METAL ERINGIの宮殿
★アーティスト名、アルバム名を検索する時はA、B、Cで検索してください。例えばBURZUMの場合はBURZUMなら引っかかりますが、バーズムと検索しても引っかかりません。
ホーム マイアカウント お問い合わせ

会員専用ページ
ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

メタルエリンギ

こんにちは!HEAVY METAL大好きなメタルエリンギと申します。

近くにメタル専門のCD屋が無い!CD屋があってもメタルが無い!一応近くに無いこともないけど、忙しくて営業時間内に行けない!なんていう悩めるメタラーの皆さんに、メタルのCDを手にしていただきたく、このショップを運営しております。

中古、新品両方の取り扱いがございますが、新品は輸入盤がメインで国内盤はほぼありません。マイナーな輸入盤が多めになっております。

下記のリンクは当店の入荷情報やセール情報、その他聴いたCDのコメントや日記みたいなものなどを掲載している私のブログへのリンクとなります。

では、よろしくお願いいたします。

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
RSS ATOM
当店の全商品一覧です。
全商品
並び順を変更» ■価格順新着順

▲VALE OF PNATH / II

2,000円

盤質:S US テクニカル・デス’16年 2nd 輸入盤【今作もまたスピーディな2ビートやブラスト・ビート、高速2バス連打を軸に、変拍子や、ビートを頻繁に切り替えたりする起伏のあるリズムと、動きが多い刻みリフと速弾きフレーズを駆使したテクニカルなリフを絡めたスリリングなテクニカル・デス!前作より少しメロディアスになった印象。前作と併せて今作も必聴!】


▲GLORIA MORTI / Kuebiko

2,000円

・盤質:S フィンランド ブルータル・ブラック’16年 5th 輸入盤  【今作はブラック・メタル色が強め。シンフォニック要素は無いものの、EMPEROR、KEEP OF KALESSINなどのブルータルでありつつ比較的ドラマティックなブラック・メタルが好きな方に試しに聴いてみてほしい作品。ブルータリティが重視されつつ要所でほんのり叙情的なリフが聴けるサウンドは実にかっこいいです。】


▲DESECRAVITY / Implicit Obedience

2,000円

・盤質:S 日本 テクニカル・ブルデス’12年 1st 輸入盤  【ガテラル・ヴォーカルをしながら邪悪なトレモロ&テクニカルなフレーズ連発のギター・リフに、スウィープ連発も余裕のギター・ソロ、高速ギターと絡み合い時に壮絶なソロも決めるベース、日本でも最強クラスのスピードとテクニックを誇る超高速ブラスト・ドラムと、そのどれもが圧倒的にブルータルでテクニカル!ブルデス・ファンはスルー厳禁の至高の逸品!】


▲DESECRAVITY / Orphic Signs

2,000円

・盤質:S 日本 テクニカル・ブルデス’14年 2nd 輸入盤  【ドラム以外のメンバーが入れ替わり、さらに4人編成から3人編成に変わってリリース。圧倒的に高速で爆走しまくりつつ、変化に富んだテクニカルなリズムとトリッキーなソロ・フレーズで押しまくる怒涛のテクニカル・ブルデスが聴きたい方は前作同様必聴。今作もまた日本臭ゼロの世界レベルのテクニカル・ブルデスに仕上がっています。】


▲GOROD / Leading Vision

2,000円

・盤質:S フランス テクニカル・デス’06年 2nd 輸入盤  【ブラストと2ビートの疾走パートをメインに変拍子も交えて展開するテクニカルなリズムと、攻撃的な刻みリフにフックある速弾きフレーズを織り交ぜたギター・リフを駆使するGOROD節はこの2ndでもバッチリ楽しめます。強いて言うなら3rd、4thの方がブルータリティが強い印象ですが、ギター大活躍のテクデスが好きな方は必聴です。】


▲CENTURY / Black Ocean

1,200円

・盤質:S US メタルコア’08年作 輸入盤  【非常にズッシリとしていてかつ硬質なリフとリズム、ハードコア的なスクリームを基本にしつつ、変拍子等のテクニカルなリズムを絡めて突き進むメタルコア・サウンド。Tr.2のように部分的にエモいフレーズを入れてくる辺りが個性的です。へヴィなリフと凝ったリズムのサウンドが好きな方にオススメ。曲は3〜4分程度で聴きやすいです。】


▲CENTURY / Red Giant

1,200円

・盤質:S US メタルコア’11年作 輸入盤  【よりハードコア寄りになった地声成分多めのスクリーム主体のヴォーカル、疾走パートとビートダウン・パート切り替えるメタルコア・サウンド。THE MARS VOLTAみたいな歌メロを要所で入れてくるところも相変わらず。テクニカルなリズムを要所で駆使したサウンドでもありますが、前作よりはストレートな印象です。】


▲DISMEMBER / Like an Everflowing Stream

2,000円

・盤質:S スウェーデン デス・メタル’91年 1st 輸入盤  【スラッシュ・メタル色もほぼ無い純デス・メタルなサウンドであり、2ビート中心で粗暴に突っ走るドラムとボリボリした低音刻みリフは邪悪でありながら、まだ'91年というメロデスが一般的で無かった時期にもかかわらず、かなりメロディックなリフやソロを聴かせる衝撃的な1枚。後追いで聴いても非常に興味深い1枚です。】


◆UNDER-RADIO / Under-Radio

1,300円

・盤質:S、US テクニカル・メタル’03年 1st 輸入盤【グレッグ・ビソネット、マット・ビソネットのビソネット兄弟に、マーク・ゾンダーまで参加している豪華なバンド。サウンド的にはツイン・ドラムなのかどうかは分かりませんが、ヘヴィなリフと手数の多いドラム、キャッチーなメロディによる割と王道の'90年代的なアメリカン・メタルといった感じ。動きが多いながらもグルーヴ感溢れるドラムとベースが印象的です。】


★V.A. / The Spirit Lives On - The Music Of Jimi Hendrix Revisited / Volume 2

1,000円

・盤質:S、Lion Music所属アーティストらによる、Jimi Hendrixトリビュートその2 輸入盤【First Rays of the New Rising Sun、Band Of Gypsys等から選曲されていたり、Vol.1と比較すると少々マニアックな内容。それでいて、代表曲「Purple Haze」も収録。ジミヘン未聴の方には代表曲が揃っているVol.1の方がオススメ。こちらはどちらかというとジミヘン好きな方にオススメ。】


★XANIMA / Inside Warrior

1,000円

・盤質:S その他状態: 詳細不明 プログレッシヴ・ロック’09年作 【規格番号:LMC 263】輸入盤


★WATERCLIME / The Astral Factor

1,000円

・盤質:S その他状態: スウェーデン ヴィンターソーグによるプログレッシヴ・ロック’06年 1st 【規格番号:LMC 164】輸入盤


★TWINSPIRITS / Legacy

1,000円

・盤質:S、イタリア テクニカル・メタル’11年 3rd 輸入盤【技巧派メンバーが集まったバンドで、(Key)にはEMPTY TREMORの名手ダニエレ・リヴェラーニが、同じくEMPTY TREMORの近年の作品に参加の(Ds)ダリオ・チッチョーニが参加。今作はとにかく曲がシンプルになったなぁという印象。変拍子を使ったスリリングなテクニカル・パートが大幅に減退し、歌重視のメロディアスな内容となっております。】


