METAL ERINGIの宮殿
★アーティスト名、アルバム名を検索する時はA、B、Cで検索してください。例えばBURZUMの場合はBURZUMなら引っかかりますが、バーズムと検索しても引っかかりません。
ホーム マイアカウント お問い合わせ

会員専用ページ
ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

メタルエリンギ

こんにちは!HEAVY METAL大好きなメタルエリンギと申します。

近くにメタル専門のCD屋が無い!CD屋があってもメタルが無い!一応近くに無いこともないけど、忙しくて営業時間内に行けない!なんていう悩めるメタラーの皆さんに、メタルのCDを手にしていただきたく、このショップを運営しております。

中古、新品両方の取り扱いがございますが、新品は輸入盤がメインで国内盤はほぼありません。マイナーな輸入盤が多めになっております。

下記のリンクは当店の入荷情報やセール情報、その他聴いたCDのコメントや日記みたいなものなどを掲載している私のブログへのリンクとなります。

では、よろしくお願いいたします。

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
RSS ATOM
オススメ デス/スラッシュ/メタルコア系
並び順を変更» ■価格順新着順

▲VALE OF PNATH / II

2,000円

盤質:S US テクニカル・デス’16年 2nd 輸入盤【今作もまたスピーディな2ビートやブラスト・ビート、高速2バス連打を軸に、変拍子や、ビートを頻繁に切り替えたりする起伏のあるリズムと、動きが多い刻みリフと速弾きフレーズを駆使したテクニカルなリフを絡めたスリリングなテクニカル・デス!前作より少しメロディアスになった印象。前作と併せて今作も必聴!】


▲GLORIA MORTI / Kuebiko

2,000円

・盤質:S フィンランド ブルータル・ブラック’16年 5th 輸入盤  【今作はブラック・メタル色が強め。シンフォニック要素は無いものの、EMPEROR、KEEP OF KALESSINなどのブルータルでありつつ比較的ドラマティックなブラック・メタルが好きな方に試しに聴いてみてほしい作品。ブルータリティが重視されつつ要所でほんのり叙情的なリフが聴けるサウンドは実にかっこいいです。】


▲DESECRAVITY / Implicit Obedience

2,000円

・盤質:S 日本 テクニカル・ブルデス’12年 1st 輸入盤  【ガテラル・ヴォーカルをしながら邪悪なトレモロ&テクニカルなフレーズ連発のギター・リフに、スウィープ連発も余裕のギター・ソロ、高速ギターと絡み合い時に壮絶なソロも決めるベース、日本でも最強クラスのスピードとテクニックを誇る超高速ブラスト・ドラムと、そのどれもが圧倒的にブルータルでテクニカル!ブルデス・ファンはスルー厳禁の至高の逸品!】


▲DESECRAVITY / Orphic Signs

2,000円

・盤質:S 日本 テクニカル・ブルデス’14年 2nd 輸入盤  【ドラム以外のメンバーが入れ替わり、さらに4人編成から3人編成に変わってリリース。圧倒的に高速で爆走しまくりつつ、変化に富んだテクニカルなリズムとトリッキーなソロ・フレーズで押しまくる怒涛のテクニカル・ブルデスが聴きたい方は前作同様必聴。今作もまた日本臭ゼロの世界レベルのテクニカル・ブルデスに仕上がっています。】


▲GOROD / Leading Vision

2,000円

・盤質:S フランス テクニカル・デス’06年 2nd 輸入盤  【ブラストと2ビートの疾走パートをメインに変拍子も交えて展開するテクニカルなリズムと、攻撃的な刻みリフにフックある速弾きフレーズを織り交ぜたギター・リフを駆使するGOROD節はこの2ndでもバッチリ楽しめます。強いて言うなら3rd、4thの方がブルータリティが強い印象ですが、ギター大活躍のテクデスが好きな方は必聴です。】


▲DISMEMBER / Like an Everflowing Stream

2,000円

・盤質:S スウェーデン デス・メタル’91年 1st 輸入盤  【スラッシュ・メタル色もほぼ無い純デス・メタルなサウンドであり、2ビート中心で粗暴に突っ走るドラムとボリボリした低音刻みリフは邪悪でありながら、まだ'91年というメロデスが一般的で無かった時期にもかかわらず、かなりメロディックなリフやソロを聴かせる衝撃的な1枚。後追いで聴いても非常に興味深い1枚です。】


▲INGURGITATING OBLIVION / Continuum of Absence

2,000円

・盤質:S ドイツ テクニカル・デス/ブラック’14年 2nd 輸入盤  【ジャケから漂っているように暗黒感の強いサウンドで、複雑な構成とリズムでさらに暗黒なカオス感を助長してくる、ブラック・メタル色のあるテクニカル・デス。曲の尺も7〜8分程度と長め。非常に複雑な構成とリズムの曲を難なくこなすタイトな演奏と、暗黒感溢れるサウンドのテクニカル・デスが聴いてみたい方にオススメ。】


▲BARING TEETH / Atrophy

2,000円

・盤質:S US テクニカル・デス’11年 1st 輸入盤  【不協和音だらけの不穏なリフに、急激にテンポが切り替わったりブラスト・ビートでかっとばす展開、変拍子を交えたリズム、唸るようなガテラル・ヴォーカルが不気味な空気を発散しまくる非常に緊張感の高いテクニカル・デス。とにかく終始不穏で不気味。そしてリズム面と展開の面で非常にテクニカルな1枚。不穏で気持ち悪いテクニカル・サウンドをお求めの方は必聴の名盤。】


◆CYSTIC DYSENTERY / Homicidal Suicide

1,300円

・盤質:A US ブルータル・デス’16年 2nd 輸入盤  【オールド・スクール・デス・メタルを下地に、テンポやビート、リズムを切り替えまくる緩急のついた展開と、不規則な小節数での性急な展開を持ったかなりテクニカルなブルータル・デス・メタル。ギター・ソロにはMORBID ANGELのトレイを思わせるような妖気の漂うメロディアスさと流麗さがあるところもポイント。ラストまで勢いの衰えない名盤です。】


◆CORPSE GARDEN / Entheogen

1,300円

・盤質:B コスタリカ デス・メタル’15年 2nd 輸入盤  【王道デス・メタルが基本。しかし、スラッシーな疾走パートがあったり、邪悪なオーケストレーションが一瞬入ったり、叙情的なパートがあったりといった展開が特徴的。流麗なソロをはじめ多彩なソロや、効果音的なバッキングまで幅広いテクニックを持ったギタリストのセンスが光ります。こだわりの感じられる邪悪かつドラマティックな曲の構成にしても、優れた演奏面にしても実に聴きどころの多い名盤!】


