強いシンフォニック・ブラックが聴きたい方にオススメ。】


◆ASMODEY / Dark Spiritual Liberation

1,600円

・盤質:B ロシア ブラック・メタル’13年 2nd 輸入盤  【プリブラを下地にしつつもドラマティックに構築された曲の数々に、寒々しくもメロディアスで分かりやすさのあるトレモロ・リフを主体にしたギター、起伏がありつつ爆走ブラスト主体のドラム、覆いかぶさるキーボード、そしてIHSAHNを手本にしたような迫力あるヴォーカルに至るまで実に1st、2ndの頃のEMPERORを思わせる名作!】


◆ASES / Of Moonlords And Sun

1,600円

・盤質:B フランス ペイガン・ブラック'04年 2nd 輸入盤  【相変わらず寒々しいトレモロ・リフをガンガン聴かせてくれますが、サウンド・プロダクションがペラッペラだった1stと比較すると著しく音の厚みとクリアさが増しているのがポイント。KRALLICEを思わせるような緊張感のある動きの激しいトレモロ・リフを聴かせてくれるのも非常にGood。トレモロ・リフ好きに幅広くオススメしたい作品。】


◆ASCEND-ENCY / Regression

1,300円

・盤質:B ベルギー インダストリアル・ブラック’11年 1st 輸入盤  【ANAAL NATHRAKHから影響を受けていると思われる、デュオ・スタイルでのマシン・ブラスト・ハイテンション・インダストリアル・ブラック。ANAAL〜ほどのやけっぱち感はありませんし、デス声は落ち着いている方ですが、ブラスト全開インダストリアル・ブラックが好きな方にオススメ。ANAAL〜同様クリーン歌唱もありです。】


◆ARS MANIFESTIA / The Red Behind

1,300円

・盤質:B イタリア 独りブラック’09年 2nd 輸入盤  【生気の薄い掠れデス声ヴォーカル、多重録音された寒々しいトレモロ・リフが絡み合うブラスト・パートと、ノイジーなアルペジオのスロー・パートを切り替える起伏のある展開で聴かせる薄メロ・プリミティヴ・ブラック。8分前後の曲と13分弱、20分の大作もありの大作主義。作りこまれた独りブラックが好きな方はぜひ。】


◆ARKENSTONE / Hymns to Our Fatherland

1,300円

・盤質:B ポルトガル プリミティヴ・ブラック’06年 2nd 輸入盤  【ジャケットからはなんだかクサいペイガンぽそうな雰囲気が漂ってきますが、中身はVELES辺りに迫るほどの驚きのペラッペラ・プリミティヴ・ブラック。とにかく薄っぺらくノイジーな音質に安定感に欠ける演奏、シンプルなリフで構成されていてそれでいて無駄に曲は長めw ただTr.4、5は少し音に厚みがあってプリブラ的に名曲です。】


◆ARGATH / Societatis Draconistrarum

1,200円

・盤質:B フィンランド ブラック・メタル’05年 1st 輸入盤  【ギターとキーボードのみが前面に押し出され、ヴォーカル、ドラムは奥に引っ込んでいるバランスの悪い音作りが印象的な作品。そして曲も疾走するものもあれば、スローで邪悪なもの、さらにはフューネラル・ドゥームみたいな曲もありで、バラエティに富んでいます。ブラック・メタルを軸に色々な暗黒サウンドを出している作品が聴きたい方向け。】


◆ARCKANUM / PPPPPPPPPPP

1,200円

・盤質:C スウェーデン 薄メロ・プリブラ’09年 5th 輸入盤  【地声成分の残ったスラッシュ・メタル的なシャウト、寒々しさと薄ら叙情性を感じさせるトレモロ・リフ主体のギター、バタバタ疾走するドラムによるプリミティヴ・ブラック。Tr.1のように叙情性が無い曲もありますが、基本的にはTr.2、3のように薄メロ・プリブラ路線で薄ら叙情的なトレモロ・リフを纏ってバタバタ疾走する曲がメイン。】


◆ANCIENT SKIN / Nobis Quoque Peccatoribus...

1,600円

・盤質:B イタリア ブラック・メタル’08年 1st 輸入盤  【HOUR OF PENANCEのSeditionで超絶なドラミングを聴かせてくれたSimone PirasがArconda名義でやっているファスト・ブラック。音質はブラック・メタルらしくモヤモヤしたRawなものになっていますが、奥から聴こえてくるドラムはやっぱり超絶!そして寒々しいトレモロ・リフを満載して突っ走るファスト・ブラック名盤!!】


◆ANACHRONAEON / As the Last Human Spot in Me Dies

1,300円

・盤質:B スウェーデン メロディック・デス’07年 2nd 輸入盤  【後の作品でメロブラ色が強くなる彼らですが、今作は前作1st同様に流麗なギターの叙情メロディを押し出したメロデスで、テクニカルなソロも聴きどころ。ヴォーカルもクリーン歌唱の割合の方が多く、グロウルは少な目。多少展開が多いところ以外は素直にメロデスと言っていい作風で、叙情メロディ満載の内容はさすがの一言。】


◆AMORT / Blasphemy Souls

1,000円

・盤質:C ブラジル ブラック・メタル’07年 Demo 輸入盤  【シンプルでありつつ薄らと寒々しいメロディのトレモロ・リフを反復させながらバタバタと疾走するパートを軸に、隙間の無いブラストやスローなパートに切り替えながら進むプリブラ。Tr.7まででも十分なほどに薄っぺらくノイジーなプリブラらしい音ですが、Tr.8以降は音量レベルが落ちて、全体的に平べったくさらに劣悪な音質になります。】


◆AKHENATEN / Incantations Through the Gates of Irkalla

1,200円

・盤質:C US フォーク・ブラック’15年 2nd 輸入盤  【フォーキッシュなフレーズにパーカッションを駆使したリズム、暗黒で壮大なオーケストレーションを絡めたサウンドながら、邪悪に響くグロウルと不穏なギター・リフ、アグレッシヴなドラムはエクストリーム・メタルな、フォーク・ブラック・メタル。雰囲気としては中東とかそっち系の要素が強いのが特徴的です。】


◆AKASHAH / Eagna An Marbh

1,300円

・盤質:B US 独りブラック’14年 3rd 輸入盤  【勇壮さのあるギター、キーボードのフレーズに、コーラス、キャッチーさのある朗唱などペイガン・ブラック的な内容の独りブラック。粗めで邪悪な音作りとしては、2nd〜4thくらいの頃のENSLAVEDを思わせるところもあります。よく創り込まれたタイプの独りブラックが好きな方、プリブラを基本にしたような渋めのペイガン・ブラックが好きな方にオススメ。】