◆STAR QUEEN / Your True Self

1,300円

・盤質:S、ブルガリア プログレッシヴ・メタル’04年 2nd 輸入盤【渋くてゴツくて、オペラチックなソプラノ歌唱を聴かせたり、メロディを半分無視して語るように歌うところがある、女性版KING DIAMONDといった感じのクセが強い個性派のヴォーカルが特徴的なバンド。曲は前作以上にKING DIAMOND的な起伏のある展開の楽曲が増え、リズム面にも前作よりもクセがある印象です。主張の強いベースが聴きどころ。】


◆STAR QUEEN / Faithbringer

1,300円

・盤質:S、ブルガリア プログレッシヴ・メタル’02年 1st 輸入盤【渋くてゴツくて、オペラチックなソプラノ歌唱を聴かせたり、メロディを半分無視して語るように歌うところがある、女性版KING DIAMONDといった感じのクセが強い個性派のヴォーカルが特徴的なバンド。ボブ・カティオニスらによるソロの掛け合いは文句なしのすばらしさ。個性派の女性ヴォーカルを聴いてみたい方にオススメ。】


★SPEARFISH / Area 605

1,000円

・盤質:S その他状態: スウェーデン  ヘヴィ・メタル’05年作 【規格番号:LMC 127】輸入盤


★OTR / Mamonama

1,000円

・盤質:S その他状態: UK プログレッシヴ・ロック/ハード・ロック’08年作 【規格番号:LMC 244】輸入盤


◆MISTER KITE / Box Of Fear

1,300円

・盤質:S、スウェーデン テクニカル・メタル’04年 2nd 輸入盤【前作1stは3、4分の短い尺の中でところどころひねりのあるリズムや、キテレツなフレーズの速弾きギター・ソロを聴かせたりするテクニカル・メタルでしたが、今作はひねりのあるテクニカルな部分が間奏に集約された印象で、ストレートになって聴きやすくなったかなという印象。前作が好きな方にはもちろん、叙情テクニカル・メタルが好きな方にはオススメ。】


◆MIOSIS / Albedo Adaption

1,300円

・盤質:S、スウェーデン テクニカル・メタル’09年作 輸入盤【歌などのメロディ面は二の次で、ひたすら変拍子満載のテクニカルなリズムで聴かせるタイプのサウンド。非常にテクニカルである反面、不穏でダークなリフがメインで、歌メロがとっつきづらかったり、ギター・ソロが無かったりで、少々聴きづらさのあるサウンド。ドラム、ベースなどリズム楽器の聴き応えがある作品が好きな方にオススメ。】


★LARS ERIC MATTSSON / Vision

1,200円

・盤質:S、フィンランド テクニカル・ギタリスト’92年 4th 輸入盤【インストではなく、ヴォーカル入りのバンド・サウンドの作品。北欧らしい冷たさと強烈な哀愁と切ないメロディが炸裂しまくる、メロディアス・ハード的な内容の作品。ラーズは速弾きももちろん流麗なのですが、それよりも歌心のあるフレーズの泣きのギター・ソロが大量に聴けるのが最大のポイント!ギタリストの作品というよりは、優れた内容のメロディアス・ハードです。】


★KING OF DARKNESS / Triple Whammy

1,000円

・盤質:S、日本 ヘヴィ・メタル’01年 2nd 輸入盤【日本人3人組にりよるテクニカルなアメリカン・メタル/ハード・ロックといった感じの作品。Tr.1から強靭なグルーヴとテクニカルなフレーズで魅了してくれます。歌うようなフレーズとトリッキーでテクニカルなフレーズを織り交ぜたギター・ソロは、SIAM SHADEのDAITA辺りに通じるものがあってGood。バッキングまで魅力的です。】


◆IMAGINERY / Long Lost Pride

1,200円

・盤質:S、ギリシャ メロディック・パワー・メタル’05年 2nd 輸入盤【FIREWINDなどで知られる超絶技巧キーボード&ギターも弾けるボブ・カティオニスらによるバンド。曲そのものはストレートなリズムのメロパワがメインですが、ソロになるとテクニカルさ大爆発。かつてのSONATA ARCTICAや、DRAGONLANDといった、疾走感もありつつ歌メロもクサさがあり、キラキラしたキーボードが要所で入ってソロが激ウマみたいなメロパワ。】


★IAIN ASHLEY HERSEY / The Holy Grail

1,000円

・盤質:S その他状態: 詳細不明 ハード・ロック'06年作 輸入盤【ブルージーさのあるギター・リフとソロ、ハスキー・ヴォイスによるソウルフルな歌唱による、ブリティッシュ・ハード・ロック直系の陰のある歌メロが印象的なハード・ロック・サウンド。ほとんどが哀愁のミドル・ナンバーですので、渋い'70年代直系のハード・ロックが好きな方に非常にオススメ。】


★FROM BEHIND / Game Over

1,000円

・盤質:S その他状態: ドイツ ハード・ロック’06年作 【規格番号:LMC 176】輸入盤


◆FREAK NEIL INC / Characters

1,300円

・盤質:S、オランダ SUN CAGED他のメンバーによるテクニカル・メタル’05年 1st 輸入盤【変拍子による複雑なリズムの曲もあれば、Tr.3のように変拍子は使わない曲でも手数の多いドラムとスラッピングなどを駆使したベースでスリリングに聴かせてくれます。歌メロは全体的にそんなにメロディアスでもキャッチーでも無いですが、どちらかというと演奏部隊のスリリングな演奏を楽しむのを重視したい作品。】


★FRANCESCO FARERI / Forbidden Dimension

1,000円

・盤質:S、イタリア テクニカル・ギタリスト’05年 2nd 輸入盤【世界最速クラスの速度を誇る速弾きギタリストによるインスト作。超絶スピードのクラシカル・フレーズを爆走するリズムに乗せたスタイル。メロディアスさとかキャッチーさはそうでもなく、とにかく弾きまくり天国。Tr.6ではヴィタリ・クープリがキーボードで参加。狂気的な高速ソロを残しています。ヴィタリ・ファンはこの曲だけのために入手するもよしです。】


★ENGINE OF PAIN / I Am Your Enemy

1,000円

・盤質:S その他状態: オランダ スラッシュ・メタル’07年 1st 【規格番号:LMC 197】輸入盤


★ELIAS VILJANEN / The Leadstar

1,000円

・盤質:S、フィンランド SONATA ARCTICAのギタリスト’05年 2nd 輸入盤【1stが北欧らしさが前面に出ていた作風であったのに対し、今作では北欧っぽい湿ったメロディの曲は減り、彼が影響を受けたというジョー・サトリアーニを彷彿とさせる明るいメロディのキャッチーな曲が増えております。全体的に歌心が満載されており、ギターが歌い、ソロに入るとテクニカル!といった構成で、テクニカルさを残しつつより聴きやすくなった内容。】