◆CORPORATE DEATH / Angels & Worms

1,300円

・盤質:B ブラジル デス・メタル’13年 2nd 輸入盤  【ゴボゴボしたガテラル・ヴォーカルに、2ビートとブラスト・ビートの疾走パートを中心に、一瞬だけテンポを切り替えたり、リズムを切り替えたりといったテクニカルなギミックも駆使したデス・メタル。全体的にはCANNIBAL CORPSEやSUFFOCATIONのようなテクニカルな王道デス・メタルが基本で、曲によっては速弾き系リフやユニゾンで現代テクニカル・デス的な要素を見せつける作品。】


◆CORAM LETHE / ...a Splendid Chaos

1,300円

・盤質:A イタリア テクニカル・デス’09年 3rd 輸入盤  【リスナーがついていけないほどの過剰なテクニカルさではなく、程よい疾走感と程よい複雑さで聴かせるテクニカル・デスが好きな方にオススメ。量自体はそれほど多く無いものの、変拍子の使いどころが非常にウマいテクニカル・デスです。程よくメロディックさのある'90年代メロデス的なリフもGood。最後まで路線にブレが無いのもポイント。派手さこそないですけど名盤ですぞ。】


◆COMA / Mindless

1,200円

・盤質:B イタリア スラッシュ・メタル’13年 1st 輸入盤  【ダミ声でシャウトしつつも、ところどころメロディも歌うヴォーカル、スピーディなドラムと刻まれるギター・リフによるまさにスラッシュ・メタルらしいスラッシュ・メタル。'80年代のUS産スラッシュ・メタル直系サウンドで、たまに歌ったり程よいテンポで疾走するスラッシュ・メタルが好きな方にオススメ。】


◆ANIMA DAMNATA / Agonizing Journey Through(以下略)

900円

・盤質:B ポーランド ブルータル・デス’03年 1st 輸入盤  【ドロドログチャグチャした汚い質感の高速低音ギター・リフ、カンカンと乾いた音でブラスト爆走するドラム、何を言っているかわからないゲロゲロなガテラル・ヴォーカルで、コレがまたブルデス以外の何物でも無くて驚きます。速弾きソロを時折聴かせるベースに、爆走しつつも変拍子も多めのリズムでかなりテクニカル。1st、2ndの頃のCRYPTOPSY辺りが好きな方に聴いてみてほしい作品。】


◆ARMAGEDOM / Das Cinzas Ao Inferno

1,200円

・盤質:A ブラジル クロスオーバー・スラッシュ'01年 2nd 輸入盤  【'01年作でしかも2ndとは思えないようなカビが充満したような地下臭い篭った音質が強烈。ヴォーカルはBULLDOZERのA.C.Wildを思わせるようなデス声直前の汚いダミ声といった感じ。ハードコア的な疾走感とシンプルなノリ、非常に少ないリフの種類といったサウンドはVENOM、初期KREATORなどが好きな方にオススメ。アルバム全体的に「汚く爆走してやるぜ!」という統一感にも優れた作品。】


◆CARIGNAN / Masturbatorium

1,100円

・盤質:A オーストリア デス/グラインド’09年 1st(唯一の作品) 輸入盤  【ゲロゲロのガテラル・ヴォイスと、ヴィーヴィーいう豚声による何を言っているかさっぱり分からない系のヴォーカルがまず特徴的。それに反して演奏の方は意外とタイトでクリア。動きの激しいドロドロしたギター・リフに、手数足数多くも非常にタイトなドラムと演奏面の安定感は素晴らしく、アルバム全体的にもファストな曲で固められており、統一感にも優れた名作。コレ1枚での解散が惜しまれます。】


◆CADAVERIC CREMATORIUM / One of Them

1,300円

・盤質:A イタリア テクニカル・ブルデス’12年 4th 輸入盤  【ブラスト・ビートと高速2バス連打の疾走パートを軸にリズムやビートを目まぐるしく切り替えながら突き進むテクニカル・ブルデス。今作はグラインド色は薄く、素直にテクニカル・ブルデスと言っていいサウンド。やはり前作同様CRYPTOPSY、ORIGINなどのテクニカル・ブルデスが好きな方に聴いてみてほしい作品。メロディアスさの無いブルータルでテクニカルなデス・メタルが好きな方はぜひ。】


◆CADAVERIC CREMATORIUM / Grindpeace

1,100円

・盤質:A イタリア テクニカル・デス/グラインドコア’08年 3rd 輸入盤  【カンカンに乾いたスネアで高速爆走ブラストと2ビート主体に変幻自在にビートを切り替えるドラム、目まぐるしい速弾きフレーズを多用するテクニカルなギター・リフ、テンポやリズムが頻繁に切り替わる曲展開とかなりテクニカルなデス/グラインドコア。スピーディかつ複雑でテクニカルなデス/グラインドコアが好きな方にオススメ。】


◆BURDEN RAGE / The Spiral Black Hole

1,300円

・盤質:A アルゼンチン デス・メタル’12年 1st 輸入盤  【サウンドそのものは王道のデス・メタルが下地になっておりながら、変拍子を多用したテクニカルなリズムと動きの多いスリリングなリフがカッコいい作品。また、曲によってはスラッシーな疾走パートや刻みリフを駆使する場面も。展開の方もかなり起伏が激しくなっており、聴きごたえは抜群。ジャケからはモダンなデスコアっぽそうな雰囲気が出ていますが、そういった要素も一切無いのがポイント。】


◆CHRONOSPHERE / Embracing Oblivion

1,300円

・盤質:A ギリシャ スラッシュ・メタル’14年 2nd 輸入盤  【ほとんどが高速疾走パートながら非常にタイトな演奏を聴かせる超高品質スラッシュ・メタル。超高速で刻まれるリフはもちろんのこと、非常にテクニカルで流麗なんだけれどもメロディアス過ぎずに狂気を保ったフレージングのギター・ソロのセンスは抜群!スラッシュ・メタルならとにかく高速で刻みまくれ!そして高速2ビートで爆走しやがれ!という方には激押し。スラッシャー必聴の名盤!】


◆BROKEN GLAZZ / Divine

1,300円

・盤質:A イタリア スラッシュ・メタル’91年 1st 輸入盤  【音圧鋭くザクザクしたリフを主体に動きの多いリフを加え、流麗でテクニカルなソロも決めるギターに、軽くメロディを歌うようなヴォーカル、そして急にテンポを切り替えたり、ひねりのあるリズムを駆使したテクニカルな展開で聴かせるテクニカル・スラッシュ。リスナーが付いていける程度に、軽く予想を裏切るようなテクニカル・スラッシュが聴きたい方にオススメ。マイナーながらも優れた1枚。】


◆BLASTCORPS / Glorified

1,300円

・盤質:C オランダ ブルータル・デス’05年 1st 輸入盤  【低音の刻みリフと、低〜中音域のドロドロしたトレモロ・リフ、邪悪でありつつメロディックさもちょっぴりあるリフを駆使するギター、タイトにブラスト & 2ビートで高速爆走するドラム、唸るようなグロウルを聴かせるヴォーカルによる王道の欧州型デス・メタル・サウンド。初期型ヨーロピアン・デス・メタルをよりタイトにブルータルにアップグレードしたようなものが聴いてみたい方にとてもオススメ。ラストまで勢いが衰えない名盤です。】


