METAL ERINGIの宮殿
★アーティスト名、アルバム名を検索する時はA、B、Cで検索してください。例えばBURZUMの場合はBURZUMなら引っかかりますが、バーズムと検索しても引っかかりません。
ホーム マイアカウント お問い合わせ

会員専用ページ
ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

メタルエリンギ

こんにちは!HEAVY METAL大好きなメタルエリンギと申します。

近くにメタル専門のCD屋が無い!CD屋があってもメタルが無い!一応近くに無いこともないけど、忙しくて営業時間内に行けない!なんていう悩めるメタラーの皆さんに、メタルのCDを手にしていただきたく、このショップを運営しております。

中古、新品両方の取り扱いがございますが、新品は輸入盤がメインで国内盤はほぼありません。マイナーな輸入盤が多めになっております。

下記のリンクは当店の入荷情報やセール情報、その他聴いたCDのコメントや日記みたいなものなどを掲載している私のブログへのリンクとなります。

では、よろしくお願いいたします。

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
RSS ATOM
私が聴いた中で、コレは良い!と思ったタイトル達です。
サブカテゴリー


オススメ・タイトル
並び順を変更» ■価格順新着順

▲VALE OF PNATH / II

2,000円

盤質:S US テクニカル・デス’16年 2nd 輸入盤【今作もまたスピーディな2ビートやブラスト・ビート、高速2バス連打を軸に、変拍子や、ビートを頻繁に切り替えたりする起伏のあるリズムと、動きが多い刻みリフと速弾きフレーズを駆使したテクニカルなリフを絡めたスリリングなテクニカル・デス!前作より少しメロディアスになった印象。前作と併せて今作も必聴!】


▲GLORIA MORTI / Kuebiko

2,000円

・盤質:S フィンランド ブルータル・ブラック’16年 5th 輸入盤  【今作はブラック・メタル色が強め。シンフォニック要素は無いものの、EMPEROR、KEEP OF KALESSINなどのブルータルでありつつ比較的ドラマティックなブラック・メタルが好きな方に試しに聴いてみてほしい作品。ブルータリティが重視されつつ要所でほんのり叙情的なリフが聴けるサウンドは実にかっこいいです。】


▲DESECRAVITY / Implicit Obedience

2,000円

・盤質:S 日本 テクニカル・ブルデス’12年 1st 輸入盤  【ガテラル・ヴォーカルをしながら邪悪なトレモロ&テクニカルなフレーズ連発のギター・リフに、スウィープ連発も余裕のギター・ソロ、高速ギターと絡み合い時に壮絶なソロも決めるベース、日本でも最強クラスのスピードとテクニックを誇る超高速ブラスト・ドラムと、そのどれもが圧倒的にブルータルでテクニカル!ブルデス・ファンはスルー厳禁の至高の逸品!】


▲DESECRAVITY / Orphic Signs

2,000円

・盤質:S 日本 テクニカル・ブルデス’14年 2nd 輸入盤  【ドラム以外のメンバーが入れ替わり、さらに4人編成から3人編成に変わってリリース。圧倒的に高速で爆走しまくりつつ、変化に富んだテクニカルなリズムとトリッキーなソロ・フレーズで押しまくる怒涛のテクニカル・ブルデスが聴きたい方は前作同様必聴。今作もまた日本臭ゼロの世界レベルのテクニカル・ブルデスに仕上がっています。】


▲GOROD / Leading Vision

2,000円

・盤質:S フランス テクニカル・デス’06年 2nd 輸入盤  【ブラストと2ビートの疾走パートをメインに変拍子も交えて展開するテクニカルなリズムと、攻撃的な刻みリフにフックある速弾きフレーズを織り交ぜたギター・リフを駆使するGOROD節はこの2ndでもバッチリ楽しめます。強いて言うなら3rd、4thの方がブルータリティが強い印象ですが、ギター大活躍のテクデスが好きな方は必聴です。】


▲DISMEMBER / Like an Everflowing Stream

2,000円

・盤質:S スウェーデン デス・メタル’91年 1st 輸入盤  【スラッシュ・メタル色もほぼ無い純デス・メタルなサウンドであり、2ビート中心で粗暴に突っ走るドラムとボリボリした低音刻みリフは邪悪でありながら、まだ'91年というメロデスが一般的で無かった時期にもかかわらず、かなりメロディックなリフやソロを聴かせる衝撃的な1枚。後追いで聴いても非常に興味深い1枚です。】


◆STAR QUEEN / Your True Self

1,300円

・盤質:S、ブルガリア プログレッシヴ・メタル’04年 2nd 輸入盤【渋くてゴツくて、オペラチックなソプラノ歌唱を聴かせたり、メロディを半分無視して語るように歌うところがある、女性版KING DIAMONDといった感じのクセが強い個性派のヴォーカルが特徴的なバンド。曲は前作以上にKING DIAMOND的な起伏のある展開の楽曲が増え、リズム面にも前作よりもクセがある印象です。主張の強いベースが聴きどころ。】


◆STAR QUEEN / Faithbringer

1,300円

・盤質:S、ブルガリア プログレッシヴ・メタル’02年 1st 輸入盤【渋くてゴツくて、オペラチックなソプラノ歌唱を聴かせたり、メロディを半分無視して語るように歌うところがある、女性版KING DIAMONDといった感じのクセが強い個性派のヴォーカルが特徴的なバンド。ボブ・カティオニスらによるソロの掛け合いは文句なしのすばらしさ。個性派の女性ヴォーカルを聴いてみたい方にオススメ。】


★LARS ERIC MATTSSON / Vision

1,200円

・盤質:S、フィンランド テクニカル・ギタリスト’92年 4th 輸入盤【インストではなく、ヴォーカル入りのバンド・サウンドの作品。北欧らしい冷たさと強烈な哀愁と切ないメロディが炸裂しまくる、メロディアス・ハード的な内容の作品。ラーズは速弾きももちろん流麗なのですが、それよりも歌心のあるフレーズの泣きのギター・ソロが大量に聴けるのが最大のポイント!ギタリストの作品というよりは、優れた内容のメロディアス・ハードです。】


◆IMAGINERY / Long Lost Pride

1,200円

・盤質:S、ギリシャ メロディック・パワー・メタル’05年 2nd 輸入盤【FIREWINDなどで知られる超絶技巧キーボード&ギターも弾けるボブ・カティオニスらによるバンド。曲そのものはストレートなリズムのメロパワがメインですが、ソロになるとテクニカルさ大爆発。かつてのSONATA ARCTICAや、DRAGONLANDといった、疾走感もありつつ歌メロもクサさがあり、キラキラしたキーボードが要所で入ってソロが激ウマみたいなメロパワ。】


★ARTENSION / Future World

1,200円

・盤質:S、多国籍 テクニカル・メタル’04年 7th 輸入盤【まず(Vo)ジョンが喉にトラブル病み上がりで収録、本調子ではありません。(B)にはスティーヴ・ディジョルジオが参加。ギターが押し出されたダークでアグレッシヴな内容になっていますが、いつも通りのリズムの複雑なキメに、ヴィタリの超人的キーボード・ソロは健在。初めて聴くにはオススメではないですが、超絶技巧好きならコレも聴いて損は無いです。】