★ELIAS VILJANEN / Taking the Lead + Live DVD

1,000円

・盤質:S、フィンランド SONATA ARCTICAのギタリスト’02年 1st 輸入盤【ギター・インストとなっており、テクニカル・プレイはもちろん、曲によっては強烈な泣きギターも堪能できます。このアルバムでは、北欧産ギタリストらしい哀愁と透明感溢れる陰性のメロディの曲が中心の統一感ある作風となっているのがポイント。メロディも聴きやすいので、テクニック重視すぎるインストはちょっと苦手という方にもオススメできます。】


◆DELPHIAN / Oracle

1,000円

・盤質:S、オランダ 女性ヴォーカル・テクニカル・メタル’05年 1st 輸入盤【地声の美麗な女性ヴォーカルがまず素晴らしく、さらにこのヴォーカルはフルートも兼任。このバンドの特徴は、変拍子の使用こそあまり多く無いものの、Tr.2などで聴けるようなアクセントをズラしたリズムの使い方が巧みなところ。変拍子を使わないでテクニカルに聴かせる術を心得たバンドです。プログレッシヴ・ゴシックが好きな方にオススメ。】


★CYRIL ACHARD TRIO / Trace

1,000円

・盤質:S その他状態:CD + DVD(PAL方式/国内プレイヤー再生不可) フランス テクニカル・ギタリスト 【規格番号:LMC 224】輸入盤


★BRUCE GAITSCH / Nova

1,000円

・盤質:S、US ギタリスト’02年作 輸入盤【ジャズ寄りの渋いフレーズが印象的なフュージョン系ギタリスト作品。ソウルフルなヴォーカル入りの曲もあり。サンタナのような哀愁あるフレーズや、ギター・トーンが好きな方にオススメ。フレットレスと思われるベースの柔らかな音色も素晴らしいですし、ディストーションよりもクリーン・トーンやアコギのプレイが多めでギターの音そのものが非常に優しいのが魅力。】


★BOREALIS / Fall from Grace

1,000円

・盤質:S その他状態: カナダ モダン・メロディック・パワー・メタル’11年 2nd 【規格番号:LMC 301】輸入盤


★AWAKE / Forever More

1,000円

・盤質:S UK テクニカル・メタル’11年 2nd 【規格番号:LMC311】輸入盤【1stアルバムでは変拍子を使った場面が2ndよりも多少多かったり、構成が多少凝っていたりとテクニカルな要素がありましたが、今作は緩急付いた展開のある曲がある以外はテクニカル要素は希薄。テクニカル・メタル…というよりは、モダンなメロディック/メランコリック・メタルが少し捻くれた感じといった方が妥当な作品。】


★ARTENSION / Future World

1,200円

・盤質:S、多国籍 テクニカル・メタル’04年 7th 輸入盤【まず(Vo)ジョンが喉にトラブル病み上がりで収録、本調子ではありません。(B)にはスティーヴ・ディジョルジオが参加。ギターが押し出されたダークでアグレッシヴな内容になっていますが、いつも通りのリズムの複雑なキメに、ヴィタリの超人的キーボード・ソロは健在。初めて聴くにはオススメではないですが、超絶技巧好きならコレも聴いて損は無いです。】


★ALEX MASI / In the Name of Bach

1,000円

・盤質:S イタリア テクニカル・ギタリスト’00年 7th 輸入盤【ドラムが入っていない完全にギターのみでバッハの曲を再現したギター・インスト作品です。クラシック・ギターとエレキを両方駆使していますが、クラシック・ギターの割合が高め。例えばVitalij Kuprijがやるような、クラシック曲を激しくメタル・アレンジ!みたいなものを期待すると完全に肩透かしをくらいますのでご注意ください。たおやかで荘厳で美しい内容のギター・インストです。】


★ALEX MASI / Vertical Invader

1,000円

・盤質:S イタリア テクニカル・ギタリスト’90年 4th 輸入盤【この作品はオール・インスト。スウィープを連発する場面があったり、高速のフル・ピッキングを聴かせたりとかなり弾きまくる場面が多く、静かな曲でもメタリックな曲でもどの曲でも弾きまくる場面があります。あまりメロディ重視な作風ではないです。クラシカルなフレーズを軸にした速弾きがガンガン聴けるもので、アドリブ重視のものが好きな方にオススメ。ソロはやっぱり粗め。】


▲INGURGITATING OBLIVION / Continuum of Absence

2,000円

・盤質:S ドイツ テクニカル・デス/ブラック’14年 2nd 輸入盤  【ジャケから漂っているように暗黒感の強いサウンドで、複雑な構成とリズムでさらに暗黒なカオス感を助長してくる、ブラック・メタル色のあるテクニカル・デス。曲の尺も7〜8分程度と長め。非常に複雑な構成とリズムの曲を難なくこなすタイトな演奏と、暗黒感溢れるサウンドのテクニカル・デスが聴いてみたい方にオススメ。】


▲BARING TEETH / Atrophy

2,000円

・盤質:S US テクニカル・デス’11年 1st 輸入盤  【不協和音だらけの不穏なリフに、急激にテンポが切り替わったりブラスト・ビートでかっとばす展開、変拍子を交えたリズム、唸るようなガテラル・ヴォーカルが不気味な空気を発散しまくる非常に緊張感の高いテクニカル・デス。とにかく終始不穏で不気味。そしてリズム面と展開の面で非常にテクニカルな1枚。不穏で気持ち悪いテクニカル・サウンドをお求めの方は必聴の名盤。】


◆CRYING STEEL / The Steel Is Back!

1,300円

・盤質:A イタリア 正統派メタル’07年 20年ぶり復活の2nd 輸入盤  【完全なる'80年代直送正統派メタル・サウンドが心地よい作品。さすがに活動歴そのものは長いだけあってヴォーカルも演奏も安定感のある実力派のサウンド。また、正統派メタルの中でもIRON MAIDENではなくJUDAS PRIESTタイプのストレートな構成とリズム、キャッチーな歌メロで聴かせるスタイルが特徴。アップ・テンポ・ナンバーと疾走ナンバーが主体で聴いていてかったるさが無く、曲の配置のバランスもいい名作です。】


◆DARK ESSENCE / The Abyss Gazes Back

1,100円

・盤質:B コロンビア ブラック/デス’14年 1st 輸入盤  【邪悪なメロディのトレモロ・リフを繰り出すギターとそれにユニゾンしてくるベースがなかなかハイテンション。タイトな高速ブラストを聴かせるドラムと、ガテラル・ヴォイスとグロウルを切り替えるヴォーカルはなかなかブルータル。そしてミドル・パートとブラスト・パートの緩急付いた展開や、テンポ・チェンジ、変拍子を駆使した凝った内容でじっくり聴かせる作風。トレモロ・リフ自体は結構メロディックです。】


◆DARK DOMINATION / Rebellion 666

1,100円

・盤質:C ラトヴィア ブラック・メタル’06年 2nd 輸入盤  【疾走パート中心に緩急のついた展開で聴かせるブラック・メタル。5、6分程度の良く練られた曲に、特別速いわけではないもののタイトなブラストと手数もあるドラムに、トレモロ・リフ主体のギターはかなり魅力的。ただ1曲ごとに2分程度の語りのようなトラックが入るのが難点です。】