◆BEAUTIFUL CAFILLERY / It's Your Life It's Your Death

1,300円

・盤質:C チェコ テクニカル・デス・メタル’10年 3rd 輸入盤  【雰囲気的にはGIGAN辺りを思わせるところがありますが、あちらと違って曲が3分程度とコンパクトで、展開も少な目でリズムもあちらよりは大分ストレート。しかしながら、ブラスト・パートを主体にしつつ急に切り替わるビートや、要所で出てくる変拍子等ひねりのあるリズムは十分にテクニカルなデス・メタル。コンパクトでありつつスリリングな力作。】


◆BARBARITY / The Wish to Bleed

1,300円

・盤質:B ロシア デス・メタル’03年 1st 輸入盤  【篭って若干RAWな音質に、汚い重低音リフとガテラル・ヴォーカル、ブラスト疾走パートが主体で、その手のフリークであれば出音一発で「コレだ!!」と思うであろうめちゃめちゃオールド・スクールなデス・メタル。ロシアや欧州的なメロディックさや寒々しさ、叙情性や哀愁などは一切無く死臭が充満したUSデス・メタル直系なサウンド。】


◆BARBARIAN PROPHECIES / Condemned Land... The War Begins

1,300円

・盤質:A スペイン デス・メタル’09年 1st 輸入盤  【ドロドロ感のある邪悪な低音刻みリフを軸にメロディックなトレモロ・リフを併用するギター、ブラストと2ビートの疾走パートが主体ながらも捻りを加えてあるちょっとテクニカルなリズム、ガテラルとグロウルが飛び交うヴォーカルにより初期のKATAKLYSMを思わせるカオティックなオールド・スクール・デス・メタル作品。かなりの力作です。】


◆AZRATH-11 / Ov Tentacles and Spirals

1,300円

・盤質:C イタリア ブルータル・デス・メタル’13年 2nd 輸入盤  【鋭い演奏と音圧のあるサウンド・プロダクションでLOST SOUL辺りを思わせるような圧倒的ブルータリティで突進するブルデス。ドラムこそ超速で圧倒的でありながら、変にテクニカルなギミックを多用せず、またソロでもメロディアスになりすぎない破壊力と邪悪さ満点のブルータル・デスが聴きたい方にオススメの名盤!非常にカッコいいです!】


◆ANATOMY OF I / Substratum

1,300円

・盤質:B オランダ (B)Steve DiGiorgio参加のテクデス’11年 1st 輸入盤  【(B)Steve DiGiorgio、(Ds)Dirk Verbeurenが参加しているテクデス。(Vo,G)Michael Dorrianなる人物のフックあるリフとメロディアスかつテクニカルなソロがガンガン曲を引っ張るテクデス。動きが激しいギターとユニゾンするベース、テクニカルなギター・ソロの数々、スリリングな展開で実にカッコいい名盤!】


▲ANORMA / Hellucination

1,300円

・盤質:S インドネシア メロディック・デス’12年 1st 輸入盤  【インドネシア産ながらアジア臭は一切無く、何も予備知識なしで聴けば多くの人がスウェーデン産?と答えるであろう、いわゆるイェテボリ系な'90年代メロデスを継承したサウンド。あ〜、IN FLAMESマジで好きなんだろうなぁっていうのが伝わってきます。個性は無いですが高品質。疾走感を抑えた叙情メロデスが好きな方にオススメ。】


▲ABUSER / Threats of Fate

1,300円

・盤質:S イタリア スラッシュ・メタル’10年 1st 輸入盤  【程よいテンポの疾走パートを主体に程よく変拍子を交えたちょっと意外性のあるテクニカルなリズム、テンポ・チェンジ等の展開でちょっぴりテクニカルなスラッシュ・メタル。MEKONG DELTA等のようにやりすぎなほど複雑ではなく、VOIVODのようにプログレッシヴというほどでもない、程よくテクニカルなスラッシュが聴きたい方にオススメ。】


▲ENTROSPECT / Inverse Polarity

1,300円

・盤質:A チリ デス・メタル’13年 1st 輸入盤  【カッチリしたデス・メタル・サウンドを軸に、ブラック・メタル色やメロディアスでテクニカルなギター・ソロを加えたようなものが聴いてみたい方にオススメ。ブルデスというほどブルータルではなく、メロデスというほどメロディアス過ぎないというバランス。コレはカッコいいです。保管しづらいケースのみが難点…。】


▲PHRENETIX / Fear

1,300円

・盤質:B リトアニア スラッシュ・メタル’15年 1st 輸入盤  【甲高い地声でシャウトするヴォーカル、ザクザクした刻みリフ、疾走とミドルを切り替える展開で聴かせる'80年代スラッシュ直系のスラッシュ・メタル・サウンド。カッチリしつつ疾走感もある'80年代直系なスラッシュ・メタルが聴きたい方に激押し。コレぞスラッシュ・メタルです。】


▲VORUM / Poisoned Void

1,300円

・盤質:S オーランド諸島 デス・メタル’13年 1st 輸入盤  【非常に汚い低音トレモロ・リフや刻みリフを纏って疾走するUS産オールド・スクール・デス・メタルを彷彿とするスタイル。7分間ひたすらオールド・スクール・デス・メタルをかましてくれるラストのTr.8まで充実の内容。暴力的な音と汚さが合わさったタイプのまさに死臭のするデス・メタルが好きな方にオススメ。】


▲PRIME EVIL / Blood Curse Resurrection

1,300円

・盤質:S US デス・メタル’15年 1st 輸入盤  【'87年から活動していたバンドが活動停止期間も経て'15年にようやく出した1stフル。さすが'80年代後半から活動していただけあるなぁと思わせる、まさにスラッシュ・メタル上がりにデス・メタルといった感じのサウンドで、30年弱の時を経つつあの時代のサウンドをそのまま現代に持ってきてしまったような名作。】


▲HEADMEAT / Mass Sociogenic Illness

1,300円

・盤質:S ベルギー キーボード入りブルデス’05年 1st 輸入盤  【キーボード入りの6人編成バンド。キーボード入りと言っても、メロデス寄りなサウンドではなく、重低音ガテラル・ヴォーカルとドロドロした低音ギター・リフと高速ビートに邪悪かつ不穏なオーケストラ・サウンドを要所で纏わせたブルータル・デス・メタル・サウンド。煉獄の炎を思わせるような地獄のデス・メタルです。】


▲THE GLORIOUS DEATH / The Glorious Death

1,300円

・盤質:S US デス・メタル’13年 1st 輸入盤  【ドロドロした低音リフ主体のギターと少し篭り気味の音質はオールド・スクール・デス・メタルな感じですが、そのギターに邪悪なメロディが漂っているあたりがUS産というよりはむしろスウェーデン産の初期デス・メタルに近い質感であるところが特徴。まさにデス・メタル!な非常にカッコいい作品です。】