▲INGURGITATING OBLIVION / Continuum of Absence

2,000円

・盤質:S ドイツ テクニカル・デス/ブラック’14年 2nd 輸入盤  【ジャケから漂っているように暗黒感の強いサウンドで、複雑な構成とリズムでさらに暗黒なカオス感を助長してくる、ブラック・メタル色のあるテクニカル・デス。曲の尺も7〜8分程度と長め。非常に複雑な構成とリズムの曲を難なくこなすタイトな演奏と、暗黒感溢れるサウンドのテクニカル・デスが聴いてみたい方にオススメ。】


▲BARING TEETH / Atrophy

2,000円

・盤質:S US テクニカル・デス’11年 1st 輸入盤  【不協和音だらけの不穏なリフに、急激にテンポが切り替わったりブラスト・ビートでかっとばす展開、変拍子を交えたリズム、唸るようなガテラル・ヴォーカルが不気味な空気を発散しまくる非常に緊張感の高いテクニカル・デス。とにかく終始不穏で不気味。そしてリズム面と展開の面で非常にテクニカルな1枚。不穏で気持ち悪いテクニカル・サウンドをお求めの方は必聴の名盤。】


◆CRYING STEEL / The Steel Is Back!

1,300円

・盤質:A イタリア 正統派メタル’07年 20年ぶり復活の2nd 輸入盤  【完全なる'80年代直送正統派メタル・サウンドが心地よい作品。さすがに活動歴そのものは長いだけあってヴォーカルも演奏も安定感のある実力派のサウンド。また、正統派メタルの中でもIRON MAIDENではなくJUDAS PRIESTタイプのストレートな構成とリズム、キャッチーな歌メロで聴かせるスタイルが特徴。アップ・テンポ・ナンバーと疾走ナンバーが主体で聴いていてかったるさが無く、曲の配置のバランスもいい名作です。】


◆DARK ARMAGEDDON / Unerreicht von Gottes Licht

1,300円

・盤質:B ドイツ プリミティヴ・ブラック’99年 1st 輸入盤  【凄くシャリッシャリと尖がった耳に痛い音質がまず印象的。ノイズ塗れのジャリジャリした質感でありつつもトレモロ・リフは薄らと哀愁を帯びており、そこはドイツ産らしいなと思わせます。そして荒々しい音に対して意外と曲はきちんと練られているのがポイントで、緩急付きつつ疾走パートが多めなので疾走感も十分。ノイジーさ全開ながらも勢いに溢れる演奏と叙情的なトレモロ・リフがとても魅力的な名作。】


◆DALKHU / Descend... into Nothingness

1,300円

・盤質:B スロヴェニア メロディック・ブラック’15年 2nd 輸入盤  【Tr.1こそドロドロした低音リフと図太いドラムの音、さらにはヴォーカルがガテラル・ヴォイスなせいもあって、デス・メタル色が強めのサウンドに聴こえてしまいますが、Tr.2ではデス・メタル色が和らぎ、Tr.3以降はメロディックなトレモロ・リフが主体となって、メロディック・ブラックと言っていいようなサウンドになります。起伏のある展開にアルペジオ等を駆使したドラマティックさが強めの内容です。】


◆CORPUS CHRISTII / PaleMoon

1,300円

・盤質:A ポルトガル ブラック・メタル’15年 7th 輸入盤  【掠れデス声ヴォーカルというよりは、地声成分多めのダミ声絶叫ヴォーカルといった感じのヴォーカルと、寒々しいトレモロ・リフと不穏なコードを纏ってバタバタとブラスト疾走するプリブラ。アルバム全編ハイテンションに突っ走っており、絶対的な速度こそそうでもないものの、その疾走感はファスト・ブラックと言ってもいいくらいです。ラストTr.10まで全くサウンドにブレが無い名作。】


◆CYSTIC DYSENTERY / Homicidal Suicide

1,300円

・盤質:A US ブルータル・デス’16年 2nd 輸入盤  【オールド・スクール・デス・メタルを下地に、テンポやビート、リズムを切り替えまくる緩急のついた展開と、不規則な小節数での性急な展開を持ったかなりテクニカルなブルータル・デス・メタル。ギター・ソロにはMORBID ANGELのトレイを思わせるような妖気の漂うメロディアスさと流麗さがあるところもポイント。ラストまで勢いの衰えない名盤です。】


◆CORPSE GARDEN / Entheogen

1,300円

・盤質:B コスタリカ デス・メタル’15年 2nd 輸入盤  【王道デス・メタルが基本。しかし、スラッシーな疾走パートがあったり、邪悪なオーケストレーションが一瞬入ったり、叙情的なパートがあったりといった展開が特徴的。流麗なソロをはじめ多彩なソロや、効果音的なバッキングまで幅広いテクニックを持ったギタリストのセンスが光ります。こだわりの感じられる邪悪かつドラマティックな曲の構成にしても、優れた演奏面にしても実に聴きどころの多い名盤!】


◆CORPORATE DEATH / Angels & Worms

1,300円

・盤質:B ブラジル デス・メタル’13年 2nd 輸入盤  【ゴボゴボしたガテラル・ヴォーカルに、2ビートとブラスト・ビートの疾走パートを中心に、一瞬だけテンポを切り替えたり、リズムを切り替えたりといったテクニカルなギミックも駆使したデス・メタル。全体的にはCANNIBAL CORPSEやSUFFOCATIONのようなテクニカルな王道デス・メタルが基本で、曲によっては速弾き系リフやユニゾンで現代テクニカル・デス的な要素を見せつける作品。】


◆CORAM LETHE / ...a Splendid Chaos

1,300円

・盤質:A イタリア テクニカル・デス’09年 3rd 輸入盤  【リスナーがついていけないほどの過剰なテクニカルさではなく、程よい疾走感と程よい複雑さで聴かせるテクニカル・デスが好きな方にオススメ。量自体はそれほど多く無いものの、変拍子の使いどころが非常にウマいテクニカル・デスです。程よくメロディックさのある'90年代メロデス的なリフもGood。最後まで路線にブレが無いのもポイント。派手さこそないですけど名盤ですぞ。】


◆COMA / Mindless

1,200円

・盤質:B イタリア スラッシュ・メタル’13年 1st 輸入盤  【ダミ声でシャウトしつつも、ところどころメロディも歌うヴォーカル、スピーディなドラムと刻まれるギター・リフによるまさにスラッシュ・メタルらしいスラッシュ・メタル。'80年代のUS産スラッシュ・メタル直系サウンドで、たまに歌ったり程よいテンポで疾走するスラッシュ・メタルが好きな方にオススメ。】


◆DANTESCO / Pagano

1,300円

・盤質:A プエルトリコ エピック・ドゥーム’08年 2nd 輸入盤  【テノール歌手のような太い声質で伸びやかに歌い、時折ハイトーン・シャウトを決めるヴォーカル、フックのある刻みリフと低音の引き摺るようなリフ、中音域でメロディを奏でるギター、メロディックなフレーズを聴かせるベース、手数のあるドラムによるエピック・ドゥーム。とにかくヴォーカルが個性派かつ実力派なエピック・ドゥームが聴きたい方に非常にオススメ。やっぱりこのバンドは凄い!】