◆AZRATH-11 / Ov Tentacles and Spirals

1,400円

・盤質:C イタリア ブルータル・デス・メタル’13年 2nd 輸入盤  【鋭い演奏と音圧のあるサウンド・プロダクションでLOST SOUL辺りを思わせるような圧倒的ブルータリティで突進するブルデス。ドラムこそ超速で圧倒的でありながら、変にテクニカルなギミックを多用せず、またソロでもメロディアスになりすぎない破壊力と邪悪さ満点のブルータル・デスが聴きたい方にオススメの名盤!非常にカッコいいです!】


◆ASSESSOR / Stvanice

1,300円

・盤質:B チェコ デス/スラッシュ’12年 2nd 輸入盤  【22年ぶりの2ndフル!'88年という活動開始時期からも伝わるような、ダミ声でシャウトするヴォーカルと、ザクザク感のあるスラッシーなリフとドロドロした低音リフを使い分けるギター、2ビートでの疾走が主体のドラムによる、スラッシュ上がりのデス・メタル、或いはデス・メタル直前のスラッシュといった感じのサウンド。】


◆ARROGANZ / Tod & Teufel

1,200円

・盤質:C ドイツ デス・メタル’14年 3rd 輸入盤  【ミドル・パートで聴ける不穏なコードはブラック・メタル的ながら、グロウルや邪悪な刻みリフでの2ビート高速疾走、グチャグチャ感のあるギター・ソロ、スロー・パートでのへヴィ・リフはデス・メタル的なサウンド。そしてドゥーム・メタルのようなスローなパートも多めなので、デス・ドゥーム色も感じられるのが特徴。デス・メタルにほんのりブラック・メタル色と、幾分かのドゥーム色を加えたようなものが聴きたい方向け。】


◆ANATOMY OF I / Substratum

1,600円

・盤質:B オランダ (B)Steve DiGiorgio参加のテクデス’11年 1st 輸入盤  【(B)Steve DiGiorgio、(Ds)Dirk Verbeurenが参加しているテクデス。(Vo,G)Michael Dorrianなる人物のフックあるリフとメロディアスかつテクニカルなソロがガンガン曲を引っ張るテクデス。動きが激しいギターとユニゾンするベース、テクニカルなギター・ソロの数々、スリリングな展開で実にカッコいい名盤!】


◆AMONG GODS / Among Gods

1,300円

・盤質:B ノルウェー デス・メタル’12年 1st 輸入盤  【ドロドロした低音リフ主体のギター、野獣のようなグロウル、どっしりしたドラムによるオールド・スクール・スタイルのデス・メタル。リフには邪悪なメロディが宿っている辺り、US産よりも初期スウェディッシュ・デス等に近い音です。スローなパートも多めで、ブラストを使わないデス・メタルが好きな方にオススメ。】


◆AZOTADOR / Insertando la sustancia

1,200円

・盤質:C ボリビア スラッシュ・メタル’14年 1st 輸入盤  【ザクザクしつつフックもあるギター・リフ、スラッシュらしいメロディアス過ぎない速弾きソロ、スピーディな2バス連打を聴かせるドラムが魅力的。ハキハキと歌詞を叫ぶ母国語地声ヴォーカルはちょっとB級臭いですw 2014年の作品かつ新世代のバンドとはとても思えないような'80年代直系スラッシュ・サウンドが好きな方にオススメ。】


◆AMETHYST / Time Of Slaughters

1,200円

・盤質:B イタリア スラッシュ・メタル’11年 1st 輸入盤  【ミドル・パートを軸に疾走パートも交えた起伏のある展開でじっくり聴かせてくれます。スラッシュ・メタルの中でも、疾走感は控えめでありながらカッチリした演奏を聴かせ、さらにテクニカルかつ構築感のあるギター・ソロを聴かせてくれるバンドが好きな方にオススメの作品。疾走感こそ控えめであるものの、音作りはコレぞ'80年代直系スラッシュ!な1枚。】


◆AURA NEGATIV / Aura Negativ

1,300円

・盤質:B ダーク・アンビエント’13年作 輸入盤  【冷たい質感のフワ〜っとしたサウンドに、これまた冷たい質感のキラキラしたキーボード・サウンドが乗っかり、効果音的に後ろの方でモヤモヤと死にそうな掠れデス声絶叫のようなものが時々薄ら聴こえてくるアンビエント作品。きちんとフレーズにメロディが感じられる単調過ぎない儚く悲しげなダーク・アンビエントが聴きたい方にオススメ。】


◆BACKWATER / Take Extreme Forms

1,300円

・盤質:A ドイツ パワー・メタル’13年 3rd 輸入盤  【'81年結成のドイツの超ベテラン・バンド。'86年の2ndフル以来、活動休止期間も挿んで実に27年ぶりの2013年3rdフル。ガッシリした音作りは'80年代直送系ではなく、とても現代的にアップ・デイトされています。ミドル・ナンバー主体でメロディアスさ控えめのガッシリしたパワー・メタルが好きな方にオススメ。】


◆ATLAND / Marbore

1,300円

・盤質:A スペイン パワー・メタル’11年 2nd 国内盤  【クラシカルなフレーズとクワイアで疾走する初期のDARK MOORみたいなTr.1で「おっ」と思わされますが、実際はバラード系ナンバーがやたらと多いメロパワ。音質は篭り気味で薄いものの、メロディ自体は良いしヴォーカルも安定感があるので、メロディ重視で明るく穏やかなバラードが好きな方向け。むしろメロハー好きにオススメ。】


▲BLACK SHADOW / Hell's Wrath to False Prophetical Scum(Ада возмездие(以下略))

1,600円

・盤質:S ロシア ブラック・メタル’06年 4th 輸入盤  【とんでもないスピードのブラストと2バスの打ち込みドラムによる壮絶ファスト・パートを主体に、邪悪でメロディアスなトレモロ・リフで荒涼とした世界を描くドラマティックなブラック・メタル。叙情的な静のパートや泣きのギターを聴かせるメロブラ的な曲もありますが、基本は邪悪でファストなブラック・メタルです。】