▲DYING / Bizarre and Bloody Tales (Director's Cut)

1,300円

・盤質:S チリ デス・メタル’10年 1st 輸入盤  【イモなジャケに反してクリアで厚みのある音質と安定感抜群の演奏が素晴らしいデス・メタル。デス・メタルらしい疾走感あるサウンドと低音のリフを軸にしながら、流麗でメロディアスなギター・ソロやメロディックなリフも程よく交えた内容なので、メロデス好きにもオススメな1枚。程よくメロいデス・メタルが好きな方にオススメ。】


▲TURBID NORTH / Orogeny

1,300円

・盤質:S US テクニカル・デス’11年 2nd 輸入盤  【テクニカルさがありつつも過剰に難解ではないのが特徴で、リスナーがまだついていける程度にテクニカルなデス・メタル。そして特筆すべきは非常に流麗でメロディアスかつテクニカルなギター・ソロの数々。SPAWN OF POSSESSION、GOROD等のようなテクデスから性急さや難解さを和らげたようなものが聴きたい方にオススメ。】


▲THE SOULS UNREST / The Souls Unrest

1,300円

・盤質:S US テクニカル・エクストリーム・メタル’06年 1st 輸入盤  【グロウル・スタイルのヴォーカル、動きが多いへヴィな轟音ギター・リフ、スロー・パートが主体ながらも手数、足数が非常に多いドラム、変拍子を駆使したテクニカルなリズムが印象的なスラッジ辺りが下地に感じられるテクニカル・エクストリーム・メタル。3〜5分と曲は短めですが圧倒的音数で迫ってきます。】


▲KINETIC / Corrosion

1,300円

・盤質:S ギリシャ メロディック・デス’07年 2nd 輸入盤  【前作より疾走感とクサさが控えめになったものの、女性ヴォーカルやキーボーディストが加わってメロディアスな場面は総合的には増えた印象。ACID DEATHの実力派のリズム隊のプレイはもちろん、硬質な刻みとクサくメロディアスでテクニカルなソロとのメリハリがついたギターも素晴らしいです。個性的でありつつ難解ではないメロデス。】


▲HATEFUL / Epilogue Of Masquerade

1,300円

・盤質:S イタリア テクニカル・デス’13年 2nd 輸入盤  【ほとんどの曲が2分半程度というコンパクトさながらも、目まぐるしく次々に展開していく曲の数々はインパクト大。2ビートとブラストの高速疾走主体に、テンポ・チェンジや変拍子等を絡めた疾走など実にハイテンションでテクニカルです。これくらいの音数の多さであれば実はこのくらいの長さでちょうどいいのかもしれません。名盤!】


▲ERADICATION / Dreams Of Reality

1,300円

・盤質:S UK メロディック・デス’10年 1st 輸入盤  【甲高いスクリームとグロウルを使い分けるヴォーカル、ザクザクしつつメロディックなリフを刻み込むギターによるメロデス。ギターがバッキングにソロにカッコいいので、ギターが目立つメロデスが好きな方にオススメ。タッピングやスウィープ等を駆使した非常にテクニカルで流麗な速弾きが聴きどころ!トータルでも完成度の高い逸品!】


▲GRIEF OF WAR / Worship

1,200円

・盤質:S 日本 スラッシュ・メタル’09年 2nd 輸入盤  【高速疾走パート主体にうまくミドル・パート等を絡めた起伏のある激しくも劇的なスラッシュ・メタルは前作と変わらず。そして演奏の安定感や、よりメロディアスにテクニカルになったギター・ソロ、曲構成の練り具合など、同じ路線でありつつもしっかりとレベル・アップした内容になっているので、前作が好きな方は必聴の内容。】


▲GRIEF OF WAR / A Mounting Crisis... As Their Fury Got Released

1,300円

・盤質:S 日本 スラッシュ・メタル’05年 1st 輸入盤  【地声でシャウトするヴォーカル、ザックザクのリフと不穏さがありながらもメロディアスなソロを聴かせるギター、タイトに疾走するドラムによる王道のスラッシュ・メタル。高速パート主体でありつつ、ミドル・パート等もウマく盛り込んだよく練られた曲構成で聴かせる、激しくも劇的で完成度の高いスラッシュ・メタルが聴きたい方にオススメ。】


▲UNDERDARK / In The Name Of Chaos

1,300円

・盤質:S ポーランド デス・メタル’10年 1st 輸入盤  【低音の刻みリフ、速弾き系のスリリングなリフ、メロディアスなフレーズにトレモロ・リフと多彩なバッキングを聴かせるギターと、ブラスト・メインの突進力のあるドラムによるデス・メタル。メロデスというほど全編が叙情的ではないながらも、王道のデス・メタルよりはメロディックなフレーズが多いといった感じのバランスのデス・メタル。】


▲UNDER EDEN / The Science Of Self-Defeat

1,300円

・盤質:S US メロディック・デス・’11年 2nd 輸入盤  【アグレッシヴな高速刻みリフを主体に叙情リフや邪悪なトレモロ・リフを適度に混ぜ、メロディアスなギター・ソロを決めるギターと、手数足数多く印象に残るリズム・パターンをたくさん聴かせてくれるドラムがカッコいいメロデス。全体的にアグレッシヴで非常にカッコいいメロデスなので、多くのリスナーにオススメの名作。】


▲PREJUDICE / Megalomanic Infest

1,300円

・盤質:S ベルギー プログレッシヴ・ブルデス’09年 4th 輸入盤  【2ビート、ブラスト、グラヴィティ・ブラストの超高速ビートを頻繁に切り替え、変拍子を交え、唐突に休符が現れる、ストップ & ゴーしまくりの馬鹿みたいに複雑かつ高速な展開でリスナーそっちのけで突っ走る超絶テクニカル・ブルデス!ORIGIN、BRAIN DRILLなどが好きな方は是非とも聴いてみてください。】


▲LOTHLORIEN / The Primal Event

1,300円

・盤質:S スウェーデン メロディック・デス’98年 1st(唯一のスタジオ・フル) 輸入盤  【バッキングでも泣きのフレーズを連発するギターとそれを助長するキーボード、ミドル主体ながら疾走も交えた緩急ある展開で、叙情メロデス好きには絶対に聴いてみてほしい大名盤!全然メロデス…どころかデス・メタルっぽくもないジャケに反して中身は高品質王道叙情メロデスにキーボードが加わった実にドラマティックな傑作です!】


▲DEATHCHAIN / Ritual Death Metal

1,300円

・盤質:S フィンランド デス・メタル’13年 6th 輸入盤  【2ビートとブラスト・ビートの高速疾走パートを主体にしたアグレッシヴなデス・メタル・サウンドは今作も変わらず。今作ではブラスト・ビートの割合が増えてスラッシーな感触が減っています。しかしながらブラストでの疾走がメインになったためより禍々しくブルータルに進化したサウンドは実にカッコいいです。】