◆CONQUEST / Endless Power

1,600円

・盤質:B ウクライナ メロディック・パワー・メタル’02年 1st 輸入盤  【DRAGON FORCEのデビュー1年前にリリースされた作品で、そのDRAGON FORCEにテクニカル面などの派手さこそ劣るものの、当時で言えばトップクラスの高速疾走ぶりであったにも関わらず圧倒的な安定感を誇る演奏とヴォーカルに驚かされる1枚。再発盤のBT込みで全14曲中11曲が実に高速疾走ですが、2曲のバラードがとてもいい位置にあり聴き疲れも無し!クサメロも充実の文句無しの名盤です!】


◆ARGHARUS / Pleistas

1,300円

・盤質:A リトアニア ブラック・メタル’09年 1st(唯一のスタジオ・フル) 輸入盤  【なかなか音圧のある迫力のあるバンド・サウンドと、ゴツい唸り声や囁くような声、さらには絶叫も聴かせる狂気的なヴォーカルが印象的なブラック・メタル。トレモロ・リフや刻みリフの他、不穏なコードやアルペジオも駆使して不穏さ強めのサウンドを聴かせます。安定感と音圧のあるブラスト・ビートを聴かせ、手数もかなり多くてミドル・パートでも聴きごたえのあるドラムと全体的なクウォリティは非常に高いです。】


◆AKERBELTZ / Tabellae Defixionum

1,000円

・盤質:A スペイン プリミティヴ・ブラック’01年 2nd 輸入盤  【ヴォーカルのスタイルこそ違えど、爆走主体に寒々しく邪悪なリフで突き進むスタイルはMAYHEMからの影響が大きいと言えますので、MAYHEMのDe Mysteriis Dom Sathanasが好きな方にオススメしたい作品。ブラック・メタルとしか言えない完璧なブラック・メタル・アルバムに仕上がっているのが魅力的です。】


◆AKASHAH / The Dance of Beltaine Fire

1,000円

・盤質:B US 独りブラック’10年 2nd 輸入盤  【ノイジーでチリチリした音質ながらもペイガン的な郷愁と薄らした叙情性を醸し出すトレモロ・リフが主体となったブラック・メタル。モヤモヤしてエコーがかかっている邪悪な掠れデス声絶叫を主体に、朗唱も披露するヴォーカルもあって、全体的にはペイガン・ブラック要素の強い作品。プリミティヴ・ブラックが下地で、メロディアスすぎない薄ら叙情的なトレモロ・リフが聴けるペイガン・ブラックが好きな方にオススメ。】


◆AGATHODAIMON / Chapter Iii

900円

・盤質:A ドイツ メロディック・ブラック’01年 3rd 輸入盤  【寒々しく叙情的なトレモロ・リフに重厚な刻みリフを併用し、メロディアスなソロも聴かせるギター、時に荘厳に時に耽美に曲を彩るキーボード、ミドル・パート中心に疾走パートを交えた展開で聴かせるドラマティックなメロディック・ブラック。音質面も非常に良好。疾走感控えめで叙情性は強めながら、しっかりと邪悪でゴシカルな雰囲気も感じられるメロブラが聴きたい方にオススメ。】


◆AGAINST THE PLAGUES / The Architecture of Oppression

900円

・盤質:A US シンフォニック・ブラック’07年 1st 輸入盤  【リード・ギタリストとしてなななんとLOST HORIZONのWojtek Lisickiが参加!スローな曲もありつつも、刻みリフとブラスト・パートが軸となったブルータリティがしっかりとある曲を主体に、ふわ〜っとしつつ邪悪で主張も強めのキーボードが乗っかる邪悪でドラマティックなシンフォニック・ブラック。そこにWojtekの流麗なギター・ソロが加わる実に完成度の高い名作!】


◆ANIMA DAMNATA / Agonizing Journey Through(以下略)

900円

・盤質:B ポーランド ブルータル・デス’03年 1st 輸入盤  【ドロドログチャグチャした汚い質感の高速低音ギター・リフ、カンカンと乾いた音でブラスト爆走するドラム、何を言っているかわからないゲロゲロなガテラル・ヴォーカルで、コレがまたブルデス以外の何物でも無くて驚きます。速弾きソロを時折聴かせるベースに、爆走しつつも変拍子も多めのリズムでかなりテクニカル。1st、2ndの頃のCRYPTOPSY辺りが好きな方に聴いてみてほしい作品。】


◆ARSTIDIR LIFSINS / Jotunheima Dolgferd

800円

・盤質:C アイスランド/ドイツ ペイガン・ブラック’10年 1st 輸入盤  【掠れデス声に、渋い低音朗唱、地声での絶叫と多彩なヴォーカルを織り交ぜながら、バンド楽器主体に10分前後の長尺な曲を起伏のある展開で聴かせるペイガン・ブラック。随所で響き渡る雄々しく壮大さや神秘性を醸し出すコーラスも大きな特徴。北欧的な神秘性と、自然への畏怖が融合したようなサウンドを聴かせてくれます。ラストTr.9までサウンドにブレが無く、世界観に統一性が感じられるのがとても素晴らしいです。】


◆ARMAGEDOM / Das Cinzas Ao Inferno

1,200円

・盤質:A ブラジル クロスオーバー・スラッシュ'01年 2nd 輸入盤  【'01年作でしかも2ndとは思えないようなカビが充満したような地下臭い篭った音質が強烈。ヴォーカルはBULLDOZERのA.C.Wildを思わせるようなデス声直前の汚いダミ声といった感じ。ハードコア的な疾走感とシンプルなノリ、非常に少ないリフの種類といったサウンドはVENOM、初期KREATORなどが好きな方にオススメ。アルバム全体的に「汚く爆走してやるぜ!」という統一感にも優れた作品。】


◆ABSKE FIDES / Abske Fides

900円

・盤質:A ブラジル ディプレッシヴ・ブラック/ドゥーム’13年 1st 輸入盤  【基本は陰鬱なところが多いながら、ブラック・メタル的なノイジーな質感で不穏なフレーズのリフを、スローなリズムと絡ませたところはブラック・ドゥーム的、陰鬱なところはディプレッシヴ・ブラック的、フワフワしたところはポスト・ブラック的で、朗唱を活かしたパートと展開の多さはダークなプログレッシヴ・メタル的でもある、多彩な要素を柔軟に無理なく組み合わせた個性的な力作。】


◆AUTUMNBLAZE / Words Are Not What They Seem

900円

・盤質:B ドイツ メランコリック・メタル’04年 4th 輸入盤  【ダンディな声質でエモーショナルに歌い上げるヴォーカルが絶品。アルバム全体に歌メロにしてもバッキングにしてもメランコリックさやアンニュイさが漂った統一感に優れた作品。ハードなギター・リフとドラムの動のパートと、クリーン・トーンの儚げなギター主体の静のパートの起伏のある展開も魅力的で、ただメランコリックなだけでないところがGood。ANATHEMA辺りが好きな方にオススメ。】


◆ATLANTIS RISING / Atlantis Rising

1,000円

・盤質:B US James Byrdのバンド’90年 1st 国内盤  【後のJamesのソロ名義の同様、クラシカルな正統派メタルを軸に、Uli Jon Roth的な要素を感じさせるスタイル。Jamesらしい哀愁のミドル、アツい疾走曲、泣きギター満載のインストと聴きどころは満載。テクニカルな速弾きを聴かせつつも、速さではなくそれ以上にメロディ重視のプレイをするギタリストが好きな方には是非とも聴いてみてほしいですし、単純に様式美系メタル、ネオクラシカル・メタルとしても優れた1枚!】