▲BESTIALIZED / Bestial Flags of Evilution

1,300円

・盤質:S コロンビア ブラック・メタル’10年 2nd 輸入盤  【邪悪でありつつフレーズが分かりやすい刻み & トレモロ・リフのギター、掠れデス声で絶叫、ギターのメロディにユニゾンしてくるメロディックなベース、緩急つけつつタイトにブラスト疾走するドラムによるメロブラ寄りなブラック・メタル。叙情的ではないながらも邪悪でメロディックなリフのブラック・メタルが聴きたい方にオススメ。】


▲BESATT / Hail Lucifer / Roots of Evil

1,600円

・盤質:S ポーランド ブラック・メタル’00年2ndに、’03年EPを付けたCD('13年リリース) 輸入盤  【ノイジーで刺々しい音質の中をファスト・パート主体で突っ走るプリミティヴ・ブラック。寒々しく少し叙情的なトレモロ・リフが聴ける曲や、暴虐的に爆走するメロディックさの薄い曲が収録されているので、そういった曲がどちらも楽しめるプリミティヴ・ブラック作品が聴きたい方にオススメ。はKREATORの「Tormentor」のカヴァーも聴きどころ。】


▲BENEMMERINNEN / Violation of Every Ethical and Moral Principles

1,300円

・盤質:S ブラジル ブラック・メタル’15年 2nd 輸入盤  【エコーのかかった掠れデス声ヴォーカルと、邪悪なリフはブラック・メタル的でありながら、ミドル・パートが主体でギターも刻みリフがメインというところが特徴的なブラック・メタル。ずっしりとした暗黒感のあるブラック・メタルが好きな方向け。】


▲BELETH / Total Satanic Onslaught

1,300円

・盤質:S ポーランド プリミティヴ・ブラック’13年 2nd 輸入盤  【篭ってノイジーな音質の中をどんよりした低音リフが反復し、掠れデス声絶叫ヴォーカルのプリミティヴ・ブラック。呪術的な雰囲気が滲み出たこれぞ王道といえるブラック・メタル・サウンドです。寒々しさやメロディックさ、叙情性を感じさせない、邪悪さと呪術さで聴かせる疾走プリミティヴ・ブラックが好きな方にオススメ。】


▲BATTLESTORM / Demonic Incursion

1,600円

・盤質:S シンガポール ブラック・メタル’10年 1st 輸入盤  【篭ってモヤモヤした音質の中をタイトな高速ブラスト・ビート中心に疾駆するプリミティヴ・ブラック。極めて邪悪な掠れデス声絶叫に、邪悪でありつつ時折メロディックなトレモロ・リフ、所々ひねりのあるリズムなど聴きどころは多い作品。痙攣するような高速ブラスト・ビートがやはりインパクト絶大です。】


BARGLAR / AnarKism

0円

※こちらはアーティストの意向により無料配布となります。ご注文はお一人様1枚まででお願いいたします。 CD-R 日本 Rawブラック’16年作 輸入盤  【篭ったRawな音質の中をドタバタと駆け抜ける疾走パートと、どんよりとしたスロー・パートを切り替えて突き進むRawプリミティヴ・ブラック。】


▲AUDN / Audn

1,600円

・盤質:S アイスランド メロディック・ブラック’14年 1st 輸入盤  【寒々しさと悲しみに、微かにフォーキッシュな郷愁や勇壮さを含蓄したトレモロ・リフが終始吹き荒れるメロディック・ブラック・メタル。トレモロ・リフは存分にメロディックでありつつ、そのフレーズ自体はシンプルで、1曲辺りの種類も少なく反復する要素が強いのが特徴。なので正統派、メロデス要素を感じさせないのが特徴です。名盤!】


▲AETHERES / Dark Wisdom's Domain

1,200円

・盤質:C ポーランド メロディック・ブラック’09年 2nd 輸入盤  【メロディックな刻みリフと速弾き系の動きの多いリフを多めに駆使し、悲しみを湛えたトレモロ・リフも併用、叙情的な単音フレーズにスウィープも駆使した流麗なソロも聴かせる、ギターが目立つメロディック・ブラック。メロディックなフレーズが多い反面、疾走感は控えめでスローなパートが多めです。】


▲ABRAHEL / Abrahel

1,300円

・盤質:B スペイン ペイガン・ブラック’08年 1st 輸入盤  【何か吐き出しそうなかなりゲロゲロした非常に汚い高音掠れデス声で喚くヴォーカルに、不穏なコードで薄暗くも薄ら勇壮な雰囲気も醸し出すギターとベースのリフ、ミドル/スロー・パート主体でありながらも手数多く豊富なリズム・パターンでしっかりと聴かせるドラムによる、緩急ついた展開で聴かせるペイガン・ブラック。】


▲ABAZAGORATH / The Satanic Verses

1,300円

・盤質:B US メロディック・ブラック’14年 3rd 輸入盤  【寒々しくメロディックなトレモロ・リフ、悲しみを湛えた叙情的なトレモロ・リフを主体に、不穏なトレモロ・リフや低音の邪悪なリフも聴かせるギター、喚き散らす汚い絶叫を主体に低音の唸り声も聴かせるヴォーカル、バタバタしたブラスト疾走主体にミドル・パートや静のパートも効果的に取り入れた展開でとてもよく練られたメロブラ。】


▲A FOREST / Worn Out

1,300円

・盤質:C イタリア ブラック・メタル’14年 編集盤 輸入盤  【ノイズでぐちゃぐちゃに潰れたトレモロ・リフと、ガシャガシャしたドラムの音によるプリミティヴ・ブラック。生気薄めの汚い中音掠れデス声もとても邪悪。リフこそシンプルであるものの、ブラスト・パートとミドル・パートの緩急のある展開で聴かせるサウンド。Rawな音質だけれども曲や演奏自体はしっかりしたものが好きな方にオススメ。】


▲BASTARD SAINTS / The Shape of My Will

1,300円

・盤質:S イタリア テクニカル・ブルデス’12年 1st 輸入盤  【高速ブラスト・パート主体にスラミングや休符等を交えたストップ & ゴーなスリリングな展開、ギャーギャー喚くグロウルを主体にゲボゲボなガテラルを併用するヴォーカル、ピッキング・ハーモニクスを随所にぶちこみつつ高速かつ動きの多いギター・リフ、スラッピングを繰り出すベースによるテクニカル・ブルデス。】


▲AVENGER OF BLOOD / On Slaying Grounds

1,300円

・盤質:S US デス/スラッシュ・メタル’16年 3rd 輸入盤  【ジャケットのイメージからするとスラッシュ・メタルですが、ヴォーカルはグロウル、ドロドロした低音のリフ主体にザクザクした刻みを絡めるギターと、全体的にはデス・メタル色の方が強いサウンド。2ビート主体に疾走するメロディックさの無い、スラッシュ・メタルが過激になってデス・メタル化したようなものが好きな方にオススメ。】