◆DARK ARMAGEDDON / Unerreicht von Gottes Licht

1,300円

・盤質:B ドイツ プリミティヴ・ブラック’99年 1st 輸入盤  【凄くシャリッシャリと尖がった耳に痛い音質がまず印象的。ノイズ塗れのジャリジャリした質感でありつつもトレモロ・リフは薄らと哀愁を帯びており、そこはドイツ産らしいなと思わせます。そして荒々しい音に対して意外と曲はきちんと練られているのがポイントで、緩急付きつつ疾走パートが多めなので疾走感も十分。ノイジーさ全開ながらも勢いに溢れる演奏と叙情的なトレモロ・リフがとても魅力的な名作。】


◆DARK ARMAGEDDON / Flammenmeer

1,100円

・盤質:A ドイツ プリミティヴ・ブラック’13年 3rd 輸入盤  【'99年の1stではノイズ塗れで刺々しい音が耳に痛い衝撃的なプリミティヴ・ブラックを披露してくれましたが、この作品ではノイズ成分はほとんど無くなり、曲によって少しザラついた質感が出てくるくらいで、叙情的なトレモロ・リフと高音絶叫ヴォーカルはそのままに、楽器の演奏自体はクリアに聴こえるのが特徴。相変わらず曲はよく練られていますが、1stよりは疾走感が落ちています。】


◆DALKHU / Descend... into Nothingness

1,300円

・盤質:B スロヴェニア メロディック・ブラック’15年 2nd 輸入盤  【Tr.1こそドロドロした低音リフと図太いドラムの音、さらにはヴォーカルがガテラル・ヴォイスなせいもあって、デス・メタル色が強めのサウンドに聴こえてしまいますが、Tr.2ではデス・メタル色が和らぎ、Tr.3以降はメロディックなトレモロ・リフが主体となって、メロディック・ブラックと言っていいようなサウンドになります。起伏のある展開にアルペジオ等を駆使したドラマティックさが強めの内容です。】


◆DAGOR DAGORATH / Dissident

1,100円

・盤質:B イスラエル シンフォニック・ブラック’14年 2nd 輸入盤  【ゴツくへヴィな刻みリフとブラスト・ビートと高速の2バス連打主体のハイテンションなブラック・メタルに、随所でクラシカルなフレーズのキーボード・オーケストレーションが乗っかるシンフォニック・ブラック。ストリングス系の音が炸裂するところはANOREXIA NERVOSAっぽくもあり、キラキラしたところはLIMBONIC ARTっぽさもありといった感じのサウンド。】


◆CRYOSTASIUM / Alternative Funeral

1,100円

・盤質:A US 独りアンビエント・ブラック’13年 2nd 輸入盤  【ノイズを撒き散らすギターに、不穏なアンビエント、単調でスローなリズム、時にヘタレのような情けない叫びを、時に絶叫するヴォーカルを効果音的に駆使したディプレッシヴな要素が強めのアンビエント・ブラック。アトモスフェリックな感じではなく、ディプレッシヴで絶望的な感じのアンビエント・ブラックが好きな方にオススメ。やっぱりXASTHURが好きな方にオススメです。】


◆CORPUS CHRISTII / PaleMoon

1,300円

・盤質:A ポルトガル ブラック・メタル’15年 7th 輸入盤  【掠れデス声ヴォーカルというよりは、地声成分多めのダミ声絶叫ヴォーカルといった感じのヴォーカルと、寒々しいトレモロ・リフと不穏なコードを纏ってバタバタとブラスト疾走するプリブラ。アルバム全編ハイテンションに突っ走っており、絶対的な速度こそそうでもないものの、その疾走感はファスト・ブラックと言ってもいいくらいです。ラストTr.10まで全くサウンドにブレが無い名作。】


◆COPROLITH / Cold Grief Relief

1,100円

・盤質:B フィンランド ブラック・メタル’10年 1st 輸入盤  【ノイジーで刺々しさのあるサウンドでガツガツした刻みリフとドロドロしたトレモロ・リフを聴かせるギターに、ガテラル・ヴォーカルと高音で絶叫するヴォーカルによる邪悪さが非常に強いブルータルなブラック・メタル。音質自体はクリアで厚みもあって良好。刻みリフの暴虐性とトレモロ・リフのドロドロ感はEMPERORの3rd辺りを思わせる質感があってかなり強烈です。】


◆COLD GRAVE / Infernal

1,100円

・盤質:B ドイツ 独りブラック・メタル’07年 1st 輸入盤  【プリブラが下地ながらも所々「おっ」と思わせるキャッチーなリフを挟んでみたり、Tr.3、5みたいに叙情的な静のパートのある曲もあったりと多彩に演奏。Tr.2辺りはブラック・スラッシュ系が好きな方にオススメですが、Tr.3、5、6、8は薄メロ・プリブラが好きな方にオススメといった感じで、総合的には薄メロ・プリブラが好きな方にオススメ。切なげなトレモロ・リフを纏ってのブラスト疾走がとても印象的なTr.6が聴きどころ。】


◆DAMOKIS / Grinding Mother Whore

1,100円

・盤質:A マレーシア デス/グラインド’12年 1st 輸入盤  【破壊的な高速ブラスト・ビートで終始爆走する作品ではないですが、R&R的なノリの良いアップ・テンポなパートに、上記ハードコア的な明快な疾走、グルーヴィなミドル・パートを軸に、要所でデス・メタル的なブラスト・ビートを加えたような、非常にダーティな音ながらも爽快なノリのあるサウンドがポイント。ギターとベースがノイジーでとにかくグチャグチャしています。】


◆CYSTIC DYSENTERY / Homicidal Suicide

1,300円

・盤質:A US ブルータル・デス’16年 2nd 輸入盤  【オールド・スクール・デス・メタルを下地に、テンポやビート、リズムを切り替えまくる緩急のついた展開と、不規則な小節数での性急な展開を持ったかなりテクニカルなブルータル・デス・メタル。ギター・ソロにはMORBID ANGELのトレイを思わせるような妖気の漂うメロディアスさと流麗さがあるところもポイント。ラストまで勢いの衰えない名盤です。】


◆CURETAJE / Tractor Craneal

1,100円

・盤質:B 詳細不明 グラインドコア 輸入盤  【甲高い声でギャーギャー喚くヴォーカルと、ガテラル・ヴォーカルの2本立てに、20秒〜3分程度の短い尺で2ビートとブラスト主体に突っ走るグラインドコア。2〜3分の曲は緩急の付いた展開がありますが、30秒程度の曲はブラストであっという間に突き抜けます。ドロドロしたリフを駆使したデス・メタル色が強めの曲もあれば、切れ味鋭い刻みリフや荒々しいコードで突っ走るハードコア/スラッシュ色が強めの曲もあり。】