◆AIRTIME / Liberty Manifesto

900円

・盤質:B カナダ TRIUMPHのRik Emmettらによるハード・ロック’07年作 輸入盤  【TRIUMPHのRik Emmettがヴォーカル、ギター、ベースを担当。エモーショナルな熱唱、速弾き系のフレーズを駆使したスリリングなリフに泣きと速弾きのギター・ソロ、メロディックなフレーズも聴かせるベースと、Rikが実に目覚ましく活躍しているハード・ロック作品。Rik Emmettのファンであれば必聴と言える作品ですし、泣きギター好きにもオススメしたい名作。】


◆CHARNEL WINDS / Der Teufelsbund

1,300円

・盤質:A フィンランド ブラック・メタル’11年 1st 輸入盤  【クリアで良好な音質の中、6〜8分と少々長めの曲を、疾走パートとミドル/スロー・パート、静と動を巧みに切り替えるじっくり構築された展開で聴かせる実に質の高いブラック・メタル。センス溢れるリフと流麗なソロも聴かせるギターに、メロディックで印象的なベース、安定感あるドラムと演奏面の聴きどころも非常に多い名作。】


◆CARUOS / Metempsychosis

1,300円

・盤質:B フランス ペイガン・ブラック’11年 1st 輸入盤  【寒々しくも薄ら叙情的なトレモロ・リフが主体のギターによりメロディックなペイガン・ブラック。薄メロ・プリブラ的な曲がメインですが、民族楽器を駆使した郷愁溢れるインストTr.1、7や、郷愁を感じさせるミドル・パート主体のTr.4等ペイガン・ブラックらしい曲も収録。薄ら叙情的なリフといい、疾走感パート主体の楽曲といい、どんよりした雰囲気といい、アルバム全体の統一感にも優れた名作。】


◆CARIGNAN / Masturbatorium

1,100円

・盤質:A オーストリア デス/グラインド’09年 1st(唯一の作品) 輸入盤  【ゲロゲロのガテラル・ヴォイスと、ヴィーヴィーいう豚声による何を言っているかさっぱり分からない系のヴォーカルがまず特徴的。それに反して演奏の方は意外とタイトでクリア。動きの激しいドロドロしたギター・リフに、手数足数多くも非常にタイトなドラムと演奏面の安定感は素晴らしく、アルバム全体的にもファストな曲で固められており、統一感にも優れた名作。コレ1枚での解散が惜しまれます。】


◆CADAVERIC CREMATORIUM / One of Them

1,300円

・盤質:A イタリア テクニカル・ブルデス’12年 4th 輸入盤  【ブラスト・ビートと高速2バス連打の疾走パートを軸にリズムやビートを目まぐるしく切り替えながら突き進むテクニカル・ブルデス。今作はグラインド色は薄く、素直にテクニカル・ブルデスと言っていいサウンド。やはり前作同様CRYPTOPSY、ORIGINなどのテクニカル・ブルデスが好きな方に聴いてみてほしい作品。メロディアスさの無いブルータルでテクニカルなデス・メタルが好きな方はぜひ。】


◆CADAVERIC CREMATORIUM / Grindpeace

1,100円

・盤質:A イタリア テクニカル・デス/グラインドコア’08年 3rd 輸入盤  【カンカンに乾いたスネアで高速爆走ブラストと2ビート主体に変幻自在にビートを切り替えるドラム、目まぐるしい速弾きフレーズを多用するテクニカルなギター・リフ、テンポやリズムが頻繁に切り替わる曲展開とかなりテクニカルなデス/グラインドコア。スピーディかつ複雑でテクニカルなデス/グラインドコアが好きな方にオススメ。】


◆BURDEN RAGE / The Spiral Black Hole

1,300円

・盤質:A アルゼンチン デス・メタル’12年 1st 輸入盤  【サウンドそのものは王道のデス・メタルが下地になっておりながら、変拍子を多用したテクニカルなリズムと動きの多いスリリングなリフがカッコいい作品。また、曲によってはスラッシーな疾走パートや刻みリフを駆使する場面も。展開の方もかなり起伏が激しくなっており、聴きごたえは抜群。ジャケからはモダンなデスコアっぽそうな雰囲気が出ていますが、そういった要素も一切無いのがポイント。】


◆CHRONOSPHERE / Embracing Oblivion

1,300円

・盤質:A ギリシャ スラッシュ・メタル’14年 2nd 輸入盤  【ほとんどが高速疾走パートながら非常にタイトな演奏を聴かせる超高品質スラッシュ・メタル。超高速で刻まれるリフはもちろんのこと、非常にテクニカルで流麗なんだけれどもメロディアス過ぎずに狂気を保ったフレージングのギター・ソロのセンスは抜群!スラッシュ・メタルならとにかく高速で刻みまくれ!そして高速2ビートで爆走しやがれ!という方には激押し。スラッシャー必聴の名盤!】


◆BROKEN GLAZZ / Divine

1,300円

・盤質:A イタリア スラッシュ・メタル’91年 1st 輸入盤  【音圧鋭くザクザクしたリフを主体に動きの多いリフを加え、流麗でテクニカルなソロも決めるギターに、軽くメロディを歌うようなヴォーカル、そして急にテンポを切り替えたり、ひねりのあるリズムを駆使したテクニカルな展開で聴かせるテクニカル・スラッシュ。リスナーが付いていける程度に、軽く予想を裏切るようなテクニカル・スラッシュが聴きたい方にオススメ。マイナーながらも優れた1枚。】


◆CHALICE OF SUFFERING / For You I Die

1,300円

・盤質:A US フューネラル・ドゥーム’16年 1st 輸入盤  【10分程度と長尺な曲が並びつつも、展開もあってドラマティックさもあるフューネラル・ドゥーム。フューネラル・ドゥームの中でも雰囲気だけではなく、ストレートに悲しみをメロディでぶつけてくるようなサウンドが好きな方にとてもオススメ。そこそこ幅の広いサウンドではありますが、悲しみのスロー・サウンドが好きな方には是非とも聴いてみてほしい作品です。】


◆BUNKUR / Bludgeon

1,300円

・盤質:A オランダ ドローン・デス・ドゥーム/スラッジ’04年 1st 輸入盤  【まさかのギター・レス、ツイン・ベースという変則的な編成。さらにキーボード入りの4人編成です。さらにはアルバム1枚で65分06秒の大作1曲という超絶大作主義。ノイズ塗れの重低音ベース・サウンドに、雷鳴の如く轟く切れ味と重みのあるスローなリズムのドラムが呪術的な空間を生み出し、長い長い時間をかけて少しずつ変化していく重低音激遅ドローン・ドゥーム/スラッジ・サウンド。】


◆BLACK SHADOW / War - Undying Flame of Abyss!(Война - негасимое бездны пламя!)