▲AIRLINES OF TERROR / Terror from the Air

1,300円

・盤質:B イタリア デス & ロール’15年 2nd 輸入盤  【ex:NOVEMBREのGiuseppe Orlando、Demian Cristianiらからなるバンド。変拍子がメインでありつつブラストもぶち込んでくるTr.1のようなテクニカル・デス系ナンバーもあれば、Tr.2のように軽快な2ビートで爆走するデスラッシュ的ナンバー、デス & ロールなノリのTr.6のような曲も収録された内容。ソロが何気に流麗でメロディアス。】


▲...OF CELESTIAL / Virgin Blood

1,300円

・盤質:C ウクライナ ゴシック・メロデス’11年 2nd 輸入盤  【ギター・ソロや疾走パートの割合が増え、前作よりもキーボードは目だたずメロデス色が強くなった印象です。テンポを急に切り替えたりする展開は相変わらずで、聴きごたえは十分。前作がゴシック色の強いゴシック・メロデスなら、今作はメロデス色が強いゴシック・メロデスといった感じの作風。】


▲...OF CELESTIAL / The Strange Infinity

1,300円

・盤質:B ウクライナ ゴシック・メロデス’09年 1st 輸入盤  【刻みリフ主体にトレモロ・リフも要所で駆使するギター、グロウル主体のヴォーカル、ミドル・パート主体にブラスト・ビートもウマく織り交ぜた起伏のあるプレイで聴かせるドラムによるメロディック・デスを下地に、キーボード・オーケストレーションを大々的にフィーチュアして荘厳で壮大な雰囲気を加えたゴシック・メロデス。】


▲BATTERY / Armed with Rage

1,600円

・盤質:S デンマーク スラッシュ・メタル’14年 1st 輸入盤  【デス声直前の邪悪なシャウトを聴かせるヴォーカル、高速で疾走するドラム、刻まれるギター・リフ、メロディアスさや整合性は二の次の狂気的な速弾きソロの実にスラッシュ・メタルらしいスラッシュ・メタル。メロディアスさはほとんど無くテクニカルなギミックなどもほぼ無い、高速疾走パート主体の爽快なスラッシュ・メタル。】


▲AXECUTER / Metal Is Invincible

1,300円

・盤質:S ブラジル パワー/スラッシュ・メタル’13年 1st 輸入盤  【特徴的なのがダミ声でガナるヴォーカルで、デス声では無いながらも歌メロは無いも同然なのでスラッシュ・メタル色が強いのが特徴。曲もミドル/スロー・ナンバーもあるものの、疾走ナンバーが主体。スラッシュ・メタルとは言い切れないものの、そんなにメロディアスではないパワー/スピード/正統派メタルが好きな方にオススメ。】


▲ADAMAS / Evil All Its

1,500円

・盤質:B イタリア ちょいテク・キーボード入りスラッシュ’10年 1st 輸入盤  【フワフワキラキラしたバッキングに、ソロも決めてくるSADISTみたいなキーボードが入っているのが大きな個性となっているパワー・メタル色のあるスラッシュ・メタル。次作ではこのキーボーディストがおらず個性も希薄になってしまいますが、曲の展開も凝っているちょいテク・スラッシュなこのアルバムは実に個性的で面白い作品!】


▲AGONIA CATARTICA / Drama

1,300円

・盤質:B ペルー フューネラル・ドゥーム’14年 1st 輸入盤  【リフや音質そのものは非常にシンプルかつメロディックさがほぼ無い2ndの頃のDARKTHRONEを思わせるようなプリミティヴ・ブラックながら、喚き散らすように絶叫し、時に泣きそうな声を上げるヴォーカルはディプレッシヴ・ブラックといった感じのサウンド。】


▲AFTERWORLD / Lamentos

1,300円

・盤質:B チリ デス・ドゥーム’13年 1st 輸入盤  【初期スウェディッシュ・デスみたいなボリボリ言う低音ギター・リフ、地声成分が残ったスラッシュ・メタル上がりのデス・メタルみたいな半デス声シャウトに、所々ヘタレの呟きのようなものも聴かせるヴォーカルによるデス・ドゥーム。重さや遅さはそんなに極端ではなく、初期デスくらいの重さでドゥーム・メタルをプレイしているような感じ。】


▲ACID COMA / Prayers to Mirrors

1,300円

・盤質:B ロシア スラッジ・ドゥーム’16年 1st 輸入盤  【女性ヴォーカル/ベーシスト、Comaによるスラッジ・ドゥーム・バンド。重心の低いノイジーなへヴィ・リフに、スローなリズム、噛みちぎるようなスタイルのデス声によるスラッジ・ドゥーム・サウンド。リフはメロディアスさや叙情性は皆無で、ブルージーさなどもほぼないので、とにかく邪悪でへヴィでスローなスラッジ・ドゥームが聴きたい方にオススメ。】


▲BATTLE RAM / Long Live the Ram

1,300円

・盤質:S イタリア 正統派メタル’13年 1st 輸入盤  【太めの声質でパワフルで安定感のあるヴォーカル、哀愁の歌メロとギター・フレーズ、歌心がありつつスウィープ等も絡めた流麗なギター・ソロが印象的な正統派メタル。Tr.1、2等一部の曲でリズム面にひねりがあったりしますが、全体的にはストレートな曲が中心。'80年代正統派をもう少し骨太にしたようなものが好きな方にオススメ。】


▲BALROG / Miserable Frame

1,300円

・盤質:S イタリア 正統派/パワー・メタル’12年 2nd 輸入盤  【前作よりも歌メロやギター・ソロの叙情性が増していて分かりやすい場面が増えているのと、ギターがチューニングを下げたへヴィなリフを多めに駆使するようになっているのが特徴的。ダークなリフにちょっぴり陰鬱なアルペジオの静のパートによってやはり前作同様ダークさが強めの正統派/パワー・メタル。】


▲BALROG / A Dark Passage

1,300円

・盤質:S イタリア 正統派/パワー・メタル’10年 1st 輸入盤  【低音からハイトーン・シャウトまで幅広くパワフルでありつつ暑苦しいダミ声でラフにメロディを歌うヴォーカル、硬質な刻みリフ、タイトなリズムによる正統派メタル。部分的に変拍子を駆使したパートがあったり、静のパートをうまく導入した曲があるのも特徴的。あまりメロディアスではない少しダークな雰囲気の正統派メタルが聴きたい方にオススメ。】