◆CROPMENT / Dead Soil

1,100円

・盤質:B スイス ブルータル・デス’09年 2nd 輸入盤  【何を言っているかわからない系の重低音のディープなガテラル・ヴォーカルに、カンカンに乾いたスネア・ドラムによるタイトなブラスト・ビート、ドロドロの低音ギター・リフ主体のギターによるオールド・スクール・デス・メタル下地のブルータル・デス。ブラスト・パートが中心でありつつテンポ・チェンジや変拍子の使用も多く、ブルデスらしくリズム面はかなりテクニカル。】


◆CORPSE GARDEN / Entheogen

1,300円

・盤質:B コスタリカ デス・メタル’15年 2nd 輸入盤  【王道デス・メタルが基本。しかし、スラッシーな疾走パートがあったり、邪悪なオーケストレーションが一瞬入ったり、叙情的なパートがあったりといった展開が特徴的。流麗なソロをはじめ多彩なソロや、効果音的なバッキングまで幅広いテクニックを持ったギタリストのセンスが光ります。こだわりの感じられる邪悪かつドラマティックな曲の構成にしても、優れた演奏面にしても実に聴きどころの多い名盤!】


◆CORPORATE DEATH / Angels & Worms

1,300円

・盤質:B ブラジル デス・メタル’13年 2nd 輸入盤  【ゴボゴボしたガテラル・ヴォーカルに、2ビートとブラスト・ビートの疾走パートを中心に、一瞬だけテンポを切り替えたり、リズムを切り替えたりといったテクニカルなギミックも駆使したデス・メタル。全体的にはCANNIBAL CORPSEやSUFFOCATIONのようなテクニカルな王道デス・メタルが基本で、曲によっては速弾き系リフやユニゾンで現代テクニカル・デス的な要素を見せつける作品。】


◆CORAM LETHE / ...a Splendid Chaos

1,300円

・盤質:A イタリア テクニカル・デス’09年 3rd 輸入盤  【リスナーがついていけないほどの過剰なテクニカルさではなく、程よい疾走感と程よい複雑さで聴かせるテクニカル・デスが好きな方にオススメ。量自体はそれほど多く無いものの、変拍子の使いどころが非常にウマいテクニカル・デスです。程よくメロディックさのある'90年代メロデス的なリフもGood。最後まで路線にブレが無いのもポイント。派手さこそないですけど名盤ですぞ。】


◆CRITICAL SOLUTION / Sleepwalker

1,100円

・盤質:B ノルウェー スラッシュ・メタル’15年 2nd 輸入盤  【'80年代的な硬質な刻みリフと2ビートの疾走パートに巧みにミドル/スロー・パートも交えつつ、メロディアスに歌うサビと言っていいパートや、ブラスト・ビートの使用もある新世代らしいモダンな質感のあるスラッシュ・メタル。ヴォーカルが歌ったり、メロディアスなギター・フレーズが多かったり、テンポやビート、静と動を切り替える展開があったりする凝ったスラッシュ・メタルが好きな方にオススメ。】


◆CREHATED / Anthems of Hate

1,100円

・盤質:B イタリア スラッシュ・メタル’08年 1st(唯一の作品) 輸入盤  【5、6分程度の少々長めの尺でグルーヴィなミドル/スロー・パートを主体に、要所に疾走パートを加えた展開で聴かせるグルーヴ/スラッシュ・メタル。グルーヴィで'90年代的なへヴィネスも感じさせる一方で、ギター・ソロが非常にメロディアスであるところが大きな特徴。スウィープ等を交えたテクニカル・プレイに泣きも絡めたソロは実に素晴らしいです。疾走感にこだわらない方向け。】


◆COMA / Mindless

1,200円

・盤質:B イタリア スラッシュ・メタル’13年 1st 輸入盤  【ダミ声でシャウトしつつも、ところどころメロディも歌うヴォーカル、スピーディなドラムと刻まれるギター・リフによるまさにスラッシュ・メタルらしいスラッシュ・メタル。'80年代のUS産スラッシュ・メタル直系サウンドで、たまに歌ったり程よいテンポで疾走するスラッシュ・メタルが好きな方にオススメ。】


◆DANTESCO / Pagano

1,300円

・盤質:A プエルトリコ エピック・ドゥーム’08年 2nd 輸入盤  【テノール歌手のような太い声質で伸びやかに歌い、時折ハイトーン・シャウトを決めるヴォーカル、フックのある刻みリフと低音の引き摺るようなリフ、中音域でメロディを奏でるギター、メロディックなフレーズを聴かせるベース、手数のあるドラムによるエピック・ドゥーム。とにかくヴォーカルが個性派かつ実力派なエピック・ドゥームが聴きたい方に非常にオススメ。やっぱりこのバンドは凄い!】


◆DAEVA DURZEIRICHE / Invoke

1,100円

・盤質:B 詳細不明。 アンビエント 輸入盤  【ジャケットから漂うブラック・メタル感は一切無しで、穏やかなで神秘的なアンビエントTr.1、虚無的アンビエントTr.3、ダンジョンぽい雰囲気のアンビエントTr.4、不穏なアンビエントTr.5など、様々なタイプのアンビエント・ナンバーを収録。とにかく盛り上がりとかそういうものの一切無い、かといって極端に暗く絶望的なわけでもない、無機的で虚無な雰囲気のアンビエントが好きな方向け。】


◆CRIMSON DAWN / In Strange Aeons...

1,100円

・盤質:B イタリア メロディック・ドゥーム’13年 1st 輸入盤  【イントロダクションであるシンフォニック・メタルみたいな荘厳な曲Tr.1が示唆するかのように、メロパワ色が強いドラマティックでメロディックなドゥーム・メタル・サウンド。ドゥーミーなパートと、メロパワ的なパートが切り替わる…のではなく、もう曲によって完全に特徴がドゥーム寄りかメロパワ寄りか分かれているのが特徴。ギターやキーボードのソロもメロディアスです。】


◆COVEN(現COVEN 13) / Worship New Gods

1,100円

・盤質:A US エピック・ドゥーム'87年 1st 輸入盤  【シンプルな低音リフのとコード進行が生み出すどんよりした雰囲気と、抑揚の極めて少ない地味すぎる歌メロが印象的なドゥーム・メタル。Tr.1やTr.5等、低音リフ主体の曲はドゥームと言ってもいいような感じですが、他の曲はむしろ正統派メタル、ハード・ロック的。C級以下正統派メタル、ドゥーム・メタル好きにしかオススメできない内容。このシンプルさが逆にツボにハマる方もいる…かもしれません。】


◆CONQUEST / Frozen Sky

1,500円

・盤質:B ウクライナ メロディック・パワー・メタル’05年 2nd 輸入盤  【強烈な疾走感だった前作ですが、今作は全11曲中疾走曲もしくは疾走パートアリの曲は4曲にとどまっており、随分と落ち着いた内容になっています。曲の配置のバランスも少々悪いです。しかしながら、部分疾走とはいえサビが激クサなTr.4や、高速刻みリフが疾走感を醸し出すTr.6、より叙情性を増した2曲のバラードもやはりメロディが素晴らしいので、メロパワ好きには十分オススメできる力作です。】