1,300円

・盤質:A ロシア ブラック・メタル’08年 6th 輸入盤  【ドラム・マシンを駆使した超高速でブルータルなファスト・ブラックを主体としたサウンドは今作もブレ無し。そして刻みリフを織り交ぜた邪悪なリフに、寒々しいトレモロ・リフによるギター、ハイテンションに叫び散らす掠れデス声も実にブラック・メタルらしくて魅力的。緩急付きつつファストなパートが主体のブルータリティあるファスト・ブラックが好きな方にオススメ。】


◆BLACK SHADOW / ...Through the Dark Flame of Moloch…(...сквозь чёрное пламя Молоха…)

1,300円

・盤質:A ロシア ブラック・メタル’12年 8th 輸入盤  【ドラム・マシンを用いたファストなパート主体のブラック・メタルという路線は今作も変わらずですが、今作は若干ミドル/スロー・パートが多めの印象。その分、ブルデス・ドラマーが叩いているかのような超速2バスとブラストによる怒涛のファスト・パートの爆裂ぶりが際立っている内容です。今までの作品が好きな方にはやはりオススメですし、ファストなパート主体のブラック・メタルが好きな方にはとてもオススメ。】


◆BLACK SHADOW / Call of the Death(Зов смерти)

1,300円

・盤質:B ロシア ブラック・メタル’05年 2nd 輸入盤  【ドラム・マシンを駆使した高速ブラストによるハイ・テンションな爆走パートを軸としつつ、うまくミドル・パートも配した緩急ある展開で聴かせるブラック・メタルという路線はこの頃からすでに披露されています。ファスト・パート主体にしっかりと構築された邪悪で時にメロディックなブラック・メタルが聴きたい方にとてもオススメ。すでに名作の域です。】


◆BLACK SHADOW / Awakening of the Black Dragon(Пробуждение чёрного дракона)

1,300円

・盤質:B ロシア ブラック・メタル’11年 7th 輸入盤  【特徴的なのがドラム・マシンを使った超高速ブラスト・ビートですが、このアルバムでもブレずに超速マシン・ブラストを主体にしたブルータルなブラック・メタルを聴かせてくれます。それと同時に吹き荒れる寒々しいトレモロ・リフもとても印象的。冷徹なブルータリティと寒々しい疾走感は、ANAAL NATHRAKHとDARK FUNERALが合わさったかのような強烈さを味わわさせてくれます。】


◆BLASTCORPS / Glorified

1,300円

・盤質:C オランダ ブルータル・デス’05年 1st 輸入盤  【低音の刻みリフと、低〜中音域のドロドロしたトレモロ・リフ、邪悪でありつつメロディックさもちょっぴりあるリフを駆使するギター、タイトにブラスト & 2ビートで高速爆走するドラム、唸るようなグロウルを聴かせるヴォーカルによる王道の欧州型デス・メタル・サウンド。初期型ヨーロピアン・デス・メタルをよりタイトにブルータルにアップグレードしたようなものが聴いてみたい方にとてもオススメ。ラストまで勢いが衰えない名盤です。】


◆BEAUTIFUL CAFILLERY / It's Your Life It's Your Death

1,300円

・盤質:C チェコ テクニカル・デス・メタル’10年 3rd 輸入盤  【雰囲気的にはGIGAN辺りを思わせるところがありますが、あちらと違って曲が3分程度とコンパクトで、展開も少な目でリズムもあちらよりは大分ストレート。しかしながら、ブラスト・パートを主体にしつつ急に切り替わるビートや、要所で出てくる変拍子等ひねりのあるリズムは十分にテクニカルなデス・メタル。コンパクトでありつつスリリングな力作。】


◆BARBARITY / The Wish to Bleed

1,300円

・盤質:B ロシア デス・メタル’03年 1st 輸入盤  【篭って若干RAWな音質に、汚い重低音リフとガテラル・ヴォーカル、ブラスト疾走パートが主体で、その手のフリークであれば出音一発で「コレだ!!」と思うであろうめちゃめちゃオールド・スクールなデス・メタル。ロシアや欧州的なメロディックさや寒々しさ、叙情性や哀愁などは一切無く死臭が充満したUSデス・メタル直系なサウンド。】


◆BARBARIAN PROPHECIES / Condemned Land... The War Begins

1,300円

・盤質:A スペイン デス・メタル’09年 1st 輸入盤  【ドロドロ感のある邪悪な低音刻みリフを軸にメロディックなトレモロ・リフを併用するギター、ブラストと2ビートの疾走パートが主体ながらも捻りを加えてあるちょっとテクニカルなリズム、ガテラルとグロウルが飛び交うヴォーカルにより初期のKATAKLYSMを思わせるカオティックなオールド・スクール・デス・メタル作品。かなりの力作です。】


◆BLOOD OF KINGS / Starvation

1,100円

・盤質:B US 正統派メタル’13年 1st(唯一のスタジオ・フル) 輸入盤 【Vince Neilみたいな声質ながら、歌うというよりはラフに歌メロを叫ぶヴォーカル、キャッチーなギター・リフ、メロディアスなツイン・リード・ギター、軽快に疾走するドラムによる、NWOBHM直系な正統派メタル・サウンド。NWOBHMが好きな方にとてもオススメ。】


◆ASMODEY / Dark Spiritual Liberation

1,300円

・盤質:B ロシア ブラック・メタル’13年 2nd 輸入盤  【プリブラを下地にしつつもドラマティックに構築された曲の数々に、寒々しくもメロディアスで分かりやすさのあるトレモロ・リフを主体にしたギター、起伏がありつつ爆走ブラスト主体のドラム、覆いかぶさるキーボード、そしてIHSAHNを手本にしたような迫力あるヴォーカルに至るまで実に1st、2ndの頃のEMPERORを思わせる名作!】


◆ASES / Of Moonlords And Sun

1,300円

・盤質:B フランス ペイガン・ブラック'04年 2nd 輸入盤  【相変わらず寒々しいトレモロ・リフをガンガン聴かせてくれますが、サウンド・プロダクションがペラッペラだった1stと比較すると著しく音の厚みとクリアさが増しているのがポイント。KRALLICEを思わせるような緊張感のある動きの激しいトレモロ・リフを聴かせてくれるのも非常にGood。トレモロ・リフ好きに幅広くオススメしたい作品。】


◆ANCIENT SKIN / Nobis Quoque Peccatoribus...

1,300円

・盤質:B イタリア ブラック・メタル’08年 1st 輸入盤  【HOUR OF PENANCEのSeditionで超絶なドラミングを聴かせてくれたSimone PirasがArconda名義でやっているファスト・ブラック。音質はブラック・メタルらしくモヤモヤしたRawなものになっていますが、奥から聴こえてくるドラムはやっぱり超絶!そして寒々しいトレモロ・リフを満載して突っ走るファスト・ブラック名盤!!】


◆AZRATH-11 / Ov Tentacles and Spirals

1,300円

・盤質:C イタリア ブルータル・デス・メタル’13年 2nd 輸入盤  【鋭い演奏と音圧のあるサウンド・プロダクションでLOST SOUL辺りを思わせるような圧倒的ブルータリティで突進するブルデス。ドラムこそ超速で圧倒的でありながら、変にテクニカルなギミックを多用せず、またソロでもメロディアスになりすぎない破壊力と邪悪さ満点のブルータル・デスが聴きたい方にオススメの名盤!非常にカッコいいです!】