▲AXEVYPER / Into the Serpent's Den

1,600円

・盤質:S イタリア 正統派メタル’16年 3rd 輸入盤  【ハイトーン・ヴォーカルと程よくクサみのある哀愁の歌メロに、哀愁のあるツイン・リードや流麗で非常に安定感のあるメロディアスなソロ、硬質な刻みリフを聴かせるギター、時折ギターとユニゾンしたり速弾きしたりソロを聴かせたりするベースによるとても質の高い正統派メタル。やはりIRON MAIDENが好きな方にオススメ。】


▲ABSINTHIUM / One For The Road

1,300円

・盤質:B イタリア 正統派メタル’12年 1st 輸入盤  【全体的にはそんなにイタリアっぽくないギター主体のIRON MAIDEN影響下の正統派メタル。そこそこ疾走感がありつつ、静と動を切り替えた巧みな展開のある正統派メタル・サウンド。】


▲ASTAROT / Raw Sensation of Nostalgia and Nihilistic

1,300円

・盤質:S メキシコ ブラック・メタル’12年 1st 輸入盤  【無機的で空虚なモヤモヤしたアンビエント・サウンドを駆使し、薄っぺらく篭った音質のブラック・メタルにかぶせたディプレッシヴ・アンビエント・ブラック・インスト。とにかく非常にジメジメと閉鎖した空間が展開されており、光が一切差し込む余地の無い陰鬱なサウンドを聴かせてくれます。やはりXASTHURを思わせるところが強い作品。】


▲ASTAROT / Gateway Microcosm

1,300円

・盤質:B メキシコ ブラック・メタル’15年 3rd 輸入盤  【XASTHURのような閉鎖的病的陰鬱アンビエント・ブラックだった1st、アトモスフェリックさが強まった2nd、そして今作はよりアトモスフェリックさが強まり、浮遊感と儚さを増してポスト・ブラック寄りなサウンドになっているのが特徴。PEST PRODUCTIONSから出ているようなポスト・ブラックが好きな方にオススメ。】


▲ASTAROT / As Leaves Fall

1,300円

・盤質:S メキシコ ブラック・メタル’13年 2nd 輸入盤  【ディプレッシヴなアンビエント・ブラックという路線は同じながら、鳥のさえずりのSEが入ったり、悲痛な絶叫が入るところがインストだった前作と違うところ。一方で全体的にはアトモスフェリックさが強まっているのが特徴で、光の一切届かなかった陰鬱サウンドの前作と違ってかなり光が差し込んでくる内容になっているのが特徴です。】


▲ARCHITECT OF DISEASE / Open the Hearts

1,300円

・盤質:B ポーランド ブラック・メタル’13年 1st 輸入盤  【地声成分が残った唸るようなグロウルに、汚く潰れたトレモロ・リフとノイジーで不穏なアルペジオを聴かせるギター、結構主張が強めでメロディックなフレーズも聴かせるベース、ドカドカしたドラムによるブラック・メタル。割と邪悪で汚いブラック・メタルながら、ギター・ソロは結構メロディアスなところが特徴的。】


▲ARATHORN / Treue & Verrat

1,600円

・盤質:S ドイツ 独りプリミティヴ・フォーク・ブラック’08年 2nd 輸入盤  【フォーキッシュなメロディを感じさせるトレモロ・リフやキーボード、汚い掠れデス声によるフォーク・ブラック的なパートと、アコースティック・フォークの静のパートを切り替えるULVERの1stを思わせるようなサウンドの作品。音質がプリブラ的なのがかえってプリミティヴな中世的世界観の構築にハマっている名作。】


▲ANCESTRUM / Spells By The Northern Winds

1,300円

・盤質:S アルゼンチン ペイガン・ブラック’11年 1st 輸入盤  【掠れデス声と、メロディックさもあるトレモロ・リフによる薄メロ・プリブラを基本としつつ、朗唱パートや勇壮な刻みリフのパワー・メタル的なパートを交えたペイガン・ブラック。ENSLAVEDのEldみたいに、基本は展開のあるアグレッシヴなブラック・メタルながら、効果的に朗唱を交えてペイガン臭醸し出す作品が好きな方はぜひ。】


▲AMEZARAK / Daemonolatreia

1,600円

・盤質:S ロシア 独りメロブラ/プリブラ’14年 4th 輸入盤  【軽くて薄いサウンド・プロダクション、ノイジーなギターの音、掠れデス声絶叫ヴォーカルは実にプリミティヴ・ブラック的ながら、トレモロ・リフが非常にメロディックなところが特徴的な作品。一部の曲を除いて、薄メロ・プリブラという範囲を超越してもはやメロブラと言っていいほどにメロいのがポイント。】


▲ACCURSED CHRIST / Through the Fringe of Life

1,600円

・盤質:S ロシア 悲しみの薄メロ・プリブラ’11年 1st 輸入盤  【ノイズを纏ってボカボカした音で汚く疾走するドラム、ぐちゃぐちゃした質感のギターにボルボルと絡みつくベース、低音のゲロゲロした掠れデス声で邪悪さが非常に強いサウンド。しかし音質やヴォーカルは汚いながらもリフがかなり悲しくメロウな、悲しみの薄メロ・プリブラといった内容。さすがロシア産です。】


▲ACCEPTUS NOCTIFER / Amores de Oficio

1,300円

・盤質:S ポルトガル ブラック・メタル’09年 1st 輸入盤  【音質はノイジーで少し薄っぺらく、ヴォーカルも恨みが篭ったような掠れデス声ながら、トレモロ・リフはかなりメロウな薄メロ・プリブラ。ミドル/スロー・ナンバーもありで疾走感はそこそこ。また、Tr.4、5、9のように少し路線が違う曲も収録しているのが特徴。メロウでノイジーなトレモロ・リフが好きな方にオススメ。】


▲ABYSSGALE / Hegemon

1,600円

・盤質:S ギリシャ ブラック・メタル’14年 1st 輸入盤  【クリアな音質、タイトなブラストに、ミドル・パートでも手数多くスピーディに叩きつけられるドラム、不穏さで寒々しいリフとスラッシュ・メタル的な刻みリフを併用するギター、掠れデス声絶叫によるブラック・メタル。昔ながらの王道のブラック・メタル・サウンドを継承しつつ、音質がクリアで演奏がタイトなものが聴きたい方にオススメ。】