▲MENTAL CRYPT / Extreme Unction

1,300円

・盤質:S スウェーデン スラッシュ・メタル'98年 1st(唯一のスタジオ・フル) 輸入盤  【ノイズ混じりのギター・リフからはデス・メタル的なドロドロ感も感じられますが、スラッシュ・メタルらしいザクザク感も強いギター・リフに、地声でのシャウトが主体のヴォーカルによるデス・メタル色のあるスラッシュ・メタル的なサウンド。高速疾走パートが主体でありつつドラマティックな構成をしたサウンドは実にカッコいいです。】


▲COMA / Mindless

1,300円

・盤質:S イタリア スラッシュ・メタル’13年 1st 輸入盤  【ダミ声でシャウトしつつも、ところどころメロディも歌うヴォーカル、スピーディなドラムと刻まれるギター・リフによるまさにスラッシュ・メタルらしいスラッシュ・メタル。'80年代のUS産スラッシュ・メタル直系サウンドで、たまに歌ったり程よいテンポで疾走するスラッシュ・メタルが好きな方にオススメ。】


▲SOULSKINNER / Breeding The Grotesque

1,200円

・盤質:B ギリシャ デス・メタル’03年 1st 輸入盤  【ブラストと2ビートの高速疾走パートを軸にしつつ、ビートを切り替えるスリリングな展開で聴かせてくれるデス・メタル。デス・メタルらしい邪悪なリフが主体ながら、要所で少しメロディックなフレーズを使ってくる辺りも巧み。高速疾走主体の邪悪なデス・メタルを軸にたまにメロディアスなフレーズ聴かせるデス・メタルが好きな方にオススメ。】


▲PREJUDICE / Megalomanic Infest

1,200円

・盤質:B ベルギー テクニカル・ブルデス’09年 4th 輸入盤  【2ビート、ブラスト、グラヴィティ・ブラストの超高速ビートを頻繁に切り替え、変拍子を交え、唐突に休符が現れる、ストップ & ゴーしまくりの馬鹿みたいに複雑かつ高速な展開でリスナーそっちのけで突っ走る超絶テクニカル・ブルデス!ORIGIN、BRAIN DRILLなどが好きな方は是非とも聴いてみてください。】


▲OBSECRATION / Sins Of The Flesh

1,200円

・盤質:A ギリシャ メロディック・デス’02年 3rd 輸入盤  【2ビートとブラスト・ビートによる疾走パートが主体のアグレッシヴなサウンドながら、刻みとトレモロ・リフを併用した甘すぎない程度にメロディックなギター・リフと、メロディアスなソロが印象的なメロディック・デス・メタル。デス・メタル的な疾走感、アグレッシヴさがしっかりとあるメロディック・デス・メタルが好きな方にオススメ。】


▲LAST HOUSE ON THE LEFT / Among Flies

1,200円

・盤質:S US メタルコア’08年 2nd 輸入盤  【緊張感のある邪悪なメロディの速弾き系リフをへヴィなリフとの間にウマく挿んだギター・プレイがカッコいいメタルコア。疾走と激遅ビートダウンの対比もしっかりとあり、部分的に叙情的なフレーズを入れてくるところもなかなか巧み。総じてギターはメロディックなので、メロデス要素のあるメタルコアが好きな方にオススメ。】


▲LAETHORA / March Of The Parasite

1,400円

・盤質:S スウェーデン デス・メタル’07年 1st 輸入盤  【DARK TRANQUILLITYの(G)Niklas Sundin、ex:THE PROVENANCEのメンバーらによるバンド。ジャンルがイマイチ伝わりづらいジャケに反して、中身はとても王道なデス・メタル。ブラスト・ビートと2ビートによる高速ナンバーを軸に、ミドル/スロー・ナンバーも邪悪に聴かせる力作。王道なデス・メタル好きにとてもオススメ。】


▲NOCTURNAL FEAR / Code of Violence

1,100円

・盤質:S US スラッシュ・メタル’08年 3rd 輸入盤  【ブラストと高速2バス、ドロドロしたリフのデス・メタル的なパートと、2ビートと刻みリフで軽快に疾走するスラッシュ・メタル的なパートが切り替わるのが特徴的なデス/スラッシュ・メタル。メロディックさ、叙情性というものがほぼ無いところも魅力的。とにかくアグレッシヴに高速で突っ走ります。】


▲RAVAGER / Storm of Sin

1,100円

・盤質:S メキシコ デス・メタル’02年 1st 輸入盤  【DISGORGEの超絶(Ds)Oscar Garcia、同じくDISGORGEの(B/Vo)Antimo Buonnano、DEMONIZEDの(G)Samuel Olveraらによるブルデス。Oscarの圧倒的な高速を誇るブラスト・ビート、2バス等はもちろん、Samuelの高速リフも実にブルータル。DISGORGEほど汚い音ではなく、しかしながら十分にブルータルなサウンド。全ブルデス好き必聴の大名盤です!】


★TRACEDAWN / Lizard Dusk

1,000円

・盤質:B フィンランド メロディック・デス’12年 3rd 輸入盤  【ヴォーカルがグロウル担当と、リード・ギター兼クリーン・ハイトーン・ヴォーカル担当の2人体制。そして、非常に流麗で完成されたソロを披露するギターとキーボードがレベル高し!メロディアスでありつつもスリリングなソロの数々はCHILDREN OF BODOMやNORTHERが好きな方にもオススメなレベルです。】


★SOILENT GREEN / Sewn Mouth Secrets

1,000円

・盤質:C US カオティック・グラインド’98年 2nd 国内盤  【とにかく性急に目まぐるしく切り替わるテンポ、ビート、リズムが印象的な非常に複雑でテクニカルなグラインドコア。デス・メタル的スラム・パートもあるものの、スローなパートではストーナー的な質感が強いのが特徴的。テクニカルでエクストリームなメタルが好きな方にもっと評価されてもいいバンドです。】


★PULMONARY FIBROSIS / Interstitial Lung Diseases

700円

・盤質:D フランス ゴアグラインド’11年 2nd 輸入盤  【ジャケはかなりゴアいですが、サウンドそのものは割とクリアで、しっかりと音圧のあるデス・メタル的なカッチリとしたサウンド。とはいえヴォーカルはゴボゴボの重低音ガテラル・ヴォーカルでゴアグラ的です。短いながらもブラスト中心に目まぐるしい展開のあるサウンドは聴きごたえ十分!!】


★GRUESOME STUFF RELISH / Teenage Giallo Grind

700円

・盤質:A スペイン ゴアグラインド’02年 1st 輸入盤  【ゲロゲロのガテラル・ヴォーカルと、ミチャミチャした甲高いグロウルを聴かせる汚さ全開のヴォーカルに、ノイズ成分を含蓄したギターとベースの汚いリフ、ガシャガシャした音で2ビートとブラスト・ビート主体に爆走するドラムによる実にグラインドコアらしい作品。短く汚く爆走するものが好きな方にオススメ。】