◆ANATOMY OF I / Substratum

1,300円

・盤質:B オランダ (B)Steve DiGiorgio参加のテクデス’11年 1st 輸入盤  【(B)Steve DiGiorgio、(Ds)Dirk Verbeurenが参加しているテクデス。(Vo,G)Michael Dorrianなる人物のフックあるリフとメロディアスかつテクニカルなソロがガンガン曲を引っ張るテクデス。動きが激しいギターとユニゾンするベース、テクニカルなギター・ソロの数々、スリリングな展開で実にカッコいい名盤!】


▲ARATHORN / Treue & Verrat

1,300円

・盤質:S ドイツ 独りプリミティヴ・フォーク・ブラック’08年 2nd 輸入盤  【フォーキッシュなメロディを感じさせるトレモロ・リフやキーボード、汚い掠れデス声によるフォーク・ブラック的なパートと、アコースティック・フォークの静のパートを切り替えるULVERの1stを思わせるようなサウンドの作品。音質がプリブラ的なのがかえってプリミティヴな中世的世界観の構築にハマっている名作。】


▲AMEZARAK / Daemonolatreia

1,300円

・盤質:S ロシア 独りメロブラ/プリブラ’14年 4th 輸入盤  【軽くて薄いサウンド・プロダクション、ノイジーなギターの音、掠れデス声絶叫ヴォーカルは実にプリミティヴ・ブラック的ながら、トレモロ・リフが非常にメロディックなところが特徴的な作品。一部の曲を除いて、薄メロ・プリブラという範囲を超越してもはやメロブラと言っていいほどにメロいのがポイント。】


▲ACCURSED CHRIST / Through the Fringe of Life

1,300円

・盤質:S ロシア 悲しみの薄メロ・プリブラ’11年 1st 輸入盤  【ノイズを纏ってボカボカした音で汚く疾走するドラム、ぐちゃぐちゃした質感のギターにボルボルと絡みつくベース、低音のゲロゲロした掠れデス声で邪悪さが非常に強いサウンド。しかし音質やヴォーカルは汚いながらもリフがかなり悲しくメロウな、悲しみの薄メロ・プリブラといった内容。さすがロシア産です。】


▲ANORMA / Hellucination

1,300円

・盤質:S インドネシア メロディック・デス’12年 1st 輸入盤  【インドネシア産ながらアジア臭は一切無く、何も予備知識なしで聴けば多くの人がスウェーデン産?と答えるであろう、いわゆるイェテボリ系な'90年代メロデスを継承したサウンド。あ〜、IN FLAMESマジで好きなんだろうなぁっていうのが伝わってきます。個性は無いですが高品質。疾走感を抑えた叙情メロデスが好きな方にオススメ。】


▲ABUSER / Threats of Fate

1,300円

・盤質:S イタリア スラッシュ・メタル’10年 1st 輸入盤  【程よいテンポの疾走パートを主体に程よく変拍子を交えたちょっと意外性のあるテクニカルなリズム、テンポ・チェンジ等の展開でちょっぴりテクニカルなスラッシュ・メタル。MEKONG DELTA等のようにやりすぎなほど複雑ではなく、VOIVODのようにプログレッシヴというほどでもない、程よくテクニカルなスラッシュが聴きたい方にオススメ。】


▲APHONIC THRENODY / When Death Comes

1,300円

・盤質:S 多国籍 フューネラル・ゴシック/ドゥーム’14年 1st 輸入盤  【スローなリズムのドラムの上を、絶望的なガテラル・ヴォーカルに悲哀に満ちた絶叫グロウル、中音域の悲しいギターのメロディ、メロウなベースやチェロ、アトモスフェリックなキーボードがフワ〜っと乗っかるフューネラル・ゴシック。MAR DE GRISESやREMEMBRANCEなどのような悲しく美しいものが好きな方にオススメの名作。】


▲ENTROSPECT / Inverse Polarity

1,300円

・盤質:A チリ デス・メタル’13年 1st 輸入盤  【カッチリしたデス・メタル・サウンドを軸に、ブラック・メタル色やメロディアスでテクニカルなギター・ソロを加えたようなものが聴いてみたい方にオススメ。ブルデスというほどブルータルではなく、メロデスというほどメロディアス過ぎないというバランス。コレはカッコいいです。保管しづらいケースのみが難点…。】


▲PHRENETIX / Fear

1,300円

・盤質:B リトアニア スラッシュ・メタル’15年 1st 輸入盤  【甲高い地声でシャウトするヴォーカル、ザクザクした刻みリフ、疾走とミドルを切り替える展開で聴かせる'80年代スラッシュ直系のスラッシュ・メタル・サウンド。カッチリしつつ疾走感もある'80年代直系なスラッシュ・メタルが聴きたい方に激押し。コレぞスラッシュ・メタルです。】


▲ODRADEK ROOM / Bardo. Relative Reality

1,300円

・盤質:B ウクライナ メランコリック・プログレッシヴ・メタル'13年 1st 輸入盤  【グロウルと渋い低音朗唱を駆使するヴォーカル、へヴィ過ぎないながらもどんよりとしたゴシック・メタル的な低音リフを軸に、その上を不穏さとメランコリックさや儚さを醸し出すクリーン・トーンのギター・フレーズが舞い、その下を多彩なリズム・パターンを繰り出すドラムが蠢くプログレッシヴなサウンド。とにかく非常に儚く美しい名作!】


▲ACCOMPLICE / Accomplice

1,300円

・盤質:C US テクニカル・メタル’97年 1st 輸入盤  【叙情的なフレーズとエモーショナルなヴォーカルを軸にしつつ、リズムは基本ストレートながら要所で変拍子を駆使したり、流麗なギターとキーボードのソロを聴かせたりする王道の叙情テクニカル・メタル。イタリア勢のような爽やかでありつつちょっと陰のある叙情メロディとスウィープ等の派手なソロが聴きどころ。】


★ALASTOR SANGUINARY EMBRYO / For Satan and the Ruin of the Divine

1,300円

・盤質:B その他状態: コスタリカ メロディック・ブラック・メタル’15年 3rd 【規格番号:MHP 15-143】輸入盤 


▲WYRMS / Aashanstys - Reves et peines d'un misanthrope

1,300円

・盤質:S フランス ブラック/アンビエント’10年 1st 輸入盤  【Tr.1はアンビエントですが、Tr.2以降は叙情的なトレモロ・リフとブラストあるいはスネア裏打ちの疾走パートを軸にしたドラマティックに構築されたメロディック・ブラック・ナンバーが満載。平均7分程度と少し長尺ですが、しっかりと構築された曲は聴きごたえ抜群。リフのメロディも明確で分かりやすいので総じて聴きやすい1枚。】


▲WOLOK / The Silver Cord

1,100円

・盤質:S フランス インダストリアル・ノイズ・ブラック’14年 EP 輸入盤  【ノイズ成分の強いサウンドに、とんでもなく不穏で呪術的なコード、唸ったり絶叫したりするヴォーカル、パシャパシャした無機的なドラムが鳴り響く不気味なインダストリアル・ノイズ・ブラック的なサウンド。全体的にとにかく呪術的な空気が強いサウンド。聴いていてひたすら不穏で気持ち悪いノイズ・ブラックが聴きたい方にオススメ。】


▲ULFBERHT / L'Aube d'une nouvelle ere...