▲ABOMINATOR / Evil Proclaimed

1,600円

・盤質:S オーストラリア デス・ブラック’15年 5th 輸入盤  【ジャケからも存分に伝わってくる、デス・メタル寄りな図太く汚い低音リフと同じくドカドカした音のドラムによるアグレッシヴな爆走主体のデス/ブラック・メタル。掠れデス声やブラスト主体のドラム、トレモロ・リフ主体のギターはブラック・メタル的でありつつ、デス・メタル的な音圧やドロドロ感もあるものが好きな方にオススメ。】


▲ANORMA / Hellucination

1,600円

・盤質:S インドネシア メロディック・デス’12年 1st 輸入盤  【インドネシア産ながらアジア臭は一切無く、何も予備知識なしで聴けば多くの人がスウェーデン産?と答えるであろう、いわゆるイェテボリ系な'90年代メロデスを継承したサウンド。あ〜、IN FLAMESマジで好きなんだろうなぁっていうのが伝わってきます。個性は無いですが高品質。疾走感を抑えた叙情メロデスが好きな方にオススメ。】


▲ALL I COULD BLEED / Burying the Past

1,300円

・盤質:S ロシア 女性ヴォーカル・メロデス’11年 1st 輸入盤  【アグレッシヴなグロウルを聴かせる女性ヴォーカル、時にキラキラと、時にふわ〜っとした音でバックを彩るキーボードが印象的なメロディック・デス。ただ、起伏のある構成をしていつつもミドル・パートが主体で、ギター・リフも正統派/パワー・メタル寄り。ギターからはロシア産らしいメランコリックさも漂います。】


▲AETERNUS PROPHET / Exclusion of Non-Dominated Material(Виключення以下略)

1,300円

・盤質:S ウクライナ 遅いデス・メタル’16年 2nd 輸入盤  【遅いブラスト・ビート(笑)を一部の曲でちょっぴり繰り出すくらいで頑ななまでに疾走したがらないのが大きな特徴。ミドル・テンポのどっしりしたドラムのリズムとへヴィなリフに合わせてシャウトする様はグルーヴィで、ある意味キャッチーでもあるデス・メタル。ドゥーム/ストーナーともリフの質感が違う、まさにミドル主体のデス・メタル。】


▲ANCIENT DOME / Perception of This World

1,300円

・盤質:S イタリア スラッシュ’10年 2nd 輸入盤  【地声でシャウトするヴォーカル、速弾きもウマく絡めたメロディックな刻みリフを聴かせるギター、疾走主体にテンポやビートを切り替える展開でじっくり聴かせるスラッシュ・メタル。カッチリした演奏とそこそこの疾走感で起伏があって、リフがメロディックなスラッシュ・メタルが聴きたい方にオススメ。】


▲ANCIENT DOME / Cosmic Gateway to Infinity

1,300円

・盤質:S イタリア ちょいテク・スラッシュ/パワー’14年 3rd 輸入盤  【前作同様メロディックなリフと疾走主体に起伏のある展開で聴かせるパワー寄りスラッシュ路線ながら、イマイチ路線が定まりきっていなかった前作と比較すると、明確にリズムのテクニカルさとリフやソロのメロディックさを押し出した今作はより多くのリスナーにオススメできる完成度の高い作品に仕上がっています。】


▲ADAMAS / Heavy Thoughts

1,300円

・盤質:S US スラッシュ・メタル’15年 2nd 輸入盤  【地味なメロディをダミ声で歌うヴォーカルに、サクサクした(ザクザクというには少々軽いw)刻みリフ、図太い音のドラム、要所でスラッピングも聴かせるベースによるスラッシュ・メタル。正統派メタルくらいのテンポでの疾走と、ミドル・パートを切り替えながら進み、メロウなフレーズも所々入れてくるパワー・メタル寄りなサウンド。】


▲ABUSER / Threats of Fate

1,600円

・盤質:S イタリア スラッシュ・メタル’10年 1st 輸入盤  【程よいテンポの疾走パートを主体に程よく変拍子を交えたちょっと意外性のあるテクニカルなリズム、テンポ・チェンジ等の展開でちょっぴりテクニカルなスラッシュ・メタル。MEKONG DELTA等のようにやりすぎなほど複雑ではなく、VOIVODのようにプログレッシヴというほどでもない、程よくテクニカルなスラッシュが聴きたい方にオススメ。】


▲ABYSMAL GROWLS OF DESPAIR / Between My Dead

1,300円

・盤質:S フランス ドローン・アンビエント・デス・ドゥーム’15年 5th 輸入盤  【とんでもなく低い音のリフと、同じくとんでもなく低いもはや地中に埋まりそうなガテラル・ヴォーカルに、激烈にスローなドラムのリズムが印象的なデス・ドゥーム。そこにアトモスフェリックなドローン・アンビエント・サウンドをうまく絡めたパートや、まるまるアトモスフェリックな展開になったりする大作主義の1枚。】


▲APHONIC THRENODY / When Death Comes

1,600円

・盤質:S 多国籍 フューネラル・ゴシック/ドゥーム’14年 1st 輸入盤  【スローなリズムのドラムの上を、絶望的なガテラル・ヴォーカルに悲哀に満ちた絶叫グロウル、中音域の悲しいギターのメロディ、メロウなベースやチェロ、アトモスフェリックなキーボードがフワ〜っと乗っかるフューネラル・ゴシック。MAR DE GRISESやREMEMBRANCEなどのような悲しく美しいものが好きな方にオススメの名作。】


▲ASSEDIUM / Fighting for the Flame

1,300円

・盤質:S イタリア エピック・パワー・メタル’08年 2nd 輸入盤  【勇壮なメロディを含蓄したリフに歌心ある哀愁のソロを聴かせるギター、中〜高音域のヴォーカルによるエピック・パワー・メタル。歌メロにしてもテンポを切り替える展開にしてもIRON MAIDENを思わせるところがあるサウンドで、ミドル・ナンバーが中心。そこにフォーキッシュさを感じさせる哀愁のメロディが加わったサウンド。】


▲ANTHENORA / The Ghosts of Iwo Jima

1,300円

・盤質:S イタリア パワー・メタル’10年 3rd 輸入盤  【少しガナり気味ながら中〜高音域でパワフルな歌唱を聴かせるヴォーカルと、硬質な刻みリフ主体のギターによる正統派/パワー・メタル。歌メロが前作よりはメロディアスさを増している印象で、歌メロのバックでメロディアスなフレーズを奏でるギターも印象的。今作もまたアップ・テンポ・ナンバーとミドル・ナンバーがバランスよく収録。】