★GRANULOCYTIC BLASTOMA / Moments Of Tarsotomy

700円

・盤質:B タイ グラインドコア’10年 1st 輸入盤  【ほとんどの曲が30〜50秒程度と1分未満のグラインドコアらしいショート・カットな内容。グラヴィティ・ブラストなどドラムが部分的に凄まじく速いので打ち込みの可能性がありますが、ブラスト・ビートがとにかく速い!初期NAPALM DEATHみたいに短く突っ走るものが好きな方はぜひ。】


★DRONE / Juggernaut

700円

・盤質:A ドイツ モダン・メロデス’09年 2nd 輸入盤  【アップ・テンポなパートを主体に、高速2バス連打や2ビート、ブラスト・ビートでの疾走を交え、しかもビートやリズムの切り替えも巧みで、程よく変拍子も交えた聴いていて楽しいモダン・メロデス。グロウルにクリーン歌唱、さらに地声でのガナリ歌唱と幅広いヴォーカルもGood。なかなかの力作。】


◆COLLISION / Romantic Display Of Love

700円

・盤質:B オランダ グラインドコア’03年 1st 輸入盤  【ツイン・ヴォーカル編成でデス・メタル系のグロウル/ガテラルと、ハードコア系のスクリームを交えて喚き散らしまくるヴォーカルに、高速2ビートとブラスト主体で爆走するカンカンと乾いたスネアのドラム、シンプルかつ高速のリフによるグラインドコア。1分〜1分半程度の曲が大半で全編爆走して駆け抜ける爽快な1枚。】


◆CHAOSBREED / Brutal

700円

・盤質:A フィンランド デス・メタル’04年 1st 輸入盤  【ボリボリした質感の邪悪で汚い低音ギター・リフを軸に所々メロディックなリフを織り交ぜたリフに、ブラスト・ビートは使わず高速の2ビートのドラムによる初期スウェディッシュ・デスを思わせるサウンド。初期のENTOMBEDや、初期のHYPOCRISY辺りが好きな方はぜひ。Tr.9はEDGE OF SANITY辺りが好きな方にもオススメできます。】


◆BEYOND YE GRAVE / Ester Panim

700円

・盤質:A ロシア ブラック・メタル’12年 3rd 輸入盤  【ブラスト・ビート、2ビートによる高速パートを軸に、効果的にアルペジオを駆使した静のパートや叙情的なミドル・パートを挿んだ展開がよくできているブラック・メタル。プリブラのように音質が悪くなく、かといってメロブラのように叙情的すぎないそんなバランスのブラック・メタルが聴きたい方にとてもオススメの名盤。】


▲MEGAZETOR / Dying Process

700円

・盤質:S ハンガリー テクニカル・デス’08年 1st 輸入盤  【ブラスト全開 & 高速ピロピロ・ギター・タイプの超絶テクニカル・デスではなく、疾走感は控えめながらもテクニカルなリズムと動きの多いリフ中心で攻め、要所で疾走、そして流麗なギター・ソロを聴かせるタイプのテクニカル・デスが好きな方にオススメ。コレは1枚で終わってしまったのが非常に惜しまれる内容です。】


▲POLTERCHRIST / Engulfed By The Swarm

700円

・盤質:S US テクニカル・デス 1st 輸入盤  【後にMALIGNANCYに加入する(B)Monty Mukerjiが参加。オールド・スクールな汚いデス・メタル・サウンドを下地にしつつ、性急な展開や変拍子等の難しいリズムで聴かせるテクニカルなデス・メタル・サウンド。それでいて多くて疾走パートも多く、スピーディかつアグレッシヴさも十分なサウンド。】


▲HORRIFIED / In The Garden Of The Unearthly Delights

900円

・盤質:S ギリシャ プログレッシヴ・ゴシック・デス’93年 1st 輸入盤  【ゴシック・メタル的な耽美さと、メロデス的な叙情性に攻撃力をプラスした要素もありの展開…まだメロデスもゴシック・メタルも明確には確立されていなかったような時期にこのサウンドは驚異的。今でこそ、ゴシック・メロデスと一言で言えば済むようなサウンドですが、この当時は恐らく分類不能だったでしょう。】


▲THE DUSKFALL / Source

900円

・盤質:S スウェーデン メロディック・デス’03年 2nd 輸入盤  【1stほどのキャッチーさは無いものの、より叙情性を増した1枚。デスラッシュ寄りな疾走曲も登場しアグレッシヴさも上昇。クリーン歌唱無し、疾走感強め、リフは甘すぎない程度にメロディックで叙情的でキャッチーなコレぞメロディック・デス!!と言えるアルバムが聴きたい方に是非とも聴いていただきたい大名盤。】


▲THE DUSKFALL / Frailty

900円

・盤質:S スウェーデン メロディック・デス’02年 1st 輸入盤  【このバンドの中でも最も聴きやすい作品で、IN FLAMESやARCH ENEMYなどのメジャーなバンドの作風に最も近いと言える作風です。甘すぎないメロディながら、とっつきやすいキャッチーなメロディが満載されております。疾走感あるものも、より叙情性の強いミドル・ナンバーもバランスよく収録された名盤。】


▲COUNCIL OF THE FALLEN / Deciphering The Soul

900円

・盤質:S US メロディック・デス’04年 2nd 輸入盤  【ドラムにはまさかのTim Yeungがゲスト参加。ブルータルな高速ブラスト・パートと、欧州産的な叙情的なリフが繰り出されるミドル・パートを切り替えながら進むメロディック・デス。とにかく、Timのドラミングがインパクト大!全体的に'90年代臭が漂っているのが個人的に非常にツボ。コレは隠れた名盤です!】


▲THE BEREAVED / Darkened Silhouette

900円

・盤質:S スウェーデン メロディック・デス’04年 1st 輸入盤  【2ビート主体にブラスト・ビートも要所で駆使するデスラッシュ寄りな疾走感あるリズムと、ザクザクした質感の刻みリフ、叙情リフにメロディアスで歌心のあるソロを聴かせるギターがとても魅力的なメロディック・デス。スウェディッシュ・メロデスの先輩バンドからの影響を感じさせつつより疾走感の強い名盤。】


◆TRIGGER THE BLOODSHED / The Great Depression

700円

・盤質:B UK ブルータル・デス’09年 2nd 輸入盤  【超高速のブラスト・ビートと2バス連打のドラム、これまた高速で動き回る邪悪なメロディのギター・リフ、アグレッシヴなグロウルを聴かせるヴォーカルによるブルータル・デス。デスコア的な要素もありますが、それは一部。ブルデスに幾分かのテクデス的な速弾き系リフが加わったものが聴きたい方にオススメ。】


▲DISMEMBER / Like an Everflowing Stream

2,000円

・盤質:S スウェーデン デス・メタル’91年 1st 輸入盤  【スラッシュ・メタル色もほぼ無い純デス・メタルなサウンドであり、2ビート中心で粗暴に突っ走るドラムとボリボリした低音刻みリフは邪悪でありながら、まだ'91年というメロデスが一般的で無かった時期にもかかわらず、かなりメロディックなリフやソロを聴かせる衝撃的な1枚。後追いで聴いても非常に興味深い1枚です。】


