メタルの小屋
ホーム マイアカウント お問い合わせ

会員専用ページ
ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
カートの中

» カートの中身を見る

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
商品カテゴリー
おすすめ商品
店長ブログ

店主からの一言


ご訪問誠にありがとうございます。

当店では海外から輸入した新品CDを取り扱っております。その性質上、日本のバンドの作品がほとんどなかったり、アンダーグラウンドな作品がメインなことから有名なバンドの作品はほとんどありません。地道に活動しているマイナーなバンドの作品を多めに取り揃えておりますので、そういったアーティストに興味のある方にはお楽しみいただけるのではと思います。作品の特徴で商品を探せるページもございますので、ぜひご覧くださいませ。

RSS ATOM
★2019年10月15日 新入荷商品【AXIS OF ADVANCE / Obeyなど】

並び順を変更»新着順 ■入荷が古い順 ■価格順


★BERSERK / Live From The Woods

1,200円

・盤質:B スペイン ペイガン・ブラック’04年 Live盤 輸入盤【バタバタしたブラスト疾走を中心に3連ミドルやスロー・パートを絡めた緩急あってしかもカッチリした展開で聴かせるブラック・メタル。メロブラ寄りなTr.1、哀愁のあるフォーキッシュなイントロでペイガン色の強いTr.2、薄メロ・プリブラ的なTr.5等、全体的にトレモロ・リフはそこそこメロディックでペイガン色もありつつもメロブラというほどではないのが特徴。音質や演奏の安定感も十分なLive盤。】


★BAL-SAGOTH / Apocryphal Tales (Demo 1993)

960円

・盤質:A UK シンフォ・ブラック’93年 Demo 輸入盤【1993年にしてすでにSEとナレーションが入っている壮大なイントロTr.1には驚かされますが、Tr.2以降は不穏な音色のオーケストレーションが時にアトモスフェリックに時に不気味に響くサウンドで、後の激クサBAL-SAGOTHとは大きく異なります。特にノイズ塗れのドロドロしたヘヴィ・リフにガテラル中心のヴォーカルで演奏そのものは完全に初期デス・メタルのソレ。初期の彼らがどんなものだったのか知りたいファン向けの1枚。】


★AXIS OF ADVANCE / Obey

1,500円

・盤質:A カナダ ファスト・ブラック’04年 3rd 輸入盤【ノイジーでヘヴィな刻みリフと不穏なコードにぐちゃぐちゃした速弾きリフやソロを聴かせるギター、ハイテンションに叫ぶヴォーカル、そしてブラスト中心で爆走し続けるドラムによるファスト・ブラック。Tr.5、7のようにヘヴィでスローなパートを多めに聴かせる曲もありますが、ほとんどの曲は高速2ビートやブラストによる爆走が中心。ハイテンションに爆走するブラック・メタルが好きな方にとてもオススメな1枚。疾走感抜群です。】


★AVENGER / Godless

1,200円

・盤質:A チェコ ブラック/デス’03年 3rd 輸入盤【ギター・ソロはかなりメロディアスですし、リフも結構メロディアスな場面がありますが、総合的にはメロデスとかメロブラというほどメロディックで叙情的な感じではなく、あくまでオーソドックスなデス・メタルやブラック・メタルに部分的にメロディアスな要素が飛び出してくるようなタイプ。デス・メタルとブラック・メタルの中間的なものが好きな方にオススメ。デス・メタル要素はHYPOCRISYが近いです。】


★AVENGER / Feast of Anger/Joy of Despair

1,200円

・盤質:A チェコ ブラック/デス’09年 4th 輸入盤【バタバタしたブラスト・ビートで疾走し、掠れデス声のヴォーカルと寒々しいトレモロ・リフなどを駆使したブラック・メタルな曲、或いはブラック・メタル的なパートが軸の曲もあれば、ミドル・パートでHYPOCRISYっぽい荘厳さや邪悪でメロディックなリフを聴かせるデス・メタル的な場面もある、やはり前作同様のデスとブラックの中間的なサウンドのブラック/デス。若干デス・メタル要素の方が強めな印象ではあります。】


★AVENGER / Fall of Devotion, Wrath and Blasphemy

1,200円

SOLD OUT

・盤質:A チェコ ブラック/デス’99年 2nd 輸入盤【3rdや4thではHYPOCRISYのようなリフがメロディックかつ邪悪でミドル/スローでは若干荘厳なデス・メタルと、トレモロ・リフとブラストを軸にしたブラック・メタルを披露してくれますが、今作は低音の刻みリフを使った場面が多めで全体的にはデス・メタル色が強め。デス・メタルとブラック・メタルの中間的な音でありつつ、デス・メタル寄りなナンバーが多めのものが好きな方にオススメです。】