▲ANTHENORA / Soulgrinder

1,300円

・盤質:S イタリア パワー・メタル’06年 2nd 輸入盤  【中〜高音域主体に安定感ある歌唱を聴かせる太めでしっかりと芯のある声質のヴォーカルに、硬質な刻みリフを主体にしたパワー・メタル。アップ・テンポ・ナンバーとミドル/スロー・ナンバーをバランスよく収録した内容。歌メロはクサすぎず、ギターがソロにて哀愁を醸し出すような正統派/パワー・メタルが好きな方にオススメ。】


▲ANGUISH FORCE / III: Invincible Imperium Italicum

1,300円

・盤質:S イタリア パワー・メタル’08年 3rd 輸入盤  【ジャーマン・メタルを下地に、初期HELLOWEENのようなスラッシーなメロパワや、高速爆走スラッシュ・ナンバーも収録したメロディック・パワー・メタル作品。ただ、爆走ナンバーでは演奏が速いテンポについていけておらず崩壊気味だし、ハイトーン・ヴォーカルも不安定。音質も薄いというB級パワー・メタル作品です。】


▲SUICIDE FOREST / BY ONESELF / Galaxy of Depression

1,250円

・盤質:B 日本/タイ ディプレッシヴ・ブラック Split盤 輸入盤  【BY ONESELFはRawで篭った音質の中をノイジーなリフと絶叫が飛び交うプリミティヴ・ディプレッシヴ・ブラックに、アトモスフェリックなアンビエント等を収録した内容。作品ごとに微妙に路線が違うSUICIDE FORESTはディプレッシヴ・ノイズ・ブラックといった感じで、他の作品と比較すれば割と真っ当にディプレッシヴ・ブラックしているのが印象的。】


▲SUICIDE FOREST / A.V.D.L / Depression of Ruins

1,680円

・盤質:B 日本 ディプレッシヴ・ブラック Split盤 輸入盤  【ディプレッシヴ・ブラックを基本にしつつも作品ごとに路線が異なるSUICIDE FORESTは、ここでは打ち込みサウンドを大々的に駆使したエレクトロ/インダストリアル・ブラック路線が主体。A.D.V.Lはディプレッシヴ・ブラック下地のポスト・ブラックいった感じのサウンドが主体。】


▲SUICIDE FOREST / Dead Mountain(Re;⇔Zero)

1,680円

・盤質:B 日本 ディプレッシヴ・ブラック 輸入盤  【ブラジルのブラック・メタル、LAMURIA ABISSALのメンバーとの共作となる作品。ノイジーにそして奔放に荒れ狂うギターとスローなドラムのリズム、発狂気味の絶叫ヴォーカルによるディプレッシヴなブラック・メタルに、キラキラしたエレクトロ・サウンドがバックで煌くアトモスフェリック・ディプレッシヴ・ブラックといった感じのサウンド。】


▲SUICIDE FOREST / Deadly Ocean

1,500円

・盤質:B 日本 ディプレッシヴ・ブラック 輸入盤  【作品によって路線の違うブラック・メタルを聴かせてくれる日本のブラック・メタル・バンド。今作はトータルではディプレッシヴ・ブラック色が強く、ジャケットから想起されるような爽やかさをギミックのように用いつつ、いつの間にか自殺空間に引きずり込むようなサウンドが印象的な1枚。壮絶な絶叫満載です。】


▲SUICIDE FOREST / Vegetamin OverDose

1,260円

・盤質:B 日本 ディプレッシヴ・ブラック'17年 EP 輸入盤  【全体的にはノイジーなプリミティヴ/ディプレッシヴ・ブラックを基本に、絶望的なピアノに死にそうな絶叫が乗っかるTr.1、シンフォニック・ブラックとRawなディプレッシヴ・ブラックが融合したようなTr.2、低音歌唱のスロー・パートと絶叫する爆走パートの対比がカッコいいTr.3と、多彩な曲を収録した3曲入りEP。】


▲SOLINARIS / Deranged

1,600円

・盤質:B カナダ プロブレッシヴ・デス/ブラック’16年 1st 輸入盤  【プログレッシヴ・デス/ブラックといった感じで、雰囲気としてはA FORST OF STARSや、EPHEL DUATH辺りを思わせるところがあります。A FOREST OF STARSよりはデス・メタル要素が強く、EPHEL DUATHほど展開は多くないといった感じ。暗黒な雰囲気と妖しげな雰囲気が楽しめるプログレッシヴなデス/ブラック・メタルが聴きたい方にオススメ。】


▲PLUTONIUM / Born Again Misanthrope

1,300円

・盤質:B スウェーデン インダストリアル・ブラック’16年 3rd 輸入盤  【音質自体はクリアながら、ヴォーカルの掠れデス声絶叫はモヤモヤして広がるような質感があるのが特徴的で、シンプルかつ不穏なリフを繰り返すギターにバタバタ疾走するのが主体のドラムで、基本にあるのはプリミティヴ・ブラック。プリブラにエレクトロ、インダストリアル要素で軽く味付けしたようなものが聴きたい方にオススメ。】


▲NIHILISTINEN BARBAARISUUS / The Child Must Die

1,300円

・盤質:B US シンフォニック・ブラック’15年 2nd 輸入盤  【高速なブラスト・ビートと、シンフォニックなキーボードを押し出したシンフォニック・ブラック・メタル・サウンド。金管を押し出したゴージャスな感じではなく、ふわ〜っとしたストリングス系の音色主体のキーボード・オーケストレーションによる荘厳さが強いゴシカルな雰囲気も感じられるシンフォニック・ブラックです。】


▲EPITIMIA / (Un)Reality

1,600円

・盤質:A ロシア メランコリック・ブラック’14年 4th 輸入盤  【メランコリックな悲しみに満ちたトレモロ・リフを軸に、悲しい単音メロディも聴かせるギターに、ゲストの哀愁のサックス・ソロを交え、スロー・パート中心にブラスト疾走も要所で交えた起伏のあるドラマティックな展開で聴かせるメランコリック・ブラック・メタル。ロシア産らしい冷たいメランコリーに包まれた名盤!】