1,300円

・盤質:S フランス 薄メロ・プリブラ’15年 1st 輸入盤  【QUINTESSENCEやFORTERESSEなどのようなブラスト疾走 & 薄ら叙情的なトレモロ・リフを主体としたサウンドで、そこに幾分かのディプレッシヴ要素を加えた内容。とにかく冷えた悲しみが全編にわたり充満しており、どの曲もトレモロ・リフの薄ら悲しいメロディが素晴らしく、個人的に鼻血ものの内容でした!薄メロ・プリブラ大名盤!!】


▲TSAR BOMB / Exterminans IX:XI

1,300円

・盤質:S スペイン ブルータル・ブラック/デス’15年 2nd 輸入盤  【超高速で爆走する打ち込みブラスト・ドラムの上を、ドロドロした低音リフとテクニカル・ブルデス的なスウィープ等を交えた高速テクニカル・ギター・リフが忙しなく舞い、さらにアルペジオ等で不穏な装飾が施されたインダストリアル・ブルータル・デス/ブラック・メタル。超高速で爆走しつつギター・リフがテクニカルなものが聴きたい方にオススメ。】


▲VORUM / Poisoned Void

1,300円

・盤質:S オーランド諸島 デス・メタル’13年 1st 輸入盤  【非常に汚い低音トレモロ・リフや刻みリフを纏って疾走するUS産オールド・スクール・デス・メタルを彷彿とするスタイル。7分間ひたすらオールド・スクール・デス・メタルをかましてくれるラストのTr.8まで充実の内容。暴力的な音と汚さが合わさったタイプのまさに死臭のするデス・メタルが好きな方にオススメ。】


▲SIGIHL / Trauermarsche (And a Tango upon the World's Grave)

1,300円

・盤質:S ポーランド  サックス入りディプレッシヴ・ドゥーム’14年 1st 輸入盤  【ノイズに塗れたギターの不気味で陰鬱なヘヴィ・リフに、非常にスローなドラムのリズム、喚き叫ぶ死にそうな壮絶な絶叫を上げるヴォーカルが絶望感を撒き散らし、さらに朗々としつつ分厚い低音のサックスが加わり、荒廃した世界を思わせるような絶望的な低音メロディを奏で、壮絶な絶望低音世界を披露するディプレッシヴ・ドゥーム。名盤!】


▲SAPIENTIA / Through the First Sphere of Saturnus

1,300円

・盤質:S スウェーデン ブラック/デス・ドゥーム’12年 1st 輸入盤  【重低音ガテラル・ヴォーカル、少し篭っていて広がるようなサウンド・プロダクション、そしてかなりスローなリズムによる暗黒の空気と煉獄の炎が揺らめくような質感を醸し出すデス・ドゥーム・サウンドが主体。しかしながら、ノイズ成分が強くシンプルなフレーズを反復する不穏なリフはブラック・メタル的。ひたすら地獄です。】


▲WITCHGRAVE / Witchgrave

800円

・盤質:S スウェーデン 正統派メタル’13年 1st 輸入盤  【ドゥームか何かかな?と思わせるジャケに反して、NWOBHM臭全開の疾走正統派メタル・サウンドがアツい作品。ダミ声でラフに哀愁のメロディを歌うヴォーカル、それに反してメロディアスなソロを聴かせるギター、硬質なリフ、軽やかに疾走するドラムと全てが'80年代初頭のような音をしています。疾走感の高さが魅力!】


▲QUINTESSENCE MYSTICA / Duality

1,300円

・盤質:S ウクライナ シンフォニック・ブラック’14年 2nd 輸入盤  【クサみのあるオーケストレーションをガンガンに効かせながらブラスト爆走するシンフォ・ブラック。壮大かつ邪悪なサウンドを伴いながら爆走する、EMPEROR、DIMMU BORGIRを思わせる曲がズラリと並んでいます。疾走感はあるし、曲の構成はカッチリしているし、オーケストレーションはメロディアスなので、総合的に聴きやすい1枚。】


▲LOTUS CIRCLE / Caves

1,300円

・盤質:S ギリシャ ディプレッシヴ・ドローン・ドゥーム・ブラック’12年 2nd 輸入盤  【ノイズを纏った陰鬱で「ずうううううぅぅぅ〜〜〜ん」と轟く物凄い低音のリフがスローなテンポの中を漂うディプレッシヴ・ドローン・ドゥーム・ブラック。ドラム等のリズム楽器が一切無いのが特徴。ディプレッシヴ・ブラック的などうしようもない陰鬱さと、ドゥームの音の低さが融合したようなものが聴いてみたい方にオススメ。】


▲LORD TIME / Drink My Tears

1,300円

・盤質:S US 個性派ブラック’13年 2nd 輸入盤  【1曲のみ約55分の超大作。2〜3分置きに場面が切り替わるように次々に展開していくのが特徴的。不気味かつ呪術的、儀式的な雰囲気のブラック・メタルを下地に様々な場面が登場するものが聴いてみたい方にオススメの個性派ブラック。】


▲ISVIND / Daumyra

1,300円

・盤質:S ノルウェー ブラック・メタル’13年 3rd 輸入盤  【掠れデス声で叫び、程よくノイズを纏った邪悪でありつつ薄ら叙情的で寒々しいトレモロ・リフを掻き鳴らし、バタバタしたブラスト・ビートで突き進む王道ブラック・メタル・サウンド。王道のプリブラを基本としつつ、音質がクリアで厚みのあるものが好きな方にオススメ。アルバム全体の統一感にも優れた名作です。】


▲PRIME EVIL / Blood Curse Resurrection

1,300円

・盤質:S US デス・メタル’15年 1st 輸入盤  【'87年から活動していたバンドが活動停止期間も経て'15年にようやく出した1stフル。さすが'80年代後半から活動していただけあるなぁと思わせる、まさにスラッシュ・メタル上がりにデス・メタルといった感じのサウンドで、30年弱の時を経つつあの時代のサウンドをそのまま現代に持ってきてしまったような名作。】


▲OF SPIRE & THRONE / Sanctum in the Light

1,300円

・盤質:S UK デス/ドローン・ドゥーム’15年 1st 輸入盤  【全4曲ながら、Tr.1から14:00、8:21、13:12、18:27と長い曲が並んだ大作主義。非常にスローなリズムとずっしりとしたへヴィな低音リフ、ガテラル・ヴォーカルによる沈み込むようなデス・ドゥーム。Tr.2のようにドラムレスのドローン・ドゥーム的ナンバーもあり。沈み込むようにダークでへヴィでスローなものが聴きたい方にオススメ。】


▲FORGOTTEN TOMB / Love's Burial Ground

1,300円

・盤質:S イタリア ディプレッシヴ・ブラック’04年 3rd 輸入盤  【とにかく音質面がクリアなところが印象的で、その中で病んだ悲痛な絶叫を続けるヴォーカル、焦燥感を煽るトレモロ・リフや悲しいフレーズ、虚しく響き渡るクリーン・アルペジオ等で陰鬱さを出すギター、タイトなブラストからスローなリズムまで叩き分けるドラム等による演奏も曲構築の面でも質の高いディプレッシヴ・ブラック。】