◆CONQUEST / Endless Power

1,600円

・盤質:B ウクライナ メロディック・パワー・メタル’02年 1st 輸入盤  【DRAGON FORCEのデビュー1年前にリリースされた作品で、そのDRAGON FORCEにテクニカル面などの派手さこそ劣るものの、当時で言えばトップクラスの高速疾走ぶりであったにも関わらず圧倒的な安定感を誇る演奏とヴォーカルに驚かされる1枚。再発盤のBT込みで全14曲中11曲が実に高速疾走ですが、2曲のバラードがとてもいい位置にあり聴き疲れも無し!クサメロも充実の文句無しの名盤です!】


◆CLENCHED FIST / The Gift of Death

1,100円

・盤質:B ブラジル パワー・メタル’12年 2nd 輸入盤  【ジャケから想像できる通りの勇壮なフレーズを盛り込んだパワー・メタル作品。リフこそRUNNING WILDを思わせるような勇壮なメロディアスさがあったり、スウィープを駆使したりするギター・ソロは流麗だったりしますが、歌メロは非常に地味で、GRAVE DIGGERや初期のBLIND GUARDIANを思わせるような感じです。B級で勇壮さのあるパワー・メタルでありつつ、歌メロはクサくないパワー・メタルが好きな方向け。】


◆AUDIORREA/MIXOMATOSIS / Tu sangre, nuestro bien comun

800円

・盤質:B スペイン デス/グラインド・バンドの’05年スプリット 輸入盤  【それぞれEPやデモ、ライヴ音源を収録しているため、スプリット盤であり編集盤でもあるような内容。3分程度の曲が並び、2バンドで70分程度と大ボリューム。どちらもブラスト疾走パート、ミドル・パート、スラム・パートを切り替えながら突き進むオールド・スクール・デス・メタル色の強いサウンド。疾走感はそれほど強くないですが、どちらも死臭の漂うサウンドです。】


◆ANDREW W.K. / The Wolf

100円

・盤質:A US ロック・ヴォーカリスト'03年 2nd 国内盤  【ハードさのあるギター・リフと、ガナるヴォーカルが主体ながら、Andrew自身のキャッチーで可愛らしいキーボードもしくはピアノのフレーズをフィーチュアしたサウンドであるため、王道のハード・ロックともラウド・ロック系ともちょっと質感の異なった作品。随所で挿入されるギターのメロディからは明るくハッピーな雰囲気が漂っているのも特徴。】


◆ASHES / Funeral Forest

800円

・盤質:B UK 独りプリミティヴ・ブラック’04年 9曲入りDemo 輸入盤  【か細く汚い高音掠れデス声ヴォーカルに、陰鬱さと薄らした叙情性が感じられるトレモロ・リフを軸にしたプリブラ。バタバタしたブラスト・パートとミドル/スロー・パートを切り替えながら突き進み、所々ふわ〜っとした不穏なキーボードの音を漂わせてくるのが特徴的。薄っぺらくノイジーな音質のプリブラを下地に、暗いアンビエントを絡ませて悲しげな雰囲気を醸し出すものが好きな方にオススメ。】


◆ARKTHOS / Knights of the Eternal Sun

800円

・盤質:B US 独りブラック’06年 2nd 輸入盤  【薄っぺらいと同時にシャリシャリとノイジーな耳に痛いサウンド・プロダクション、ビートを切り替えながらも崩壊気味に突進するドラム、汚く喚き散らすヴォーカルによるかなりハイテンションで邪悪なプリミティヴ・ブラック。ジャケットのペイガン的なイメージを持たず、「モノクロ・ジャケのプリブラ」のイメージで聴いてみてほしい作品。シャリシャリと尖った音と爆走、絶叫はなかなかのイーヴルさを発散してきます。】


◆ARGHARUS / Pleistas

1,300円

・盤質:A リトアニア ブラック・メタル’09年 1st(唯一のスタジオ・フル) 輸入盤  【なかなか音圧のある迫力のあるバンド・サウンドと、ゴツい唸り声や囁くような声、さらには絶叫も聴かせる狂気的なヴォーカルが印象的なブラック・メタル。トレモロ・リフや刻みリフの他、不穏なコードやアルペジオも駆使して不穏さ強めのサウンドを聴かせます。安定感と音圧のあるブラスト・ビートを聴かせ、手数もかなり多くてミドル・パートでも聴きごたえのあるドラムと全体的なクウォリティは非常に高いです。】


◆ALVERG / Elde

700円

・盤質:A ノルウェー プリミティヴ・ブラック’09年 1st 輸入盤  【基本的には不穏もしくは陰鬱なトレモロ・リフが主体ながら、各曲でほんの少しだけなかなかメロディックで叙情的なトレモロ・リフを使って「おっ」と思わせるところがあるのが印象的なプリミティヴ・ブラック。総合的には邪悪一直線のプリブラというよりは、薄ら叙情的な薄メロ・プリブラが好きな方にオススメの作品。トレモロ・リフ満載なのでトレモロ・リフ好きにもオススメです。】


◆AKERBELTZ / Tabellae Defixionum

1,000円

・盤質:A スペイン プリミティヴ・ブラック’01年 2nd 輸入盤  【ヴォーカルのスタイルこそ違えど、爆走主体に寒々しく邪悪なリフで突き進むスタイルはMAYHEMからの影響が大きいと言えますので、MAYHEMのDe Mysteriis Dom Sathanasが好きな方にオススメしたい作品。ブラック・メタルとしか言えない完璧なブラック・メタル・アルバムに仕上がっているのが魅力的です。】


◆AKASHAH / The Dance of Beltaine Fire

1,000円

・盤質:B US 独りブラック’10年 2nd 輸入盤  【ノイジーでチリチリした音質ながらもペイガン的な郷愁と薄らした叙情性を醸し出すトレモロ・リフが主体となったブラック・メタル。モヤモヤしてエコーがかかっている邪悪な掠れデス声絶叫を主体に、朗唱も披露するヴォーカルもあって、全体的にはペイガン・ブラック要素の強い作品。プリミティヴ・ブラックが下地で、メロディアスすぎない薄ら叙情的なトレモロ・リフが聴けるペイガン・ブラックが好きな方にオススメ。】


◆AGATHODAIMON / Chapter Iii

900円

・盤質:A ドイツ メロディック・ブラック’01年 3rd 輸入盤  【寒々しく叙情的なトレモロ・リフに重厚な刻みリフを併用し、メロディアスなソロも聴かせるギター、時に荘厳に時に耽美に曲を彩るキーボード、ミドル・パート中心に疾走パートを交えた展開で聴かせるドラマティックなメロディック・ブラック。音質面も非常に良好。疾走感控えめで叙情性は強めながら、しっかりと邪悪でゴシカルな雰囲気も感じられるメロブラが聴きたい方にオススメ。】


◆AGAINST THE PLAGUES / The Architecture of Oppression

900円

・盤質:A US シンフォニック・ブラック’07年 1st 輸入盤  【リード・ギタリストとしてなななんとLOST HORIZONのWojtek Lisickiが参加!スローな曲もありつつも、刻みリフとブラスト・パートが軸となったブルータリティがしっかりとある曲を主体に、ふわ〜っとしつつ邪悪で主張も強めのキーボードが乗っかる邪悪でドラマティックなシンフォニック・ブラック。そこにWojtekの流麗なギター・ソロが加わる実に完成度の高い名作!】