▲ENOCHIAN CRESCENT / NEF.VI.LIM

1,300円

・盤質:A フィンランド 少し個性派のメロブラ’10年 4th 輸入盤  【線の細めの高音の掠れデス声絶叫や唸り、囁くような歌唱も聴かせる表現豊かなヴォーカルがまず印象的。シンガロングな朗唱コーラスが入るところも個性的です。刻みリフが多めではありますが、トレモロ・リフのメロディが分かりやすくなっており、メロディアスな単音フレーズも駆使するギターで前作よりもメロディックさが増している印象。】


▲URSHURARK / Pandemonium Theory

1,300円

・盤質:B イタリア ゴシック・メロデス’04年 2nd 輸入盤  【'90年代初頭のデス・メタルのようなちょっとモコモコした質感のサウンド・プロダクションで、ギュボギュボと汚く刻まれる低音リフと、それとは裏腹にメロディックなトレモロ・リフやリード・ギター、電子音系で儚さやストリングス系で荘厳さを醸し出すキーボード、ガテラル寄りなグロウルを聴かせるヴォーカルによるゴシック・メロデス。】


▲SHTURM / Karmaruna

1,300円

・盤質:B ロシア クサメロデス/メタルコア’12年 3rd 輸入盤  【ヴォーカルにメタルコア要素も感じられるアグレッシヴでモダンなメロディック・デスに、要所でメロパワ/メロスピ的なリフやクサメロを絡めてくるものが聴いてみたい方にオススメ。デス/ハードコア要素があるものの、総合的には疾走感に溢れる上にメロディックで結構クサいので、疾走クサメロ好きに試しに聴いてみてほしい1枚です。】


▲ENTROSPECT / Inverse Polarity

1,600円

・盤質:A チリ デス・メタル’13年 1st 輸入盤  【カッチリしたデス・メタル・サウンドを軸に、ブラック・メタル色やメロディアスでテクニカルなギター・ソロを加えたようなものが聴いてみたい方にオススメ。ブルデスというほどブルータルではなく、メロデスというほどメロディアス過ぎないというバランス。コレはカッコいいです。保管しづらいケースのみが難点…。】


▲PHRENETIX / Fear

1,600円

・盤質:B リトアニア スラッシュ・メタル’15年 1st 輸入盤  【甲高い地声でシャウトするヴォーカル、ザクザクした刻みリフ、疾走とミドルを切り替える展開で聴かせる'80年代スラッシュ直系のスラッシュ・メタル・サウンド。カッチリしつつ疾走感もある'80年代直系なスラッシュ・メタルが聴きたい方に激押し。コレぞスラッシュ・メタルです。】


▲SUBTERRANEAN DISPOSITION / Subterranean Disposition

1,300円

・盤質:B オーストラリア ディプレッシヴ・メランコリック・デス・ドゥーム’12年 1st 輸入盤  【へヴィなリフの上を陰鬱で絶望的なクリーン・アルペジオに悲しい低〜中音域のメロディを奏でるギター、ガテラル・ヴォイスと低音のアンニュイなクリーン歌唱を聴かせるヴォーカル、スローなリズムによるデス・ドゥーム・サウンドを主体に、ミドル・パートやアンビエント・パートも絡めた展開で進むメランコリック・ディプレッシヴ・デス・ドゥーム。】


▲EXCRUCIATION / [g]host

1,300円

・盤質:B スイス メランコリック・ドゥーム’14年 3rd 輸入盤  【低音のダミ声でガナるヴォーカル、悲しげなアルペジオや中音域の刻み、低音のリフを使い分けるギター、スローなリズムのドラムによるメランコリックなドゥーム・メタル。フューネラル・ドゥームというほど極端に遅くも重くもなく、そこまでクサみを発散するような感じでも無いメランコリックなドゥーム・メタルが聴きたい方にオススメ。】


▲CROWN OF ASTERIA / Great Freshwater Seas

1,300円

・盤質:B US 女性独りアトモスフェリック・ブラック/ドゥーム’15年 4th 輸入盤  【なんと1曲60分の超大作。重苦しい空気を醸し出すドローン・アンビエントを主体に、笛や風のSE、ギターなどが乗っかる自然崇拝的なパートと、Rawな音質と陰鬱なトレモロ・リフで走るブラック・メタル・パートの多彩な場面展開で聴かせる作品。ひたすらに薄暗〜い雰囲気が漂った作品で、それが深き森の神秘のようなものを感じさせてくれる1枚。】


▲DARK THE SUNS / In Darkness Comes Beauty

1,300円

・盤質:B フィンランド メランコリック・ゴシック’07年 1st 輸入盤  【北欧産らしい冷たくメランコリックな質感のピアノ、へヴィなリフと儚げなアルペジオを使い分けるギター、ウィスパー・ヴォーカルとガテラル・ヴォーカルを駆使するヴォーカルによる悲しみが強いメランコリック・ゴシック。曲の構成やリフはストレートなものが多くて悲しくも分かりやすく聴きやすい作品。】


▲WAKIM IN HOUSE OF THE DEAD / Songs Of The Moss

1,300円

・盤質:A プログレッシヴ・サイケデリック・ロック 輸入盤  【リズムやコード・ストローク主体のギター・リフの軽快なノリは普通のロックですが、陶酔感のある中音域のマイルドなヴォーカルにモヤモヤした広がりのあるサウンド・プロダクションによって奇妙な酩酊感が生まれているサイケデリックさを醸し出してくるプログレッシヴ・サイケデリック・ロック。】


▲SEASONS OF THE WOLF / Lost in Hell

1,300円

・盤質:B US ハード・ロック/正統派メタル’99年 2nd 輸入盤  【ミステリアスさを孕んだ歌メロを軸にしたキーボード入り正統派メタル。ギター・ソロはブルージーな色合いが強く、ブルージーさにキャッチーさとクラシカル風味を加えたプレイはリッチー・ブラックモア辺りからの影響が感じられます。どれかといえば様式美ハード・ロックと言われるようなものが好きな方にオススメ。】


▲ODRADEK ROOM / Bardo. Relative Reality

1,600円

・盤質:B ウクライナ メランコリック・プログレッシヴ・メタル'13年 1st 輸入盤  【グロウルと渋い低音朗唱を駆使するヴォーカル、へヴィ過ぎないながらもどんよりとしたゴシック・メタル的な低音リフを軸に、その上を不穏さとメランコリックさや儚さを醸し出すクリーン・トーンのギター・フレーズが舞い、その下を多彩なリズム・パターンを繰り出すドラムが蠢くプログレッシヴなサウンド。とにかく非常に儚く美しい名作!】