▲WORMED / Planisphaerium

1,700円

・盤質:S スペイン テクニカル・ブルデス’03年 1st 輸入盤  【ノイズ成分強めの汚い重低音轟音ギター・リフに、乾いたスネアの高速ドラム、何を言っているか判別不能な重低音ガテラル・ヴォーカルによるブルータル・デスを基本に、性急なリズムと展開をガンガン決めてくるテクニカル・ブルデス。ドラムのAndy C.は一時期DARK MOORやSARATOGAにもいた人物でそのギャップに驚愕しますw】


▲WORMED / Exodromos

1,700円

・盤質:S スペイン テクニカル・ブルデス’13年 2nd 輸入盤  【初期CRYPTOPSYを思わせる汚いブルータル・デスが下地のテクニカル・ブルデスを披露してくれた前作とは異なり、速弾き系フレーズもリフに混ぜてきたり、クリアな音質になってドラムがよりクッキリ聴こえるなど、3rd、4th辺りのCRYPTOPSYを思わせるサウンドのテクニカル・ブルデスに進化しているのが特徴。】


▲SOPHICIDE / Perdition of the Sublime

1,700円

・盤質:S ドイツ テクニカル・デス’12年 1st 輸入盤  【2ビートとブラスト・ビート主体のアグレッシヴなリズムの上を、邪悪なメロディの高速低音リフに、メロデス的な叙情フレーズも多用するリフ、さらにメロディアスかつテクニカルなソロも決めるギターが自在に舞うメロディック・デスラッシュといった感じの作品。爆走+テクニカル・ギターといったものが聴きたい方にとてもオススメ。】


▲INGURGITATING OBLIVION / Continuum of Absence

2,000円

・盤質:S ドイツ テクニカル・デス/ブラック’14年 2nd 輸入盤  【ジャケから漂っているように暗黒感の強いサウンドで、複雑な構成とリズムでさらに暗黒なカオス感を助長してくる、ブラック・メタル色のあるテクニカル・デス。曲の尺も7〜8分程度と長め。非常に複雑な構成とリズムの曲を難なくこなすタイトな演奏と、暗黒感溢れるサウンドのテクニカル・デスが聴いてみたい方にオススメ。】


▲ILLOGICIST / The Unconsciousness of Living

2,000円

・盤質:S イタリア テクニカル・デス’11年 3rd 輸入盤  【前作同様、DEATHからの影響が色濃い'90年代テクニカル・デス・メタル直系サウンドを今回も聴かせてくれます。前作以上にベースが目立つ印象なので、ベースがよく動くテクニカル・デスが好きな方にオススメ。前作が気に入れば今作も文句無しにオススメです。】


▲ILLOGICIST / The Insight Eye

2,000円

・盤質:S イタリア テクニカル・デス’07年 2nd 輸入盤  【THE ARISTOCRATS等で知られる超絶ドラマー、Marco Minnemannがドラム。テクニカル・デスは好きなんだけど、あまりに展開が性急すぎるものやブルータル過ぎるのは好きじゃないという方に非常にオススメな、DEATHなどの'90年代初頭くらいのテクニカル・デス直系のサウンドを再現してくれている作品。とにかくDEATHからの影響が強いバンド。】


▲GOROD / Process of a New Decline

2,000円

・盤質:S フランス テクニカル・デス’09年 3rd 輸入盤  【ブラストと高速2ビート多めで疾走感が高い上に、変拍子もかなり多く、緩急自在な展開とあいまってリズム面は相当に複雑。しかしそれをさらりと聴かせてしまうフックあるリフの数々が凄い!甘すぎないながらもインパクトのあるメロディ、フレーズづくりが巧みで、デス・メタルらしさを失わせずに聴かせるセンスが素晴らしい名盤。】


▲GOROD / Leading Vision

2,000円

・盤質:S フランス テクニカル・デス’06年 2nd 輸入盤  【ブラストと2ビートの疾走パートをメインに変拍子も交えて展開するテクニカルなリズムと、攻撃的な刻みリフにフックある速弾きフレーズを織り交ぜたギター・リフを駆使するGOROD節はこの2ndでもバッチリ楽しめます。強いて言うなら3rd、4thの方がブルータリティが強い印象ですが、ギター大活躍のテクデスが好きな方は必聴です。】


▲GLORIA MORTI / Kuebiko

2,000円

・盤質:S フィンランド ブルータル・ブラック’16年 5th 輸入盤  【今作はブラック・メタル色が強め。シンフォニック要素は無いものの、EMPEROR、KEEP OF KALESSINなどのブルータルでありつつ比較的ドラマティックなブラック・メタルが好きな方に試しに聴いてみてほしい作品。ブルータリティが重視されつつ要所でほんのり叙情的なリフが聴けるサウンドは実にかっこいいです。】


▲GIGAN / Quasi-Hallucinogenic Sonic Landscapes

2,000円

・盤質:S US テクニカル・デス’11年 2nd 輸入盤  【中心人物、Eric Hersemann以外のメンバーが入れ替わっての2nd。超速のグラヴィティ・ブラストを決めてくる新ドラマーは前任者に劣らず驚異的。少し曲が長めになってより練りこまれた複雑な曲が楽しめます。変拍子と不協和音リフを連発しながら、怒涛のブラスト・ビートで駆け抜ける超絶テクニカル・ブルデス。】


▲GIGAN / Multi-Dimensional Fractal-Sorcery and Super Science

2,000円

・盤質:S US テクニカル・デス’13年 3rd 輸入盤  【再び中心人物以外メンバーが入れ替わった3rd。前2作と比較すると、不協和音リフを多用しなくなったという点と、変拍子を使わないパートやスローなパートが増えたことが変化として挙げられます。その分テクニカル・パートがより際立つ内容に。一般的な(というのもあれですが)テクニカル・デス勢に最も近づいた内容になり幅広くオススメできる1枚。】


▲FLESHGOD APOCALYPSE / Oracles

2,000円

・盤質:S イタリア テクニカル・ブルデス’09年 1st 輸入盤  【超高速のブラストと2バス連打のドラム、邪悪なメロディの高速低音リフ主体のリフ、ガテラル一本のヴォーカルで圧倒的にブルータルな作品。早い展開に変拍子も駆使したリズムなどテクニカルさも十分。2nd以降はオーケストラがガンガン入ったりメロディアスなソロが多かったりでぬるい!という方にもオススメのブルータル・デスの大名盤!】


▲ELECTRO QUARTERSTAFF / Aykroyd

2,000円

・盤質:S カナダ テクニカル・インスト’11年 2nd 輸入盤  【トリプル・ギター編成のエクストリームなメタルが下地のインスト・バンド。ベーシスト不在の前作とは違いベースが加わった今作はより深みの増したサウンドに。幾度も切り替わるビートに、変拍子だらけのリズム、早々と展開していく楽曲ととにかく非常に複雑なインスト。疾走感もあるのが魅力的です。超人的ドラムは一聴の価値あり。】