◆ANIMA DAMNATA / Agonizing Journey Through(以下略)

900円

・盤質:B ポーランド ブルータル・デス’03年 1st 輸入盤  【ドロドログチャグチャした汚い質感の高速低音ギター・リフ、カンカンと乾いた音でブラスト爆走するドラム、何を言っているかわからないゲロゲロなガテラル・ヴォーカルで、コレがまたブルデス以外の何物でも無くて驚きます。速弾きソロを時折聴かせるベースに、爆走しつつも変拍子も多めのリズムでかなりテクニカル。1st、2ndの頃のCRYPTOPSY辺りが好きな方に聴いてみてほしい作品。】


◆ALIENATION MENTAL / Psychopathicolorspectrum

800円

・盤質:B チェコ ちょいテク・デス・メタル’05年 2nd 輸入盤  【超人的な演奏を連発しテクニカル・ブルデスと言い切ってよかった前作と比較すると、今作はミドル/スロー・パートが多く、さらにTr.4のようにグルーヴィな場面があったりと、前作ほどハイテンションではなくテクニカルさやブルータリティも抑えてあるのが特徴。前作同様1st、2ndの頃のCRYPTOPSYを思わせるサウンドでありつつ、より王道のオールド・スクールなデス・メタル寄りになった印象の1枚。】


◆ASMEGIN / Hin Vordende Sod & So

700円

・盤質:A ノルウェー フォーク・ブラック’03年 1st 輸入盤  【フォーキッシュなメロディのトレモロ・リフを主体に刻みリフを加えたギターに、ブラスト・ビートも聴かせるドラムと、ブラック・メタル下地と言っていいフォーク・ブラック・サウンド。ブラック・メタル的なアグレッシヴかつ暗黒でどんよりしたバンド演奏と妖しげなキーボードに、ヴァイオリンやアコーディオン、笛などの民族楽器のたおやかなサウンドが絡むようなフォーク・メタルが聴きたい方にオススメ。】


◆ARSTIDIR LIFSINS / Jotunheima Dolgferd

800円

・盤質:C アイスランド/ドイツ ペイガン・ブラック’10年 1st 輸入盤  【掠れデス声に、渋い低音朗唱、地声での絶叫と多彩なヴォーカルを織り交ぜながら、バンド楽器主体に10分前後の長尺な曲を起伏のある展開で聴かせるペイガン・ブラック。随所で響き渡る雄々しく壮大さや神秘性を醸し出すコーラスも大きな特徴。北欧的な神秘性と、自然への畏怖が融合したようなサウンドを聴かせてくれます。ラストTr.9までサウンドにブレが無く、世界観に統一性が感じられるのがとても素晴らしいです。】


◆ARMAGEDOM / Das Cinzas Ao Inferno

1,200円

・盤質:A ブラジル クロスオーバー・スラッシュ'01年 2nd 輸入盤  【'01年作でしかも2ndとは思えないようなカビが充満したような地下臭い篭った音質が強烈。ヴォーカルはBULLDOZERのA.C.Wildを思わせるようなデス声直前の汚いダミ声といった感じ。ハードコア的な疾走感とシンプルなノリ、非常に少ないリフの種類といったサウンドはVENOM、初期KREATORなどが好きな方にオススメ。アルバム全体的に「汚く爆走してやるぜ!」という統一感にも優れた作品。】


◆ANTHRAX / Sound of White Noise

800円

・盤質:C US スラッシュ・メタル’93年 6th 国内盤  【ARMORED SAINTの(Vo)John Bushが加入して初となるフル・アルバム。少し尺が長めで疾走感も無く、お家芸の歌うスラッシュ・メタルの歌メロもイマイチだった前作とは違い、歌メロのキャッチーさが戻っているのがポイント。曲の構成も比較的ストレートになっています。また、次作のようなヒップホップ色もまだなく、リフもしっかりと切れ味があるのが魅力的なミドル・ナンバー主体のスラッシュ・メタルです。】


◆ANNIHILATOR / Refresh the Demon

700円

・盤質:A カナダ スラッシュ・メタル’96年 5th 国内盤  【前作同様のストレートなリズムと構成、そしてANNIHILATORらしい切れ味鋭いギター・リフによる、グルーヴィなミドル・ナンバーがメインのスラッシュ・メタル。とはいえ前作よりは疾走感があり、Tr.6〜8にアップ・テンポなナンバーが固まっていたりするのが特徴。グルーヴィでありつつもモダンなへヴィさというのが無いのが特徴で、あくまで'80年代的なザクザク感とへヴィさで構築されているのがポイント。】


◆ABSKE FIDES / Abske Fides

900円

・盤質:A ブラジル ディプレッシヴ・ブラック/ドゥーム’13年 1st 輸入盤  【基本は陰鬱なところが多いながら、ブラック・メタル的なノイジーな質感で不穏なフレーズのリフを、スローなリズムと絡ませたところはブラック・ドゥーム的、陰鬱なところはディプレッシヴ・ブラック的、フワフワしたところはポスト・ブラック的で、朗唱を活かしたパートと展開の多さはダークなプログレッシヴ・メタル的でもある、多彩な要素を柔軟に無理なく組み合わせた個性的な力作。】


◆AUTUMNBLAZE / Words Are Not What They Seem

900円

・盤質:B ドイツ メランコリック・メタル’04年 4th 輸入盤  【ダンディな声質でエモーショナルに歌い上げるヴォーカルが絶品。アルバム全体に歌メロにしてもバッキングにしてもメランコリックさやアンニュイさが漂った統一感に優れた作品。ハードなギター・リフとドラムの動のパートと、クリーン・トーンの儚げなギター主体の静のパートの起伏のある展開も魅力的で、ただメランコリックなだけでないところがGood。ANATHEMA辺りが好きな方にオススメ。】


◆ATLANTIS RISING / Atlantis Rising

1,000円

・盤質:B US James Byrdのバンド’90年 1st 国内盤  【後のJamesのソロ名義の同様、クラシカルな正統派メタルを軸に、Uli Jon Roth的な要素を感じさせるスタイル。Jamesらしい哀愁のミドル、アツい疾走曲、泣きギター満載のインストと聴きどころは満載。テクニカルな速弾きを聴かせつつも、速さではなくそれ以上にメロディ重視のプレイをするギタリストが好きな方には是非とも聴いてみてほしいですし、単純に様式美系メタル、ネオクラシカル・メタルとしても優れた1枚!】


◆ANDY WINTER / Shades Of Light Through Black And White

800円

・盤質:A ノルウェー ピアノ・インスト’05年 EP(1曲16分) 輸入盤  【AGE OF SILENCE、SCULPTURED、WINDS等で知られるノルウェーのキーボーディスト、Andy Winterによるクラシカル・インスト。16分の大作1曲収録。ピアノ独奏のクラシック・ナンバーみたいな感じ。冬を思わせるような叙情的な曲を聴かせてくれます。メタル色は無いので、クラシックのピアノ曲が好きな方にオススメしたい作品。いちインストとして個人的には好きなタイプ。】