▲CHAPTER V:F10 / Syndrome

1,300円

・盤質:S ウクライナ ブラック・メタル’15年 1st 輸入盤  【悲しげなメロディのトレモロ・リフ主体のギターに、ブラスト疾走パートとミドル/スロー・パートとを切り替える展開で聴かせる寒々しいブラック・メタル。メロブラというほど叙情的ではないながら、薄らとメロディックなトレモロ・リフが満載され、疾走感も強い薄メロ・プリブラ系が好きな方に非常にオススメな1枚。】


▲BLACK HOWLING / O Sangue e a Terra

1,300円

・盤質:S ポルトガル ブラック・メタル’15年 5th 輸入盤  【絶叫する死にそうなヴォーカル、トレモロ・リフをはじめ悲しいフレーズを満載したギター、スローなリズムのドラム、そしてそれらがモヤモヤした音質の中で広がるように充満していくアトモスフェリックかつメランコリックなディプレッシヴ・ブラック・メタル・サウンド。悲しいサウンドが好きな方にとてもオススメ。】


▲BLACK HATE / Los tres mundos

1,300円

・盤質:S メキシコ ディプレッシヴ・ブラック’12年 3rd 輸入盤  【暗黒感の強いTr.2、テクニカルな序盤や呪術的な中間部が聴きどころのTr.3といった曲もありますが、悲しく冷たいトレモロ・リフと泣きそうで死にそうなヴォーカルでTr.4以降はディプレッシヴ・ブラック色が強まります。クリアで厚みのある音質としっかりとした演奏による完成度の高いディプレッシヴ・ブラックが聴きたい方にオススメ。】


▲HEADMEAT / Mass Sociogenic Illness

1,300円

・盤質:S ベルギー キーボード入りブルデス’05年 1st 輸入盤  【キーボード入りの6人編成バンド。キーボード入りと言っても、メロデス寄りなサウンドではなく、重低音ガテラル・ヴォーカルとドロドロした低音ギター・リフと高速ビートに邪悪かつ不穏なオーケストラ・サウンドを要所で纏わせたブルータル・デス・メタル・サウンド。煉獄の炎を思わせるような地獄のデス・メタルです。】


▲THE GLORIOUS DEATH / The Glorious Death

1,300円

・盤質:S US デス・メタル’13年 1st 輸入盤  【ドロドロした低音リフ主体のギターと少し篭り気味の音質はオールド・スクール・デス・メタルな感じですが、そのギターに邪悪なメロディが漂っているあたりがUS産というよりはむしろスウェーデン産の初期デス・メタルに近い質感であるところが特徴。まさにデス・メタル!な非常にカッコいい作品です。】


▲DYING / Bizarre and Bloody Tales (Director's Cut)

1,300円

・盤質:S チリ デス・メタル’10年 1st 輸入盤  【イモなジャケに反してクリアで厚みのある音質と安定感抜群の演奏が素晴らしいデス・メタル。デス・メタルらしい疾走感あるサウンドと低音のリフを軸にしながら、流麗でメロディアスなギター・ソロやメロディックなリフも程よく交えた内容なので、メロデス好きにもオススメな1枚。程よくメロいデス・メタルが好きな方にオススメ。】


▲I EXIST / Ii : The Broken Passage

1,300円

・盤質:A オーストラリア ストーナー/スラッジ・メタル’11年 2nd 輸入盤  【スラッジ的なノイズ成分のあるへヴィ・リフを軸に、ストーナー・ロック的なパートや曲と、ハードコア的な疾走を見せつけるスタイルは今作も全くブレがありません。前作同様ドゥーム/ストーナー系の中でも咆哮するタイプのエクストリーム・メタル寄り、もしくはハードコア寄りなドゥーム/ストーナーが好きな方にやはりオススメ。】


▲HEDON CRIES / Affliction's Fiction

1,300円

・盤質:B ギリシャ ゴシック・メタル’07年 2nd 輸入盤  【泣き要素の非常に強いギターに悲しげで儚く耽美なキーボード・オーケストレーション、絶望的なガテラル・ヴォーカルと、前作と基本的なサウンドは変わらない'90年代的なゴシック・メタルながら、疾走パートへの切り替わりの展開が増えてメロデス要素が大幅増した内容。慟哭のゴシックと泣きのメロデスが融合した強烈な1枚!】


▲FOZZY / Chasing The Grail

1,300円

・盤質:B US へヴィ・メタル’10年 4th 輸入盤  【正統派メタルっぽいジャケとは裏腹に、ストーナー風に始まり間奏でスラッシュ爆走する曲、ブラストも使用して爆走しつつもヴォーカルは普通にハイトーンな曲と聴き手の予測を裏切る曲に、14分弱のプログレッシヴ・メタル大作もありの多彩な曲を収録した作品。プロレスラーChris Jerichoのメタルに対する本気度がありありと現れた傑作! 】


▲WINDIR / 1184

1,300円

・盤質:S ノルウェー ヴァイキング・メタル’01年 3rd 輸入盤  【前作同様、寒冷なブラック・メタル・サウンドを下地にしたヴァイキング・メタル・サウンドで、ギターのクサさも疾走感も増大して前作をよりパワー・アップさせたような非常に強力な内容!良く練られたドラマティックな長尺曲に、メロブラ的な邪悪な曲もあり、ただクサいだけじゃないというところも魅力!大名盤です!】


▲WINDIR / Arntor

1,300円

・盤質:S ノルウェー ヴァイキング・メタル’99年 2nd 輸入盤  【分かりやすくクサい哀愁と郷愁を感じさせるギターのメロディがとても印象的なヴァイキング・メタル。ENSLAVEDみたいなヴァイキングの精神世界…のような難解なサウンドではなく、かといってMITHOTYNのように戦士!って感じの暑苦しい熱血サウンドでもない、寒冷なブラック・メタル・サウンドが下地のクサ・ヴァイキング名盤!】


▲TURBID NORTH / Orogeny

1,300円

・盤質:S US テクニカル・デス’11年 2nd 輸入盤  【テクニカルさがありつつも過剰に難解ではないのが特徴で、リスナーがまだついていける程度にテクニカルなデス・メタル。そして特筆すべきは非常に流麗でメロディアスかつテクニカルなギター・ソロの数々。SPAWN OF POSSESSION、GOROD等のようなテクデスから性急さや難解さを和らげたようなものが聴きたい方にオススメ。】


▲THE SOULS UNREST / The Souls Unrest

1,300円

・盤質:S US テクニカル・エクストリーム・メタル’06年 1st 輸入盤  【グロウル・スタイルのヴォーカル、動きが多いへヴィな轟音ギター・リフ、スロー・パートが主体ながらも手数、足数が非常に多いドラム、変拍子を駆使したテクニカルなリズムが印象的なスラッジ辺りが下地に感じられるテクニカル・エクストリーム・メタル。3〜5分と曲は短めですが圧倒的音数で迫ってきます。】


▲WITCH MOUNTAIN / Mobile Of Angels

1,300円

・盤質:S US 女性ヴォーカル・ソウルフル・ドゥーム’14年 3rd 輸入盤  【スローなリズムと雷鳴のようなズッシリくるドラムの音、非常にへヴィなリフとサウンドの下地は完全にドゥーム・メタルながら、、妖しいメロディを歌ったりソウルフルな歌唱を聴かせたりする女性ヴォーカルがとても個性的なドゥーム・メタル。ソウルフルな女性ヴォーカルがドゥームと合わさったようなものが聴きたい方にオススメ。】