▲DIM MAK / The Emergence of Reptilian Altars

2,000円

・盤質:S US ブルータル・デス’11年 4th 輸入盤  【ORIGINの超人(Ds)ジョン・ロングストレスが参加!テクニカルなリフや変拍子もきちんとありつつ、そこまでORIGINのような性急な展開は無く、程よくテクニカルな展開で比較的ストレートにブルータルさを押し出したタイトル。ドラムの手数足数が超人的でありつつ、ギターも印象に残るメロディアスなフレーズを聴かせてくれるブルデスが聴きたい方にオススメ。】


▲DESECRAVITY / Orphic Signs

2,000円

・盤質:S 日本 テクニカル・ブルデス’14年 2nd 輸入盤  【ドラム以外のメンバーが入れ替わり、さらに4人編成から3人編成に変わってリリース。圧倒的に高速で爆走しまくりつつ、変化に富んだテクニカルなリズムとトリッキーなソロ・フレーズで押しまくる怒涛のテクニカル・ブルデスが聴きたい方は前作同様必聴。今作もまた日本臭ゼロの世界レベルのテクニカル・ブルデスに仕上がっています。】


▲DESECRAVITY / Implicit Obedience

2,000円

・盤質:S 日本 テクニカル・ブルデス’12年 1st 輸入盤  【ガテラル・ヴォーカルをしながら邪悪なトレモロ&テクニカルなフレーズ連発のギター・リフに、スウィープ連発も余裕のギター・ソロ、高速ギターと絡み合い時に壮絶なソロも決めるベース、日本でも最強クラスのスピードとテクニックを誇る超高速ブラスト・ドラムと、そのどれもが圧倒的にブルータルでテクニカル!ブルデス・ファンはスルー厳禁の至高の逸品!】


▲CONTRARIAN / Polemic

2,000円

・盤質:S US テクニカル・デス’15年 1st 輸入盤  【DEATH等初期テクニカル・デス直系のサウンドで、コンパクトな尺で多彩に展開し、各楽器のスリリングな演奏を楽しめる実に良質なテクニカル・デス。また、(Ds)がNILE等の超人George Kolliasで、NILE等でのプレイとは一味違ったテクニカルなプレイが聴きどころ。表情豊かなベースや、メロディアスなギター・ソロも聴きどころです。】


▲BARING TEETH / Atrophy

2,000円

・盤質:S US テクニカル・デス’11年 1st 輸入盤  【不協和音だらけの不穏なリフに、急激にテンポが切り替わったりブラスト・ビートでかっとばす展開、変拍子を交えたリズム、唸るようなガテラル・ヴォーカルが不気味な空気を発散しまくる非常に緊張感の高いテクニカル・デス。とにかく終始不穏で不気味。そしてリズム面と展開の面で非常にテクニカルな1枚。不穏で気持ち悪いテクニカル・サウンドをお求めの方は必聴の名盤。】


▲ALARUM / Natural Causes

2,000円

・盤質:S オーストラリア テクニカル・デス’11年 3rd 輸入盤  【ATHEIST、SADIST、CYNICなどからの影響をうかがわせつつ、よりフュージョン色の強いテクニカル・デスを聴かせる彼ら。今作も順当にその路線で進化。前作よりもノーマル歌唱パートが多く疾走感は控えめですが、目まぐるしい展開と変拍子多めのリズム、メロディアスかつ流麗なソロは健在。ベースの出番も増えて聴きどころが増した名盤。】


▲ABYSMAL TORMENT / Cultivate the Apostate

1,700円

・盤質:S マルタ共和国 ブルータル・デス’14年 3rd 輸入盤  【クリアで分厚いサウンド・プロダクション、タイトに刻まれるギターとベースのリフ、同じくタイトに決まる高速ブラスト・ビートとまさにブルータル・デスといった感じの内容。ブラスト・ビートによる高速パートとスピードを落として重低音リフと高速2バスで聴かせるスロー・パートとの対比も強烈。程よい長さに多めの展開でじっくり聴かせてくれる、叙情性皆無のハイ・クウォリティ・ブルデス。】


▲ABHORRENT / Intransigence

2,000円

・盤質:S US テクニカル・デス’15年 1st 輸入盤  【ex:THE FACELESSのLyle Cooper、SPAWN OF POSSESSIONのベーシストErlend Caspersenらによるバンド。非常に短いスパンでめまぐるしくスピーディに展開していく非常に複雑なテクニカル・デス。プログレッシヴさやメロディアスさよりも、とにかくスピーディで複雑なテクニカル・デス・メタルが聴きたい方にオススメ。】


▲VALE OF PNATH / Prodigal Empire

2,000円

盤質:S US テクニカル・デス’11年 1st 輸入盤 【ブラスト・ビート・メインで疾走感とブルータリティも充分ながら、そのリフにはメロディックさも強く渦巻いており、言ってみればあのGORODにも肉薄するテンション高くもメロディックさと疾走感の高さが光る非常に良質テクニカル・デス!時にARCH ENEMYをも思わせる泣きを含んだメロディのギター・ソロもアリ!】


▲VALE OF PNATH / II

2,000円

盤質:S US テクニカル・デス’16年 2nd 輸入盤【今作もまたスピーディな2ビートやブラスト・ビート、高速2バス連打を軸に、変拍子や、ビートを頻繁に切り替えたりする起伏のあるリズムと、動きが多い刻みリフと速弾きフレーズを駆使したテクニカルなリフを絡めたスリリングなテクニカル・デス!前作より少しメロディアスになった印象。前作と併せて今作も必聴!】


◆SOULFLY / Enslaved

1,000円

・盤質:A、US エクストリーム・メタル’12年作 輸入盤【Max Cavaleraによるゴリゴリとヘヴィなリフの重低音ぶりと切れ味はもちろんのこと、リード・ギタリストMarc Rizzoの流麗かつトリッキーなギター・ソロも大きな聴きどころ。今作は前作、前々作以上にスラッシーな2ビートによる高速疾走パートやブラスト・ビートによるスピーディでブルータルな場面がかなり多くなっているのが大きな魅力。今までのヘヴィさ、グルーヴィさにさらなるブルータリティが加わった充実のエクストリーム・メタル。】


★UNDER THREAT / Deathmosphere

1,200円

・盤質:S、コロンビア メロディック・デス’06年 3rd 輸入盤【IN FLAMES、AT THE GATESなどを思わせるようなスウェディッシュ直系なメロディックな刻みリフと、叙情的なトレモロ・リフを併用したギター・リフ、高速の2ビート主体にブラスト・ビートも交えたデスラッシーな爆走ドラムのリズムが非常にカッコいいデスラッシュ寄りなメロデス。メロディアスで流麗なギター・ソロもとっても魅力的。疾走感に満ち溢れた叙情メロディック・デス・メタルの名盤!】