◆ALEX MASI / Tales From The North

700円

・盤質:B イタリア テクニカル・ギタリスト’95年 3rd 国内盤  【クラシカルなフレーズと歌メロによるどんよりした雰囲気の王道のネオクラシカル・メタル・サウンド。刻みリフの合間に随所に速弾きをぶち込んでくるスタイルに、スウィープ等の速弾きを決める様も実に王道。ただし、音質が薄っぺらくて少しノイジーさもありますし、音の粒立ち等速弾きの安定感もイマイチ。B級ネオクラシカル・メタルもコンプリートだぜ!という方にのみオススメ。】


◆AXIS / Love Of Life

600円

・盤質:B 日本 ポップス/プログレ・ハード’07年作 国内盤  【決してメタルでは無いですし、基本は'80年代AOR、シティ・ポップのようなポップでノスタルジックなサウンドが下地になっており、女性ヴォーカルも完全にJ-POP的な可憐な声質の方です。しかしながら一部の曲にプログレ・ファンやメタル・ファンも唸らせるようなテクニカルな曲があるのがポイント!テクニカルな演奏と長めの泣きのギターが炸裂する16分の大作プログレ・ハードTr.9が大きな聴きどころです。】


◆ASIA / Classic Asia(スーパー・ベスト)

500円

・盤質:B UK プログレ/メロディック・ロック Best盤 国内盤  【見た目は駅売りっぽいやつで、1stと2ndの曲をほとんど収録し、そこに3rd、Astraからちょっとだけ加えました的な内容。ただ、この内容であれば正直言って1990年リリースのThen & Nowよりも単純に曲数が多い分お得であると言えますし、代表曲も詰まっているので、むしろあっちよりもオススメな1枚。なんとなくASIA聴いたことないから聴いてみたいな〜っていう方にはうってつけの1枚です。】


◆ASIA / Then & Now

800円

・盤質:A UK AOR/メロディック・ロック’90年 編集盤 国内盤  【基本的にはそれまでにリリースされたアルバムから数曲ずつ収録。「Heat Of The Moment」、「Don't Cry」、「Voice Of America」などが収録されています。ポップで切なくストレートで分かりやすい曲が満載されていますので、そういった感じのメロディック・ロック、メロディアス・ハード、AORが好きな方にオススメ。】


◆ANTHEM / Domestic Booty

800円

・盤質:C 日本 正統派メタル’92年 7th 国内盤  【硬質で骨太なリフとリズム、森川のパワフルなヴォーカルによる実にANTHEMらしいTr.1からファンは必聴。今作より参加、再始動後も引き続き活躍している(G)清水による歌心のあるメロディアスな速弾きギター・ソロが大きな聴きどころ。ANTHEMにしてはミドル・ナンバーが多いなあという印象もありますが、逆を言えばアップ・テンポ/疾走系と、ミドル/バラード等のナンバーのバランスがいい作品とも言えます。】


◆ALICE COOPER / The Alice Cooper Show

500円

・盤質:A US ハード・ロック・アーティスト’77年 Live盤 国内盤  【全体的にはやはり初期のAliceらしくストレートな曲よりもアヴァンギャルドさやプログレッシヴさ、サイケデリックさが感じられるUKハード・ロック色が強めの曲中心のセット・リストになっています。完成度の高いライヴ演奏はさすがの一言。当時の空気を感じられつつ演奏がしっかりとクリアに録られている録音状態もGood。少しひねりのあるハード・ロック・ライヴが聴きたい方にオススメ。】


◆ALICE COOPER / Trash

500円

・盤質:C US ハード・ロック・アーティスト’89年作 国内盤  【USハード・ロックらしいキャッチーな歌メロを持ったミドル・ナンバーが主体の作品。'89年のハード・ロック作品とはにわかに信じがたいような非常にクリアで音圧のある'90年代以降のような優れたサウンド・プロダクションがとても印象的。Girls, Girls, Girls以降のMOTLEY CRUEや、SKID ROW、RATTなどのキャッチーなUSメタル勢や、LORDI等のバンドが好きであれば聴いてみてほしい作品。】


◆ALDO NOVA / Blood on the Bricks

600円

・盤質:B カナダ マルチ・ミュージシャンによるハード・ロック'91年 4th 国内盤  【R&R下地のストレートなリズムとブルージーさや起伏のあるメロディによる、WHITESNAKE等のUKハード・ロックを思わせる曲や、よりストレートでR&R色の強いFIREHOUSE等のUSメタルを思わせるような曲、さらにキャッチーで爽やかな歌メロによるメロディアス・ハード系ナンバーを収録したハード・ロック作品。UK、USハード・ロックが好きで、そこにメロハー的な曲を数曲混ぜたようなものが好きな方にオススメ。】


◆AIRTIME / Liberty Manifesto

900円

・盤質:B カナダ TRIUMPHのRik Emmettらによるハード・ロック’07年作 輸入盤  【TRIUMPHのRik Emmettがヴォーカル、ギター、ベースを担当。エモーショナルな熱唱、速弾き系のフレーズを駆使したスリリングなリフに泣きと速弾きのギター・ソロ、メロディックなフレーズも聴かせるベースと、Rikが実に目覚ましく活躍しているハード・ロック作品。Rik Emmettのファンであれば必聴と言える作品ですし、泣きギター好きにもオススメしたい名作。】


◆CHARNEL WINDS / Der Teufelsbund

1,300円

・盤質:A フィンランド ブラック・メタル’11年 1st 輸入盤  【クリアで良好な音質の中、6〜8分と少々長めの曲を、疾走パートとミドル/スロー・パート、静と動を巧みに切り替えるじっくり構築された展開で聴かせる実に質の高いブラック・メタル。センス溢れるリフと流麗なソロも聴かせるギターに、メロディックで印象的なベース、安定感あるドラムと演奏面の聴きどころも非常に多い名作。】


◆CHADENN / Aux Portes de la Mort

1,100円

・盤質:B フランス プリミティヴ・ブラック・メタル'10年 1st 輸入盤  【鮮やかなカラーのジャケットから来る想像とは程遠い、ペラッペラ音質でチリチリしたノイジーなリフとパタパタしたブラスト・ビート、掠れデス声絶叫による完全なるプリミティヴ・ブラック。フランス産プリブラのイメージからくるようなディプレッシヴな悲しさを湛えたプリミティヴ・ブラックというような感じではなく、あくまでノルウェイジャン・プリブラ的なメロディックさ希薄なサウンド。】


◆CATACUMBA / Kratos

1,100円

・盤質:B ブラジル 薄メロ・プリブラ’10年 1st 輸入盤  【ブラスト疾走するパートを主体にそこそこ展開のあるプリミティヴ・ブラック。ツイン・ギター編成で、片方が薄ら叙情的なトレモロ・リフを、片方がシンプルなトレモロ・リフを奏でるのが印象的。刻みリフもウマく併用したスタイルで、ツイン・ギターを活かした内容。曲の長さも4分程度とちょうどよくまとまっているので聴きやすい作品です。薄メロ・プリブラ好きにオススメ。】